2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« SOLO PRO II 改造パート2 | トップページ | 芝の手入れ »

2010年5月 9日 (日)

早朝練習 5/9

朝5:30から第1飛行場で朝錬。

天候は曇り。霞んでいる感じで、太陽はぼんやりと見えるくらい。
風はほとんど無く、肌寒い程度です。
Img_1962

TURNIGYの風速計で図ります。
Img_1960
ほとんど無風なのでハネも回りません。時折吹く風も1.0m/sec程度です。

先日プロポに取り付けた水平調整ホルダーは、吊り下げて平行になるようにするともっとも下の穴位置でした。使ってみると、操作しやすく感じました。
Img_1964

1本目、T-REX450Proです。
まずはホバリング中心で飛ばします。横ホバから対面方向に少しだけ回転させてみましたが、1本目なので無理はしません。
Img_1965

2本目。
飛ばす前に、昨年購入してあったMicroHeili製のテールサポートブレースを取り付けてました。
Img_1967

どのあたりに取り付けたほうが良いのか分かりませんが、中央よりも少し本体側に取り付けました。
Img_1970

テールサポートブレースの取り付け前後で、あまり違いは見られませんでした。時々テールが少し左右に振動する状態にも特に変化は見られません。

また風が出てきました。風速は1.0~2.5m/secくらいで、2.0m/secくらいになると、高度が風によって上下する度合いが大きくなるので、気になり始めます。気温も14.7℃と、寒くて指の動きが固く感じます。TURNIGYの回転計は、温度も測れるので便利です。
Img_1972

アイドルアップも試しましたが、舵の効きが敏感になり、風に煽られて怖かったので、数回往復しただけでノーマルモードに戻しました。

3本目。
回転計でローターの回転数を計測します。飛行中の回転数は測り方が分からないので、地上から浮く寸前の状態で計測してみます。結果は2550rpm。この回転数が良いのか悪いのか是非は分かりません。皆さんは、回転数をどう計測して、同判断されているのでしょうか?
Img_1976

風もあるので、無理せずホバリングを中心に練習し、後半に8の字を試しました。

4本目。
寒いので3本で切り上げようかと思いましたが、まだ7:30amなのでもう1本飛ばします。落とさないように気をつけながら、横ホバと8の字を練習します。横ホバはだいぶ恐怖感は薄れてますが、風があるとどうしても流されやすく、定点で停まれません。8の字では、風上で高度が上がり、風下では高度が下がります。もう少しスロットルを調整をする必要がありそうです。

これまで体感で風がそこそこあるレベルは、風速2.0~3.0m/sec程度のようです。これくらいの風はでも普通に飛ばせといいのですが。

今日はT-REX450PROだけでしたが、無事帰還することが出来ました。
Img_1975

バッテリーは、No.3とNo.4が少し膨らみ気味です。
Img_1978

風が無くて、もう少し温かければもっと飛ばしたかったのですが、6:45am頃には終了です。

以上

« SOLO PRO II 改造パート2 | トップページ | 芝の手入れ »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SOLO PRO II 改造パート2 | トップページ | 芝の手入れ »