2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

新機体発注 9/27

横ホバリングもだいぶ真横を向けることが出来るようになって、8の字もまあまあかなと。次のステップはやはり体面ホバリングだと思うのですが、どうにも怖くて先に進めません。

KING3のテール問題が解決せずに、壊してしまって直そうか迷っていたところもあり、対面ホバの練習用に、前から気になっていた室内練習機とシミュレータを注文しました。

シミュレータに加えて、新しい機体の予備のLipoや充電器、スペアパーツもまとめて在庫があって、安いお店ということで、愛知県の○UN○UNさんへWebで注文しました。

以上

早朝練習 9/27

今日は第1飛行場にトラックが数台停まっていて、しばらくすると10台近くになってきたので、T-REX250を2本飛ばして撤収。その後は第2練習場にてT-REX450Proを飛ばしました。

まず第1飛行場での練習。

Img_0002

T-REX250x2本。トラック軍団は、住宅のユニットを運んでいたので、どこか近くの新築のための待ちのようです。少し離れていたものの、気になって仕方ありません。

Img_0001

場所を移して第1飛行場へ。

Img_0003

450PROを4本。第1飛行場に比べると、少し狭くて、駐車場が無いのが難点ですが、朝日を背中に受けて飛ばせるので、飛ばしやすいとは思います。

Img_0004

飛ばし終えてLipoを見ると、No.2が少し膨らみつつあります。帰宅してから、充電量を確認しましたが、まだ問題はなさそうです。

Img_0007 Img_0008

墜ちて未修理状態のKING3に比べると、T-REXは250でも十分に飛ばしやすく、KING3をこれからどうしたものかと悩んでいます。

T-REX250/450Proは今日も無事帰還。

以上

2009年9月23日 (水)

祖母の死去

9月21日に、母方の祖母が亡くなりました。
明治生まれの102歳で、死因は老衰です。

夏休みも忙しくて実家に行けず、ちょうど2日前に木下大サーカスを見にいったついでに実家に寄ったばかりでした。1ヶ月ほど前より食事も取れず、栄養を注射に頼り、寝たきり状態だったようで、見た目にもだいぶ弱っていたので心配していましたが、本当に人の死とは突然です。

100歳も超えれば長寿ですし、葬儀も湿った感じはほとんどありませんでした。ただ、ふと昔のことを思い出すと、寂しさが込み上げてきます。母が働いていたこともあり、幼稚園から高校まで帰宅すると出迎えてくれて、母が帰宅するまでの間、世話をしてくれたのは祖母でした。とても気の強い女性でしたが、最近まで私にお年玉をくれるような優しさがありました。いつまでも孫は孫なんですね。

100年もの人生は、祖母にとって幸せな人生だったでしょうか?大学に入学と同時に実家を離れてしまい、祖母に何もしてあげれなかったという悔しさが残ります。

以上

2009年9月19日 (土)

木下大サーカス

早朝練習を終えて帰宅し、朝食を済ませてから、静岡市で開催している木下大サーカスに行って来ました。

シルバーウィークの初日なので、東名が何箇所か渋滞していて、到着が遅れました。少し遠くからみると赤いテントが見えます。
Img_0035

入り口はこちら。左側が一般席の列。
土日はあまり混んでいないので一般席でも十分で、リングサイドはキリンのヨダレ攻撃に会うと聞いていたのですが、昼食も取りたかったので、正面後ろの”ロイヤルブルー指定席”¥1,500円を購入。入場券は割引券と招待券を持っていたので、大人2名+子供1名の3人でチケット代は¥9,300円。結構なお値段です。
Img_0036

入り口を入るとトラが待ち構えています。この脇にチケット売り場があります。
Img_0031

このテントの中でサーカスが行われます。中に入ると結構高さもあって、見た目以上に広く感じます。
Img_0030

約2時間の公演でしたが、45分過ぎに15分の休憩があります。

息子は、最初こそ”すごーい”と手を叩いていましたが、第1部で既に少し飽きてしまい、第2部は休憩時間に買ったハイチューのオネダリばかり。もう少し落ち着いて見てくれるといいのですが。

