2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雑草取り | トップページ | Lipoバッテリー »

2010年5月 2日 (日)

早朝練習 5/2

2010年初の練習です。

朝5:00に起きてT-REX 3機を持って、第1飛行場へ。着いたのは5:40頃。もう朝日が差し込んでます。
飛行場の状態も、昨年と変わらず、草もあまり伸びていません。

Img_1670 北西です。
Img_1669北東です。
Img_1668東南です。

今日はほとんど無風に近く、時折微風が吹く程度で絶好の飛行環境です。TURNIGYの風速計を購入していたので、早速風のある状態の風速を測ってみました。測定結果は、最大1.3m/secでした。

Img_1702

T-REX450PRO 1本目。

まずは、機体のチェックを簡単に。ネジが緩んでいるようなところもありません。
Img_1673

気がついたのは、GYRO GP-750のカバーテープが剥がれそうな事くらい。
Img_1675

ノーマルモードで機体の状態確認を目的に、ホバリング中心に飛ばします。
Img_1676
特に昨年と変わったところはありません。横ホバは縦方向の姿勢が把握し難く、自分に近づいてくると怖いので、どうしても遠くに行きがちです。

2本目は、動画撮影に挑戦です。

最初はホバリングで、ケツホバ→横ホバ右→横ホバ左の順で飛ばしました。


だんだん遠くに行ってしまいますが、画面からはみ出さずに飛ばせたので、まあまあでしょう。

続いて、途中からピルエットを撮影しました。


撮影をホバリングしている状態から行ったので、カメラのボタンを押す間に大きく姿勢を崩し、一瞬危なかったのですが、何とか回避できました。ピルエットも姿勢を崩すことがあるので、少し離れての撮影でしたので、機体が小さくてあまり良く見えません。

撮影後には、8の字を練習しましたが、スムースに機体が走らず、いま一つでした。

3本目。
風が無いので、ホバリングも簡単で、ピルエットもその場で、比較的ゆっくり回ることが出来ます。
Img_1677
ゆっくりとピルエットしている途中で、思い切って対面の位置で止まってみます。
数秒ですが、初の対面ホバです。2回目には、当て舵を打って、10秒ほど姿勢を維持できました。走り始めてしまい、慌ててケツホバに戻すのも横ホバよりも時間が掛かるので、ヒヤヒヤものです。
今年の目標の一つが対面ホバが出来るようになることですので、幸先良いスタートを切れました。
最後にアイドルアップを試します。トリムがノーマルモードとかなり違っていたので、修正します。

T-REX450PROに続いてSportです。
機体ケースが無いので、少し埃を被っていました。
Img_1688

ノーマルモードで機体の状態確認を目的に、ホバリング中心に飛ばします。少しエレベーターとエルロンのトリムを修正しただけで、問題なく飛ばせました。
Img_1694

風がほとんど無いためか、PROと比較してほとんど違いを感じません。
7:00近くなってきたので、Sportは1本で切り上げました。

最後は、T-REX250です。
Img_1695

こちらも機体の状態確認を目的に、ホバリング中心で飛ばします。
Img_1698

テールが少し左右にゆらゆらと揺れるので、ジャイロ感度60%を55%にしてみるが、さらに大きく揺れる感じ。70%にしたら、激しく左右に動くハンチング状態になる。結局60%に戻します。
アイドルアップ時のジャイロ感度は70%ですが、こちらはさほど気になりません。ローターの回転数に感度は依存するものなのですね。
Img_1701

450PROとSportに比べると、離れたときの姿勢の見づらさもあって、どうしても姿勢の変化が大きい感じがします。

3機の動作確認を無事終えました。
7:15amになったので撤収します。

以上

« 雑草取り | トップページ | Lipoバッテリー »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑草取り | トップページ | Lipoバッテリー »