2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

早朝練習 8/30

工場予定地で5:45頃から朝練。

今日は修理して新しいESCを乗せたKING3とT-REX450を飛ばしました。
T-REX250も持って行ったのですが、時間がなくなってしまってお休みです。
Img_0437_01

まずKING3から。2本飛ばしました。広い場所で飛ばすのは久しぶり。
動いて止まる際にハンチングが出るので、GYRO感度を75%に落とす。やはりテールの動きは今一つだが、従来よりもかなり良い。ホバリングもまあまあ。
途中から動画を撮影しました。
Img_0438_02

2本目。簡易アメンボも取り外し、1本目でスティックが中央になる前に浮き始めることに気が付いたので、スロットルカーブを少し寝かしてみるがあまり変わらず。ESCのスロットル調整範囲が少し下側よりのようなので、全体的に回転数が上がっているからかもしれません。8の字に左右に振ってみるけれど、まだまっすぐ進行方向を向けないので、移動中にテールがピコピコ動いています。
Img_0442_05

続いて、T-REX450Pro。
ホバリングを動画撮影。横ホバリングではやはり真横をなかなか向けないのと、右向きは良いものの左向きが苦手で全然止まらない。
Img_0444_07

だんだん朝日が出てきました。
Img_0448_10

2本目を飛ばす前に何気なくリンクのガタチェックをしたところ、リンクボールが外れかかっていた!すぐに締め直して他のリンクもチェックする。特に他は緩んでいなく、一安心。
8の字に左右に飛ばす。あまり高度を取れていないけれども、だいぶスピードにも慣れてきたのと、斜め移動ですが機体を手前に持ってくることが出来るようになりました。
Img_0452_14

3本目、朝日が差してきたので、機体がとても見えやすくなりました。
以前に墜ちた時は3本目でしたので、今日は慎重に。無事に終わって、片付け前に機体をチェックしていると、テールローターが土でかなり痛んでいました。
Img_0454_15

片付け前のピットはこちら。
Img_0451_13

そう言えばT-REX450Proは、先週で今日のフライトでちょうど50Fになりました。墜落1回、ブレードを地面にこすったのが1回で、何とか大事に至らずにきています。まだ、アイドルアップの設定にもしたことが無くて、落とすのを怖がりすぎて上達スピードが遅いかもしれませんが、少しづつ上達して最終的には3Dが一つでもできるようになりたいです。

以上

2009年8月29日 (土)

韓国出張

8/25~8/29まで、韓国出張でした。

そのため土曜日の早朝練習はパス。

韓国では毎日韓国料理。現地の方と一緒だったので、ローカルのレストランが大半だったのですが、量が多くて困った以外、焼肉をはじめキムチも大変おいしかったです。うわさに聞いていた”補身湯”も食べました。お店の人が骨を手で取り除いて肉を鍋に入れるのを見て驚きましたが、お肉も柔らかく、皮もぷりぷりで、かなりの美味でした。

ソウル近郊の水原に泊まり、1日は光州へ飛行機行き、KTXで帰ってきました。
KTXはFirstClassに乗りましたが、値段もさほど高くなく、水のペットボトルや飴、新聞も無料でとても快適でした。
Img_0432_02

列車はこちら。
Img_0433_03

光明駅
Img_0434_04

ソウル近郊には多くの高層マンションが建設中で、10棟以上がかたまって建っています。値段はさすがに高い(¥7,000万円くらいするらしい)ようですが、世界的な不況の中でもウォン安に支えられ、不況を感じさせない景色でした。
Img_0393_04

コンビニも、FamilyMartからSevenElevenまでありましたが、すべてがハングル文字なので、缶コーヒーを買うにも一苦労でした。挨拶程度の韓国語を覚えただけですが、文法も日本語に似ていて、もう少し話せたらもっと楽しかったに違いありません。町も安全ですし、いい国です。

以上

2009年8月22日 (土)

KING3新ESC動く 8/22

先週の日曜に試して動かなかった新しいESCですが、あっけなく動くようになりました。

どこかのブログを見ていたら、ESCとプロポの動作範囲が異なることがあり、アイドルアップで100-90-100%と設定していても、すでにESCの上限に届いてしまっていると、常に100%の出力になってしまっている可能性があるらしい。