サーカスを見るのは、少なくとも大人になってからは初めてで、4歳の息子と一緒で、もしかしたら人生初かもしれません。案外(と言ったら失礼かもしれませんが)面白かったというのが感想です。布や紐を使った空中演技、シマウマの演技、体操系演技、演技の合間のピエロ、猛獣(ライオンとトラ)使い、バイク乗り、マジックショー、空中ブランコなど、2時間近く演技が途切れず行われるところ、目新しさは少ないものの、ちょっとレトロな雰囲気と、どこか懐かしい感じがあって、良かったです。

以上

早朝練習(KING3破損) 9/19

新しい飛行場で朝練。これからはこちらがメインになりそうですので第1飛行場と名付けます。今日は曇り空ですが、風も無くて飛ばしやすそうです。
Img_0002

今日のメインはGYROとラダーサーボを替えたKING3。
まず1本目。ラダーはトリムをかなり設定しないといけない状態でしたが、以前よりは多少良くて、ゆっくりしたラダー回転も出来るようになりました。ホバリング時にも多少振られやすく、ラダーを切ったおつりもありますが、改善はしています。
Img_0006_2

2本目。テールブレードを450用の緑色のものに変更してみる。かなりテールの風量が増したようで、トリムだけではセンターを合わせられなかったので、サーボの取り付け位置を変更して調整。数mmブレードが伸びたので、地面やマットに触れやすく、飛ばしてみた感じは、少しラダーが過敏になった感じがあった。テールの回転数とブレードのサイズは微妙なバランスがあるようです。
Img_0007_2

3本目。飛ばそうと動かしたら急にスロットルが動いてしまい、落としたら地面でのた打ち回り、機体を破損・・・。キャノピーの割れ、メインギアの欠け、ブレード破損、スピンドル曲がり、フライバー曲がりなど、以前に墜落したよりも破損が酷いじゃないですか。
使っているESCが最初動かなかったのでプロポの設定で、スロットルのエンドポイントを110%くらいに広げていますが、それでもまだ足りなかったかもしれません。スロットルを触っただけで動いてしまい、残念です。KING3は、購入してからまだ1度もKING2レベルに上手く飛んだためしがなく、少し憎らしくなってきた。

ブレード。先端部の破損のみ。
Img_0014 Img_0015

スピンドル、フライバーの曲がり。
Img_0012

メインギアの欠け。
Img_0010

キャノピーの割れ。
Img_0011

KING3のスペアパーツはあまりもっていないので、すぐ直せるかどうか分かりません。

気を取り直して、T-REX450Proへ。

まず1本目。多少風が出てきたものの、T-REX450Proであればほとんど影響なし。KING3を破損していたので、落とさないように気をつけながらのフライト。やはりラダーの制御は全然いい。横ホバリングも右向きはだいぶ真横に向けられるようになってきた。
Img_0017

2本目。8の字とピルエットを練習する。8の字では、出来る限り横向きの移動を少なくするように、ラダーを切って直進させてみる。90度以上頭を振ると、姿勢判断が難しくて、かなり怖い。ピルエットは、出来る限り速度をゆっくりにできるよう心がけて練習しました。他の方のブログを拝見すると、回っている最中にも当て舵を打っているようですが、私の場合は回る前の姿勢をできるだけ安定させてから、ラダーのみでエイャって回してます。少しゆっくりに回しても、舵はほとんど打てず、回り切ってから崩れた姿勢を立て直すのが精一杯でした。
Img_0019

2本で今日は終了。

夜にバッテリーを充電しましたが、KING3用のHYPERIONのバッテリーHyperion CX G3 1600mAh 25Cを初めて3C充電してみました。1600mAhなので3C充電は4.8Aで行うのですが、EOS0606i AC/DC充電器の表示を見ると4.2Aまでしか流れていなくて、2.6C充電です。この充電器の充電電流は最大50Wだったので単に容量不足でした。充電時間は、2C 1000mAh(約62%)で22分。2.6Cで同じ容量が約18分なので、1時間で3本充電できるので魅力です。バランスの崩れも無く、気に入っているLipoなのですが、性能を十分発揮するには、容量の大きな充電器が必要なのに気が付きました。

