2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Blade mSR パート8 | トップページ | 鯉のぼり »

2010年4月29日 (木)

サイドミラー

GW初日に、愛車アルファロメオ156の左側サイドミラーが壊れました。

サイドミラーは手動の可倒式で、60度くらいしか曲がりません。倒すにもかなり力を要するのですが、今日気がついたら左右はスルスルに動き、上下にも動く状態で、グラグラでした。

最近、段差を超える時に車の左側から、カタッと音がするのが気になっていたのですが、これが原因かもしれません。

Img_1605

もう夕方だったのでディーラーに行く時間がありません。明日も早朝から出かける予定があるので、応急修理を試みます。まず、どこが壊れたのか分からなかったので、ミラーを外そうとしたのですが、十字ネジでも六角ネジでもないスターヘックスネジが使われています。

Img_1607

工具を近所のホームセンターで購入しました。

Img_1614

ドア近傍のネジのため、塗装を傷つけないように、ネジを慎重に外します。

Img_1598

ミラー側には、筒状の部品がミラー側のステイに勘合し、回る仕組みになっています。ステイの奥にはバネと、ワッシャーと抜け止めワッシャーが見えます。外せる部品をすべて取り出します。

Img_1596

ミラー側は、部品を取るとバネが奥に見えます。

Img_1594

ミラーが外れたドア側です。

Img_1595

筒状の部品がドア側と連結され、その先端にワッシャーと抜け止めワッシャーが嵌まり、バネが間に入ってミラーと連結されるはずが、筒状の部品の先端の抜け止めワッシャーが外れてしまったようです。

これがワッシャーと抜け止めワッシャーです。

Img_1604

筒状の部品の先端に嵌る構造ですが、溝がかなり浅く、材質もアルミで、引き抜けてしまったようです。

Img_1597_2

これを直すには、バネを縮めて筒にワッシャーと抜け止めワッシャーを組み込まねばなりませんが、ミラー側のステイの奥なので、ステイが外れなければ困難です。ミラー側のステイは、1個あるネジを外しても取れません。外気温センサーを外して、ミラー側から抜こうとしましたが、全然抜ける気配がありません。

修理を諦めようとも思いましたが、このままでは走行中にミラーがポロリと落ちてしまいます。
何か良い手は無いかと考えた末に、思いついたのはこれ。

Img_1599

バネごとタイラップで縛り付けます。

Img_1600

3箇所、バネがあるのでかなり強く締め付けました。
ミラーをドアにスターヘックスネジx3本で取り付けます。

Img_1610

取り付けてみた感じ、ガタつきはほとんどありません。折りたたんでみます。

Img_1609

折りたたむ力は、少し軽い感じです。完全ではありませんが、ひとまずこの状態で凌ごうと思います。
右側の正常なミラーと、同じくらいたためました。

Img_1611

タイラップでは切れてしまうかもしれないので、GWが終わってからディーラーに相談してみようと思います。

愛車の156も、今年の3月に11年目の車検を受けました。事故暦も無く、大きなトラブルもほとんどなくて、4年前には足回りのリフレッシュ、2年前にはタイミングベルトの交換と全塗装をしたおかげで、機関外装ともに今のところは好調です。唯一、燃費がリッターあたり5kmちょっとなのが、不満なくらいです。

10年を超えたのでいつ壊れてもおかしくありません。買い替えも考えているのですが、欲しい車は高嶺の花で、買い換えてもいいと思える車が少ないのが残念です。

以上

« Blade mSR パート8 | トップページ | 鯉のぼり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Blade mSR パート8 | トップページ | 鯉のぼり »