そこで、もしかしたらESCがスロットルを最下位置にしていても、そのレベルをスロットルが上がっている状態と警告しているだけかと思い、スロットルのトラベルアジャストをL-110%に設定したところ、ピッピッピッピッピッピッの音の後に音楽が鳴りって止まり、その後にスロットルを上げたら、モーターが正常に回転しました。
Img_0366_02

早速配線をまとめて、庭でバッテリーx1本、ホバリング。
Img_0376_12

スロースタートはALIGNのアンプほどではないものの、E-SKYのものより多少はゆっくり。相変わらず、テールの動きが落ち着かず、思った量が切れずにおつりやピクツキまで出る状態ですが、新しいESCも無事搭載でき、ほっとしています。

新しいESCで飛ばした感じは、E-SKYのオリジナルとさほど差は感じませんでしたが、値段が30Aで\1,500円ほどと安いので、期待しています。

ちなみに、動かない状態を購入店に伝えると、購入してから2ヶ月ほど経過していましたが、新品への交換を申し出てくれました。実は、コネクタをハンダ付けしてしまって、スペアが無くて新たに買わねばならなくなるので、交換前にもう一度と思って週末に試して、正解でした。

やっぱりGYROとラダーサーボ替えなきゃダメかな?

以上

2009年8月16日 (日)

KING3新ESC投入も・・・ 8/16

KING3のESCを交換しました。

以前T-REXを飛ばした後にKING2を飛ばそうとして、いきなりローターが回りだしてしまってコケたことがありました。スロースタートに慣れてしまうと、ついついスロットルを勢いよく上げてしまいます。

KING3を購入したときに、スロースタートと設定が可能な安いESC HobbyKing HK-HW30Aを見つけ購入していました。しかし、KING3のESCは多少KING2用のものより改善されていたので、ハンダ付けも面倒で、しばらく箱の中だったのですが、ラダーの調子の悪さがなかなか解消できないので、気分転換に取り付けることとしました。
Img_0003

設定が分からなかったので、購入先に聞いて、早速設定してみました。
Img_0001

モーター線の赤/青/黒と、ESCからの出力線がA/B/Cで繋ぎ方に迷ったりしましたが、回転に合わせればいいんですね。

しかし、電源を接続するとピッピッピッピッピッピッピッピッピッピッ・・・と延々鳴り続け、スロットルを上げてもモーターが回りません。

設定をいろいろ変えて、何度もON/OFFしてみましたが、ダメです。

もう1回購入先に問い合わせてみよう。トホホ・・・。

以上

早朝練習 8/16

夏休み最終日の早朝練習。

新しい工場空き地に今日も出かけます。
車に乗ったら、ガソリン警告等が点滅していた。昨日は妻が車を使っており、どれくらいガソリンが無いか全く分からないので、スタンドに行って給油してきたので、練習開始が6:15頃になってしまいました。
Img_0354_03

今日もT-REX450ProとT-REX250を交代しながら2本づつ飛ばしました。

まずはT-REX450Proから。
Img_0353_02

いま一つ横ホバが上手く行かず、8の字の練習がメインに。
少し速度を上げて、斜め移動にならないようにラダーを切ることを心がけましたが、速度が出ると怖いので、なかなかスムースに行きません。

1本目を飛ばし終えたところで、ラダーのリンケージを保持するリング状のサポートが、前後にフリー^な状態なのに気が付き、インシュロックの端を挟みこんで固定しました。
Img_0358_07

T-REX250は、トリムを細かく調整したのですが、前後左右に滑ってゆく感じがして、調子が良くありません。2本目は、フライバーに付けてあるハンダを外してみましたが、舵の利きは少しクイックになったものの、安定性が落ちたような気がします。8の字も思ったようなイメージになりません。
Img_0355_04

今日はここまで。
撤収前の写真はこちら。
Img_0359_08

以上

2009年8月15日 (土)

KING3の修理 8/15

KING3の修理をしました。

前回修理した際に、どうもメインシャフトとテールシャフトの偏芯と思しき振動が気になったので、再修理を行いました。

メインシャフトはKING2と共通で予備があったので交換。続いてテールシャフトもKING2用のEK1-0562 ベルト滑車セットがあったので、それと交換。しかし、テールベルトの波打ちは直らず。良く見るとシャフト自体の偏芯はほとんどなく、9Tのプーリーの歯とベルトの歯が噛み合っていないためにベルトが乗り上げているだけのようです。どうすることも出来ないので、視点を変えてベルトを変えてみることとした。EXTREMEの増速プーリー用のものがあるので、増速プーリーと共にKING2から移植する。