以上

2009年9月18日 (金)

KING3改造 9/18

購入したGYROとサーボをKING3に搭載しました。

テールを短くしているので、サーボの取り付け位置がかなり前よりだったのですが、INO-LAB HGD-210HBを取り付けると、サイズも若干大きめのためか、センターで上手く取り付きません。良くないのは分かっていますが、サーボホ-ンを斜めに取り付けてしまいました。
Img_0009

GYROの搭載はこんな感じです。
Img_0003

以前は受信機のエクストラアンテナを置き場所が無くて、GYROの側面に両面テープで貼り付けていましたが、GYROが縦置きから横置きになたので、迷った挙句にスキッド下のお腹に取り付けることにしました。
Img_0007

KING3のテールスライダーですが、KING2から比べるとリンクになてかなり改善されていますが、スライダーの中央でプラスピッチが付きません。シャフトへの取り付け位置を少し外側にして、プラス方向のストロークを増やしました。
Img_0006

サーボの取り付け位置やテール部の分解などで、既に1:00amを過ぎていましたが、どうしてもGYROとサーボの具合を知りたくて、和室で少しだけ浮かしてみました。

結果は多少改善したかな?レベル。畳で、アメンボも付けておらず、スキッドナットも無く、ALIGNのESC程スロースタートではないためスロットルを上げるとクルッと回りやすく、しかも畳の縁にひっかかるので、浮かしたと言っても20cmくらいなので良くわかりません。

後は週末広い場所で飛ばして、確認する予定です。

以上

2009年9月16日 (水)

ジャイロとサーボ他着弾

KING3のテールの収まりの悪さに耐えかねて、ジャイロとラダーサーボとその他パーツを買いました。

ジャイロはGU-210。GY401やGY520、G770Tなどの定番ジャイロとセットのラダーを購入するのが間違いないのでしょうが、2万円程のKING3に同額のジャイロを積むのが、どうしても納得行かず、GU-210に。
Img_0004

続いてラダーサーボは、GU-210を買ったショップお勧めのINO-LAB HGD-210HB。
Img_0002 Img_0006

ジャイロもサーボも小型なのでKING3でなく、T-REX250にも十分積めそうです。このセットでテールの押さえが治るかどうか・・・。楽しみです。

送信機用のLipoを購入しました。MEGA POWER 2600mAh。
Img_0001

早速送信機に入れてみます。オリジナルのバッテリーから替えると隙間を埋めるスポンジを取らねばならず、少しがたつきが気になります。充電しようとして、コネクタをすっかり忘れていることに気が付きました。JSTの赤色2ピンのものが小さくて良さそうでしたが、手持ちが無くて断念。迷いましたがT型コネクタを取り付けました。スペースが狭いのでコネクタが邪魔にならないように、ハーネスを短めにしました。変更前後はこんな感じです。
Img_0007Img_0008

バッテリーも初期のバランスも問題なく、早速充電。充電時間は短いのですが、バッテリーを送信機から外さねばならないのが難点。送信機の奥の2ピンコネクタが小さくて取り外し難いところなので、ケーブルを引っ張って抜くしかないのです。充電した後に、送信機へ取り付けましたが、送信機に取り付けたままでも大丈夫でしょうか?少し心配です。
電圧は12.6V。まずは11.0Vを目安に、どれ位バッテリーが持つか試してみたいと思います。
Img_0014

その他にもたくさんパーツを購入したので、追々ご紹介します。

以上

2009年9月13日 (日)

早朝練習 9/13

6:00から久しぶりの朝練。
少し前に見つけた新しい飛行場へ。ここの工場予定地と思いますが、車で中まで入れて、整地されていて小岩も少なく、朝日が逆光になるのが気になる以外、とても良さそうです。1台車があったので、もしや誰かがヘリを飛ばしているのではと思いましたが、5分ほどしたら運転者が来て帰って行きました。ただし今日は雨上がりのためか強風。

