2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ステンレスボトル上蓋塗装剥れ | トップページ | 芝の手入れ 7/17 »

2010年7月16日 (金)

ダイソンの掃除機DC12修理パート2

先週の土曜日に壊れたダイソンの掃除機DC12。

注文しておいた部品がチップワンストップから昨日届きました。
Img_2738

今日は少し早く帰宅できたので、夜23:00過ぎですが、早速修理再開です。
送料込みで1,283円。これで直るでしょうか?
Img_2739

中身はこちら。部品は袋に入っています。
Img_2740

部品は導電スポンジに刺さっています。
Img_2741

こちらが壊れたオリジナルの整流器。
Img_2743

こちらが新しく購入した新品です。
メーカーは異なりますが、何故か製造国は同じインド。型式は同じです。
Img_2744

まずは、部品の動作確認からはじめます。
壊れている部品は、AC入力間の抵抗が0Ω(導通状態)です。
Img_2746

新品は、ほぼ∞(開放)です。
これなら基板のパターンが焼けることはないでしょう。
Img_2747

整流器の回路はダイオードが4つ入っています。
Gbpcw

壊れた部品と新品を比較しながら、一通り各端子間の抵抗値を計ります。
新品は導通といっても6Ωくらいの順方向の抵抗値を示します。
Img_2748

壊れている部品は、こちらも0Ωの導通状態です。
Img_2749

部品のチェックを終了し、いよいよ掃除機本体の基板への取付けです。
一度分解しているので、2度目は悩むことなく、てきぱきと15分程度で分解できました。
Img_2758

基板から既に部品は外してあるので、後は取り付けるだけです。
Img_2760

リードは長いまま取り付けます。
Img_2763

足の位置が非対称になっているので、取り付け方向は間違えようがありません。
Img_2762

半田ごてを準備します。
Img_2764

4本のリードを半田付けして、切り取ったリードを焼けた基板のパターン間に橋渡しします。
AC100Vの電流が流れると思うと、心もとない太さですが、整流器のリードにはやはり同じ量の電流が流れるわけですし、問題ないはずです。
Img_2765

反対側の焦げたパターンは、橋渡しの半田付けをしていません。部品の間際で半田付けしにくかったのと、どちらのパターンも別なところで繋がっていたので、問題ないはずです。
Img_2766

テスターで半田付け箇所の導通と、AC電源間がショートしていないか確認し、組み立てます。
Img_2768

配線止めのフィルムの粘着力が無くなってしまったので、グラステープで留めます。
Img_2771

SW基板部が、ネジで固定されていないので、上蓋をかぶせる際に位置が外れてしまうので、注意が必要です。
Img_2772

完成です!所要時間は約1時間。
Img_2778

ホースも一応接続し、もう一度AC電源間の抵抗値を確認し、いよいよ電源ONです。
電源ONした瞬間に、燃えないかが心配です。
Img_2781

緑色のLEDが点きました!
そしてSWをONすると、少しうるさいダイソンの掃除機の音がします。

嫁さんも、掃除機が直って喜んでくれました。
試運転もしてくれて、吸い込みも問題ありません。

最近、怒られてばかりでしたが、少しはポイント挽回できたでしょうか?
頑張ったかいがありました。直ってよかったです。

以上

« ステンレスボトル上蓋塗装剥れ | トップページ | 芝の手入れ 7/17 »

家電」カテゴリの記事

コメント

直ってよかったですね。
夜なべ仕事お疲れ様です。
整流器?半田付け?とても真似できませんが、同じことで悩んでいる人にとても参考になったのではないでしょうか? 
でもダイソン ばらすのってかなり勇気がいりそう・・・

コメントありがとう!

ヘリの製作(バッテリーやモーターのコネクタ取り付けなど)で半田ごてを使っていて、たまたま壊れた部品がWebで入手できたので、直すことが出来ました。

自分で分解してしまうと、メーカーが修理してくれない可能性もあったので、だめなら買い替えと思って分解しました。
普通なら修理出しますね。でも、ほんと直ってよかったです。

大変参考になりました。2年前にこの掃除機が壊れ、捨てるのももったいないのでヤフオクで同型のものを買って部品を替え修理しようと思っておりましたが、こちらにたどり着きました。ブリッジダイオード交換しましたところ、すんなり動き家内ともども大変喜んでおります。やはりダイソンの吸引力は経験した者で無いと分からないと思います。いつ治るの?と家内から言われてたものですから、やっと肩の荷がおりました。株もあがりました。組立ての配線もほかの方の質問にお答えされていたページも大変参考になりました。お礼を言わずにいられませんでしたので、コメントをお送りしました。どうもありがとうございました。

H.Fさん、コメントありがとうございます。

ブリッジダイオードの交換で直って良かったですね。何より奥様に喜んで頂けたことが私もうれしく思います。happy01
この修理をしてから4年も経つのですが、我が家のDC12は未だに現役です。時々手元のスイッチが入らず、また壊れたと嫁に言われるのですが、それって持ち手部分の電池切れなので壊れてるわけじゃないよと言っても、分かってもらえないんですよね。( ̄▽ ̄)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ステンレスボトル上蓋塗装剥れ | トップページ | 芝の手入れ 7/17 »