EXTREME製の増速プーリーとベルトは、KING3に取り付けると長すぎなことが判明。かといって標準のベルトでは短すぎる。どうしようか悩んだ末に、KING3のプーリー径が増速プーリーよりも小さいことに気が付く。
Img_0292_03

KING2くらいのテールの抑えにしたいところなので、増速プーリーを導入することを優先し、短いベルト+テールパイプを削ることとした。約3mmほど削る。こんなときの為に、先日安価な小型リューターを購入していたので、早速使ってみます。
Img_0290_01

削り終えたパイプ端はこちら。
Img_0293_04

これで組み立てと思ったら、メインギア下のメインシャフトとの連結ポルトが取り付きません。どうも増速プーリーのピンの深さが異なるようで、厚みが変わって取り付かないようです。そこで真鍮製のカラーを3.3mm→3.0mmまで削り、取り付けました。
Img_0298_09

最終的に取り付いた状態はこちら。
Img_0294_05

テールベルトの張りを緩めにすれば、回転の引っかかりもあまり気にはならないので、増速プーリーの効果に期待して、テール回りの修理はこれまでとしました。

早速庭でホバリングをさせてみましたが、振動は減ったものの、テールの動きは少し改善されているものの、まだ過敏です。

手持ちの部品で改善できそうなところは、テールサーボくらい。TowerProのSG91Rがあるので、交換してみます。
Img_0302_13

これもほとんど効果がありません。逆に、ノーマルモードとテールロックモードでトリムが大きく異なる新たな問題に突き当たりました。もう一度E-SKYのEK2-508のデジタルサーボに変更しても直らなかったので、何が原因か分かりません。他のブログで、JRとFutabaではサーボor受信機のパルス幅が違うというような記述があったので、それが原因でしょうか?それともジャイロでしょうか?

今日はここまでとします。

以上

2009年8月14日 (金)

早朝練習 8/14

朝5:30に朝錬に出掛ける。
昨晩早く寝てしまったのと、日焼けした足がかゆくて、なかなか寝付けず4:00には起きてしまい、まだ暗いので少しTVを見て時間を潰してから出発。
いつもの練習場所は、工事業者の車が止まっており断念。数日前に目を付けていた、工場用地に変更。隣の工場は、仕事でもお付き合いのある工場です。広さは十分で、電線や電柱も無く、しかも平ら。朝日も背中から照らすかたちで、早朝は別の工場の陰になり、眩しくありません。
Img_0274_02
ちょっと石交じりな土ですが、固く整地されているので、離発着も問題なさそうです。
Img_0275_03

駐車場が無いので道路に車を止めてしまいました。前の道路は袋小路なのでほとんど車の往来が無く、また駐車禁止ではないので、許して下さい。道路からすぐのところに拠点に練習開始。
Img_0276_04

まず1本目。昨日修理したT-REX450Proから。
Img_0278_06
昨日飛ばした時に、すこしローター音がバラけた感じがしたので、飛ばす前に確認していたら、フライバーのパドルが左右で少し平行で無いのが判明したので、手で直す。飛ばしたところ、墜落前よりも少し振動が減った感じで、飛ばしやすかった。少々風もあったので振られはしたものの、また墜落したくなかったので、慎重に飛ばしました。

飛ばし終えると、モーターはかなり熱を持っているので、2本目はT-REX250。
Img_0283_11
風に舞う感じがするのと、高度がストンと落ちそうになることを除けば、まったりとした感じはホバリング+αで左右に飛ばす分にはとても安心です。ただし、少し遠くに行ってしまったりすると、見失いそうになるのが怖いので、どうしても自分に近いところでの飛行になってしまいます。

Img_0280_08
2台を交互に、バッテリー各3本ずつ飛ばしました。

修理したT-REX450Pro。スキッドが変わってます。
Img_0282_10

まだ1度も墜落していないT-REX250の写真。
Img_0281_09

どうも横ホバリングの調子が悪いので、後半は8の字の練習を主に行います。ラダーとエルロン、エレベーターを使って、綺麗に旋回出来たときは、ヘリを飛ばしているという感じがします。まだ完全にヘッドの向きが真横を向かず、横向きに流れる傾向はありますが、エルロンで進行方向を変えることも少し出来るようになりました。
左側から風が吹いていたためと思いますが、左側での右ターン時に高度が落ちて、何度か地面スレスレだったのと、ピルエットで姿勢を崩して慌てた以外、危ない場面もなく、無事終了。