北方向、主にこの方向で飛ばすことになります。
Img_0001

西向き。ちょうど朝日が差し込んでいます。この左手に入り口が。
Img_0002

南向き。草の生えている右側には、下りの4車線の道路があります。
Img_0003

西向き。ピットの風景はこんな感じです。車から荷物を全部降ろさず済むので便利です。また、道路からも少し入ったところなので、散歩している人に声を掛けられることも少なそうです。
Img_0005

1本目、風に煽られながら、何とか飛ばす。ラダーの動きはどうしようも無いけれど、これも勉強。ヘリパッドを用意してきましたが、整地されていて、しかも雨上がりで少し湿っていたので、土埃も無く全く不要でした。
Img_0006_2

2本目、風に煽られやすいので、少しスロットルカーブとピッチカーブを変更してみる。ピッチ変化を少なくして、スロットルカーブを少し高めにしたら、スティックが40%くらいのところで浮いてしまい、降ろそうとするとローターの回転が急に落ちるので、もう少しピッチカーブを下げつつ立てて調整。多少飛ばしやすくなった感じ。
左後ろから風が吹いていたので、左側で機体が上昇しやすく、右に向くと急に高度が下がるのでとても怖かった。

KING3に続いてT-REX450Pro。風も強いのでだんだん寒くなってきた。

1本目、KING3とは比較にならないほど安定していて、トリムを少し合わせ直したくらい。風に煽られながら、横ホバの練習。恐怖感は少なくなりつつあるけれど、真横を向くと時々し奥行き方向の移動を見落としやすく、舵が遅れる。
Img_0007

2本目。寒いし、風も強いので、落とさないように気をつけて飛ばす。8の字行おうとしましたが、左右移動させると風の影響で高度がヒョコヒョコ変わって怖かった。
Img_0010

さすがにこの風ではT-REX250は飛ばす気になれず、計4フライトで今日の朝錬は終了。
落とさずに済んでよかった。

以上

2009年9月 6日 (日)

T-REX250プチ改造 9/6

朝練はお休みして、午後に少々。

T-REX250のラダーサーボの取り付け位置が左側なのが、以前より気になっていたので右側に移動する改造をすることにしました。

取り付けの変更は簡単で、プロポのサーボREVの設定を変更したのみ。最初GYROのNOR/REV設定も一緒に変更したらテールがくるっと回ってしまったので、変更しないでOKでした。
Img_0462_06

左側から見ると、こうなります。
Img_0463_07

庭で調整のフライトをしました。改めてラダーのトリムの取り直しをノーマルモードのGYROで行ったのですが、これが74くらいのトリム設定が必要で、サーボの取り付け位置を何回か調整して、ほぼ20以下に収まるようにしました。ノーマルモードで調整した後に、ヘッドロックモードでも確認。特に問題なかったのですが、肝心の機体の左右の重量バランス改善による、エルロンのトリムはほんの少ししか違いが無く、相変わらず左ヘビーのままでした。錘付けないとダメかもしれません。

サーボの取り付け位置がかなりフレームに近いので、ラダーロッドへのボールリンク取り付けを短くしようと何回かねじ込んだら、リンクを1個ダメにしてしまいました。写真で見えるでしょうか?中にロッドが出てきてしまい、樹脂が盛り上がっています。
Img_0465_09

買っておいて使うのを忘れていた、ボールリンクプライヤーも始めて使いました。こんなにリンクを外すのが楽だったとは・・・。
Img_0468_12

いつもの工場予定地は、土で石もごろごろしていて、また最近は雑草もかなり伸びてきているので、離発着用のヘリポートが欲しと思っていました。昨日行った西友で、玄関マットで裏がゴムで適度な重さもある、ちょうど良さそうなものがあったので購入。今日、庭で使ってみました。
Img_0467_11

T-REX250を乗せるとこんな感じです。
Img_0457_01

斜めから。
Img_0459_03 

スキッドが滑ることはほとんど無くて、ちょうどいいのですが、少々小さかったかもしれません。T-REX250でも降ろすときに、かなり神経を使います。実際に何度かは芝生へ直接降ろしてしまいましたし、もっと大きなT-REX450やKING3では、この上に降ろすのは大変かもしれません。

以上

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »