2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 芝の手入れ | トップページ | 親子遠足 »

2010年5月 5日 (水)

Blade mSR スキッド修理

折れたスキッドを修理します。

スキッドは、キャノピーを外してフレームから引き抜くだけで簡単に外れます。
フレームへの取り付けポスト横で折れています。
Img_1869

新しいスキッドは国内版用にJRより販売されているものです。
Img_1870

Img_1871

フレームに差し込めば終わりです。
Img_1874

前のめりも直りました。
Img_1876

外したスキッドは、1箇所割れているだけなので、修理をしてみます。
添え木をして、細いワイヤーで巻いて、接着剤で固定すれば何とかなりそうです。

添え木は、φ1.0mmくらいのバネ材を短く切って使います。
Img_1877

ステンレス製の針金です。
Img_1878

スキッドに巻きつけます。
Img_1879_2

使う接着剤はこちら。本当は2液のエポキシで固めてしまうのがいいのですが、あいにく手持ちの接着剤はこれだけでした。しばらく使っていなかったので、液が少し固めです。
Img_1881

爪楊枝を使って、盛り付けました。
Img_1883

このまましばらく放置して固まるのを待ちます。使えれば、また壊れたときのスペアにします。

ところで、Hyperionの新しいLipoですが、奥まで差し込むとかなりトリムを修正しないと前方に進んでしまいます。フライバーを持って重心を図ると、明らかに前方です。

Lipoに差込過ぎ防止のビニールテープを切って巻き、位置決めをしやすくしました
Img_1887

差し込むとこうなります。
Img_1888

Lipoの重量を測定します。

E-FLETE純正 120mAh 14C → 3.7g
Img_1884

LightMax 138mAh 10C → 3.6g ほぼ純正と同じ
Img_1885

Hyperion CX 160mAh 25C → 5.0g
Img_1886
純正よりも1.3g=35%も重いのですね。容量比は33%UPですので、ほぼ比例して重量も増えていると考えられます。

せっかく修理したので、HyperionのLipoでリビングフライトを楽しみました。

以上

« 芝の手入れ | トップページ | 親子遠足 »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

純正Lipoの重量がわからなかったので
大変助かりました。
(計りぐらい買えって話も・・・・・)
私もmSR飛ばしてるので
ヨロシクです♪

SIGさん、はじめまして。

このクラスの室内ヘリだとLipoの重量は気になりますね。最近もLipoの種類は混在して使用していますが、Hyperion CX 160mAh 25Cは少しトリム調整が必要ですし、飛びも少し重い感じです。

SIGさんのブログも拝見させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芝の手入れ | トップページ | 親子遠足 »