7:15頃には撤収。

帰宅してから、バッテリーの充電。
T-REX450Pro用のALIGN製のバッテリー2150mAh/25Cは、RCC-6CXに4本とも繋ぎ、2本同時x連続2回という充電を試します。
Img_0285_13
充電完了までは早いというふれこみでしたが、EOS0606i-AC/DCに比べるとだいぶ遅くて、1C充電で1600mAhくらいの充電時間が約1時間、2セット4本にちょうど2時間でした。
Img_0287_15
A→Bへの切り替え時に、Aの2本の充電量のい表示が消えてしまうので、何mA充電できたのかが分かりません。

EOS0606i-AC/DCでは、T-REX250用のHyperionのバッテリーを2Cで3本充電です。
Img_0289_17
こちらは、25分/本で終了するので3本で1.5時間。5Cまで充電できるそうですが、これでも十分早いので当分2Cかな。
Img_0288_16

それにしても日焼けした足がかゆいので、充電が終わってから病院に行きました。先生曰く、”それほど、ひどくはないね!”とのこと。大して日に当たったわけではないにも関わらず水ぶくれ状態で、昨晩はあまり寝れなかったんですが・・・。塗り薬を2本、処方してもらい、家に帰ってから塗りました。

夏季休暇もあと2日。家族サービスとKING3の修理をしなくちゃ・・・。

以上

2009年8月13日 (木)

T-REX450Proの修理 8/13

朝6:00前には起きたものの、昨日の墜落のショックで今日は朝練をお休みし、機体の修理を行うことにしました。

墜落した場所も土で、姿勢も頭からだったからか、テール回りはほとんど損傷なし。また墜落したショックでモーターのピニオンが緩んでこれも衝撃を和らげた一因かもしれず。ヘッド回りの金属パーツも無事のようだったので、ひとまず安心。

1)メインローターx2本
仕方ありませんが、カーボン製は高いですね。
Img_0260_05

2)フェザリングシャフト
外してみると、曲がりは見られませんが、以前にも一度ローターで地面を叩いているので、交換しました。

3)モーターピニオンの締め付け
ギアのクリアランスの調整は、滑るのが嫌なのでどちらかと言うときつめです。Img_0267_12

4)フライバーの曲がりとパドルの向き修正
ほんの少し垂れ下がるようになっていたので手で修正。パドルの向きも修正。

ここまで一度組み付けて、ローター無しでパドルを手で回すと多少回転軸がブレているように見えた。バッテリーを繋いで、ローター無しで回してみると、やはり軸がブレているので、メインシャフトも交換を決意する。

5)メインシャフト&固定ボルト上下2本
外す際に上側の固定ボルトが少し緩んでいるのを発見。ボルトを外してみたら、曲がっていた!シャフトを外そうとしたら、一番上側がスワッシュプレートから抜きにくく、強引に抜いた。見た目はほとんど曲がっていないものの、やっぱり少し曲がっていたのでしょう。
Img_0257_02
墜落したから曲がったのか、それとも他の要因かは分かりません。
Img_0263_08
下側のボルトも良く見ると曲がっていた。
Img_0264_09
すべて交換。

もう一度ローター無しでヘッドを回してみると、先ほどの振れは無くなっていました。

6)スキッド
組み立て途中に良く見ると、1箇所割れがあるのを発見。
補修すれば使えそうですが、標準仕様ではないスキッドの予備があるので交換。
Img_0262_07

最後に新しいメインローターを取り付けますが、グリップに入れるときついため、取り付け部を削らないといけません。前回のローターから削っているのですが、平ヤスリでは作業が大変なので、先日ホームセンターで購入したリューターセットを試しました。円筒のヤスリで削ると、30秒程でグリップにもスルスルに入るくらいに削れました。これは便利。
Img_0271_16

ローターのバランスも良好で、修正不要。

新しいスキッドはこちら。組み立て時に極小イモネジで止めるのが大変でしたが、見た目はこちらの方が好みです。
Img_0265_10

以前にバッテリー線をメインギアで削ってしまい、ギアに赤い粉が付着していたので、土やごみの取り除きと共に、念入りに清掃。かなり白くなりました。
Img_0266_11

