2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« KING3のホバリング調整 | トップページ | T-REX250ホバリング調整 7/11 »

2009年7月 5日 (日)

T-REX250組み立てパート2 7/5

受信機が届いたので搭載。配線には相当悩みましたが、何とか無事組みあがりました。本当はエクストラアンテナを2個付けたかったのですが、どうにもスペースが確保できなかったので、1個で我慢。

Img_0066_10

まだT-REX250用のバッテリーは未調達なので、KING2用の1000mAhのバッテリーを取り出して、調整することにしました。

1)受信機のバインド設定。3度目なのに、毎回忘れてしまいます。

2)サーボのトリム確認。サーボ単体で、ストロークの真ん中に合わせてホーンを取り付けていたのですが、サーボ自体が斜めで、スワッシュが酷く傾いてしまったので、ホーンの取り付け位置を直す。

Img_0064_8

3)プロポ設定はT-REX450のモデルをコピーし、サブトリム、D/R、ETA、ピッチカーブを初期化して、サーボのREV設定と、120度スワッシュ設定、サーボのストロークを確認。

4)ピッチ設定は、-11~+11とし、通常設定では、0~+9度程度。+5度~+6度でホバリングできる設定とした。

5)一通り調整が済んだ後で、GYROとESCの設定の確認。こちらはすべてデフォルトで良かった。

Img_0068_12

ここまで来ると、夜でも浮かしてみたくなってしまい、和室でトライ。

Img_0069_13

アメンボが無いので、E-SKYのカーボン製のロッドを十字に取り付けた。ラダーのトリムを変更した以外は特に問題なく、あっけなく浮いた。

Img_0074_18

GYRO感度は62%程度でないとハンチングが出る。トラッキングは全く分からない。
ローター音が以上に高く、相当高回転で回っているように思う。音だけ聞くと少々怖い。
横滑りする感じがするので、もう少し調整を煮詰めれば、より安定して飛ばせそうな感じがする。なにはともあれ、無事浮いたので、一安心。

しばらくは、KING2用だった1000mAhのバッテリーで飛ばそうかと思っていましたが、全くキャノピーが入らないので、T-REX250用のLipoを入手する必要がありそうです。

以上

« KING3のホバリング調整 | トップページ | T-REX250ホバリング調整 7/11 »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539775/45597904

この記事へのトラックバック一覧です: T-REX250組み立てパート2 7/5:

« KING3のホバリング調整 | トップページ | T-REX250ホバリング調整 7/11 »