庭で調整フライト。
回転時の音は多少雑音交じりで、回転数が低い最初はテールも振動しますが、回転数が上がると、気にならないレベル。そのままスロットルを上げると、トリムもほとんどいじらずに、ホバリングできました。トラッキングもだいたいあっているので、とりあえず修理完了。

テールが無傷だったので、手持ちの部品で修理が出来て、本当に良かったです。
次はKING3・・・、直さなきゃ。

以上

2009年8月12日 (水)

T-REX450Pro墜落 8/12

久しぶりの早朝練習。
いつもの造成地周辺は家が建ちつつあるため、近くに飛ばせる場所がないか20分ほど探すものの、立ち入り禁止区域ばかりで見つからず、結局いつものところに。朝日が眩しかったので、少し下から飛ばすことにする。
Img_0238_01

1本目はT-REX450Proから。
多少テールの振動(縦揺れ)が気になるものの、いつも通り安定している。横ホバをもう一度しっかり練習しようとするが、横になっていると思ってもスキッドが真横ではなく、少し斜めで90度横になっていない。左向きが難しく、まだまだ対面に進むには時間が掛かりそう。
Img_0246_07

2本目はT-REX250。
T-REX450Proのモーターがかなり熱を持つことが分かったので、交代しながら飛ばすこととした。450Proに比べると、高度の上下変動が大きいけれど、エレベーターやエルロンの効きはまったりした感じで、初心者向きかもしれない。
Img_0245_06

3本目と4本目は動画撮影。
デジカメを3脚にセットして飛ばす。帰宅して映像をみると、フレームからはみ出して飛んでいるし、遠くになると機体が見えないし、いまひとつ。ズームやパンしたりして追わないとといい映像は撮れないですね。

5本目、T-REX450Pro。
7:15も過ぎたし、終わろうかもう1本飛ばそうか悩んだ末に、飛ばすこととしたら、悲惨な結果が待ち受けていた。ピルエットしたり、8の字風の左右飛行もさせて、7分を過ぎてそろそろ終わりにしようと、機体を戻すとき舵が荒くなって、対面気味から前のめりに、地面に激突。慌ててスロットルを戻したが、モーター音がカラカラと。止めときゃ良かったと嘆いても後の祭り。
Img_0247_08

見た感じは、ローター意外に目立った損傷は余り無いので一安心。ただ、先日もKING3を落としたばかりで、まだ復旧していないのでショック。
Img_0249_10

帰宅して妻に”落ちた”と報告したら、”また~!、何台目よ?、最近ポチッとし過ぎじゃない!”と。台数じゃなくて墜落回数なんだけど”ごめん、ごめん”と平謝り。文句は言っても理解ある妻なので、ほんと幸せです。夏季休暇中は、仕事の関係で自宅待機状態なので遠出の予定も無く、家族には申し訳なく思っています。

直ぐに足りない部品があれば発注したいけれど、妻の手前、午前中は息子と3人でプールへ。午後は、溜まった雑誌や新聞、ダンボールの処分。その後庭の芝刈りをして、その後夕飯のエビフライとメンチカツを作りました。充実した1日でした。

以上

2009年8月 9日 (日)

New洗濯機到着

朝9:00に新しい洗濯機、東芝TW-Q740Rが届きました。
旧洗濯機の回収と、設置は約30分程で無事終了。洗剤用の引き出しを開ける時に、引っかかりがあって少し重いので、後日交換等対応をしてくださるそうです。

設置後の見た目はこんな感じ。従来の全自動洗濯機に比べると、やはり大きい。重量が90kg近くあるので、運ぶのは2人がかりでした。

Img_0220_01

心配していた奥行きが大きくいことによる出っ張り具合は、これくらい。想像していたよりも少なかったんですが、高さもあるので、圧迫感があります。

Img_0222_03

扉は、右開きで正解でした。洗濯籠からの出し入れは、少しかがむ必要がありますが、持ち上げなくて済むので、楽だと思います。

Img_0223_04

早速、少量の洗濯をしてみて、気が付いたところと、感想をまとめます。
・洗っている時には、槽内に水はほとんど溜まらない。
・お湯取りをしたけれど、浴槽のお湯がほとんど減らなかった!妻が”お湯取りしてない!”と疑ったほど。
・音が静か。これまでは脱水でゴトゴト音が響いていたのですが、全くなし。
・洗濯のコースに”お急ぎ”モードがない。妻の指摘ですが、”少量”または”軽い汚れ”で時間は短くなるとマニュアル見て回答。
・仕上がりは妻に言わせると普通らしい。私には脱水が少し弱いような感じがありましたが、絡みついていないので取り出しやすくて便利です。

槽の中を覗くと、こんな感じです。

Img_0224_05

操作パネルは、回転して選択するタイプ。液晶もバックライト付きで綺麗です。

Img_0225_06

せっかく乾燥機能が付いているのだから、使ってみて欲しいのですが。妻は、”今日は必要ないから使わない”と一蹴。

7-8年は使えることを祈ります。

以上

2009年8月 8日 (土)

洗濯機故障→購入

購入してから8年経った洗濯機(日立 NW-7PAM2)から、水漏れしているのを洗濯中に妻が発見。少し床を拭きつつ、裏を覗いても、どこから漏れているのか分からず。止めるのも聞かずに、まだ洗濯物があるからと、もう1回動かしたら、さらに酷く漏れ出す始末。

もともと1年ほど前から、蓋も割れてしまっていて、そろそろ替え時と思っていたので、新しい洗濯機を購入することに決定。

早速、価格.comで人気と価格を一通り調査。妻の同僚の意見も参考に、東芝か日立のドラム式乾燥洗濯機にめぼしを付ける。白物家電は秋口に新製品が出るので、今はちょうど新製品発売前。価格は安く買えそうですが、すぐに型落ちになるのでちょっと微妙な時期です。自宅を建てた際に1Fなら不要と言われ、洗濯機用の防水パンを置いてなく、このままでは床が痛みそうなので、在庫があり即納が条件。また、置き場所の寸法を測ると、奥行きが670mmを超えると、風呂の扉側へはみ出し、横幅も680mmくらいまででないと、排水溝の穴に足が被りそうで、750mmを超えると、洗い場に干渉して入らないことが判明。

1)東芝
・TW-5000VFR ヒートポンプ、エアコンつき
・TW-4000VFR ヒートポンプ → エアコンは要らないので、これがメインかも。
・TW-200VF     ハイブリッドドラム  価格.comでは人気。
※サイズは全部変わらず、横幅OK。奥行きが714mmあるので、前に出っ張るのが心配

2)日立
・BD-V3100R 10kg ビックドラム、「風アイロン」搭載
・BD-V2100R 9kg ビックドラム、「風アイロン」搭載
・BD-V1100R 9kg ビックドラム

パナソニックは諸般の事情により洗濯から除外。

午後から、エイデン、コジマ、ヤマダの3社を回り、在庫と価格で、東芝製のヤマダ電機専用モデルの、TW-Q740R(TW-4000VFRの乾燥容量7kg版)に購入決定。

値段が日立より安く、右開きモデルの在庫があり、使い勝手面で予約が完了時間で出来ること、自動で洗濯槽の乾燥をしてくれることに、妻が気に入り決定。

ヒートポンプ式は、カタログにはいい事がたくさん並んでいますが、ヒーター式より温度が低いことが分かってから少し懐疑的でした。しかし、省エネで音が静かで人気もあるようだし、日立よりは今の設置場所にスムースに入りそうなので、私も合意。

明日9:00-9:30には配送してくれるようなので、これで水漏れともおさらば。
後は、妻が”使えて”、気に入ってくれることを祈るのみ。

そう言えば、数週間前に妻の実家の冷蔵庫を買いに、同じお店(2店)に行ったばかりで、買わなかったお店のヘルパ-さんに声を掛けられたのは気まずかった。今回も結局買わずじまい。メーカーのヘルパーさんは価格交渉も直接出来ないですし、商品に対する客観的な意見かどうか懐疑的で、私は嫌いです。話をはじめると、店員さんに代わってもらうのも気が引けますし、頼むので私には声を掛けて来ないでください。

以上

銀ダンエアガン試射

「銀ダンエアガン」が届いていたのですが、なかなか遊べなかったので、今日息子と試し撃ちをしてみました。買ったのは、緑のポリスピストルSSと、赤のグロック26。予備の玉3箱と、ローダーを1個。2丁あるので、息子とも奪い合いにはならないでしょう。

Img_0213_11

ポリスピストルSSの方が、グリップが細いので息子用に。4歳の息子の手には、それでも大きいようですが、何とか撃てそうです。

Img_0204_03

ローダーはこんな風に使います。

Img_0208_07

紙製の的が3つあるので組み立てて壁際の床にセット。

Img_0202_01

4歳9ヶ月の息子が、的を狙って撃って当たるか心配だったのですが、

Img_0206_05

心配は無用でした。2.5mくらいのところから10発撃って的2個くらいは命中します。親父が撃てばほとんど的を外さないので、\1,000円以下のおもちゃにも関わらず、かなり精度が良さそうです。その分、4歳の子供には少々危なっかしいので、撃った弾も可能な限り回収させますし、銃口を除かないように厳しく教え、勝手には撃たせません。

Img_0211_10

ちなみに玉は、プラスチック製の軽めのBB弾という感じ。

Img_0203_02

撃った感じは、バネ+エアで撃ち出している感じで、そこそこ初速もあって、10mくらい先まで飛びそうです。近くで肌に当たるとさすがにチクッとしますが、市販のエアガンよりは全然痛くありません。と言っても最近のエアガンは触ったことが無く、ずっと昔の感覚ですが・・・。

以上

2009年8月 3日 (月)

マウスとLAN接続HDD

ノートPC用のマウスの調子が最近特に悪く、耐え切れずに新しいマウスに新調しました。
Microsoft Explore Mini Mouseです。
マウス売り場には、普通展示品があって、触って感触を確かめるのですが、不景気のせいかほとんど無し。サイズ中型、マウスパッドなしでも使える検出性能、ワイヤレス、5ボタンという条件で選びました。使ってみた感じは、テーブルクロス(布)の上でもかなり正確に検出でき、サイズの手ごろなので、一安心。

Img_0218_12

また、慢性的なHDD不足を解消するために、LAN接続可能なHDDも買いました。
こちらはBUFFALOのLinkStation LS-WH1.0GL/R1でRAID対応1TBのHDD。少々値が張りましたが、大事な写真を保存したいので、壊れること前提で購入。

そろそろノートPCもパワー不足気味。購入したのが2004年夏なのではや5年、買って3年経った頃にHDDが壊れて1回交換した時には、買い換えようか悩みましたが、最近は買いたいと思うPCも無いので、しばらくは使い続ける予定です。

以上

銀ダンエアガン

5月に静岡のホビーショーで見つけた、東京マルイの新製品「銀ダンエアガン」が、発売されていました。

10093620p

昨晩、誘惑に耐え切れず、通販でポチッと。4歳の息子には少々早いかもしれませんが、きっと気に入ってくれるはず。

息子用は「ポリスピストルSS」で、パパ用が「グロック26」。玉も3箱注文したので、しばらく遊べるでしょう。

以上

2009年8月 2日 (日)

T-REX450PROとKING3の修理 8/2

今日も朝から雨で朝練は中止。

自宅の近くにホームセンターが出来たので、T-REX450PROのなめたネジの修理工具などを調達に行く。

息子を寝かしつけてから、修理を始める。

まずT-REX450PROから。買ってきた工具類は以下の4種。

1)VESSELのボールヘリサゴンレンチ1.5mm/2.0mm/2.5mmの3本
Img_0159_37

2)ANEX製ネジのすべり止め液 10g
Img_0162_40

3)ENGINEER INC.のネジザウルス M2(スクリュープライヤー)
Img_0160_38

4)インチサイズのヘリサゴンレンチ7本セット0.028、0.035、0.05、1/16、5/64、3/32、7/64
Img_0161_39

まずは、ボールリンクヘキサゴンドライバーは、1.5mmのものを使用したものの、縦方向に力を掛けやすいが、すでにかなりなめている状態で全くだめ。

続いて、ネジすべり止め液を先のドライバーにつけ試すが全然効果なし。さらに使っている1.5mmのヘキサゴンレンチで試すが、こちらもほとんど効果なし。本当に効果があるのか疑問に思う感じ。

続いて、ネジザウルス M2でネジを掴んで回そうとするが、ネジの頭が丸くパンヘッドなのでほとんど掴めず、ネジ頭を傷付けるだけだった。

最後の望みで、1/16インチサイズのヘキサゴンレンチを試す。サイズは、1.5875mmなので、0.0875mm太いだけ。ネジ自体もやわらかい素材なので、食い込んでくれることを期待。お尻をプライヤーで叩いて押し込んでまわしたら、パキッという音と共に外れた!かなりネジロック剤が盛られていたに違いない。少しネジすべり止め液も残っていたとは思うが、たぶん効果は無し。何より全バラして手術(ドリルで穴あけ)しなくて済んで本当に良かった。余りの新品のネジを取り付けたものの、このネジも強く締められないので緩みそうで怖い。

KING3の墜落の修理を行う。

まずはブレードから。木製ブレードで予備は1セット手持ちがあるが、KING2のブレードが使えないと勿体無いので、ホルダー部だけを交換できないか調べる。少しブレード側の穴系を広げれば、壊したKING3用ブレードから、黒いプラスティックのパーツを移植すれば使えることが判明し、一安心。写真はKING2用のもの。
Img_0164_42

ブレードホルダーを外し、スピンドルシャフトを交換する。
スラストベアリングには油分が全然なかったので、スラストベアリング用のJR製グリスをたっぷり塗布した。グリップにも問題なし。
Img_0165_43_2

その他の損害がないか調べたが、メインシャフトの回りが渋いのが気になるが、以前よりあった症状なのでとりあえずそのままとした。キャノピーの傷も微小で、フライバーもほとんど傷が無く、曲がっているようではなかった。その他も問題はなさそうだったので、バッテリーを繋いで、サーボのチェックをして、和室でローターをまわしてみた。

振動が若干大きいようだが、浮かすことは出来たので、ここまでで終了。
ラダーのD/Rを70%くらいに抑えて、墜落したときのラダーの急な操作による高速回転を予防することとした。 和室でアメンボなしだと、畳の枠にスキッドがひっかるので、アメンボなしでの調整は怖かった。

メインシャフト、テールシャフト(偏芯している)を購入し、KING2並みにメインローターが軽やかに回り、振動がなくなるように直したい。さらにジャイロとラダー用サーボも新調したい。

そう言えば、早朝練習場所んぼ近くに家が建ち、車の通行も袋小路では無くなったので、そろそろ新しい場所を探す時期が来たかもしれない。早かった・・・。

以上

ブログのデザインを変更

ブログのデザインを変更しました。

他の方のブログを参考に、記事がなるべく読みやすいように、左側にカテゴリーなどをまとめて、色合いも変えてみました。

以上

2009年8月 1日 (土)

動画撮影 8/1

朝練に行こうと起きたものの、雨で断念。

午前中は雨で、午後に雨も上がったので、息子の保育園の夏祭り前に、庭で3機の動画撮影を行った。風もほとんどなし。動画は初めてで、7月にGetしたデジカメ(CANON IXY DIGITAL 210IS)で撮る。

まずT-REX450PROから。
ホバリング中心で調子はまあまあ。7分少々飛ばす。
横ホバリングも左向きが少々苦手だが、10秒程度は止まっていられるくらい。8の字風の動きも多少高度は変わるけれどイメージにだいぶ近づく。

続いてT-REX250。
飛ばし始めはトリム調整が必要だったので、若干安定していないけれど問題なし。
風が無いと450PROよりも舵がまったりとしている感じがした。ハンダをフライバーに巻いた効果が出ているのかもしれない。怖さが少ないが、風の影響でのふらつきや高度の落ち込みはやはり450PROよりも大きい。

最後にKING3。
T-REX450PRO→T-REX250に続いて飛ばしたが、ホバリングの安定度は残念ながら一番悪い。

多少飛ばし難さがあると感じながら同じように飛ばしていたら、とうとうやってしまった。
約2分ほど飛ばしたところで、ラダーを勢い良く切って慌てて戻したら、逆に切れすぎて、対面に近くなってしまい、自分の方に向かってきたので舵が打てず、そのままスロットルを落として墜落。墜落直前の状態も動画にはしっかりと映っている。

http://www.youtube.com/watch?v=y1lr-ZIidLU

幸い高度が低く、自宅庭の犬走りのコンクリートに落ちたので、家には被害なく済む。
見た目の被害はローターとスピンドル程度。メカは大丈夫そう。

Img_0128_32

Img_0130_34

Img_0132_36

Img_0131_35 

最近はほとんど墜落していなかったし、ホバリング程度で落としてしまってショック。
あまりスペアパーツがないので直せるかどうか・・・。

以上

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »