2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

海ガメの放流 9/26

息子の保育園の行事で、海ガメの放流に行きます。

場所は、静岡県浜松市の中田島砂丘です。

集合した後に、まず砂丘の入り口の交差点の角にある”サンクチュアリ ネイチャーセンター”の2Fに入ります。

Dsc_2183

約30分ほど海がめと中田島砂丘についての講義を聴きました。

・この砂丘に来るのはアカウミガメ。
・アカウミガメは左右別々にひれを動かして動くので、足跡をみれば種類が判別できる。
・卵は平均110個。年に3回ほど産卵。
・生んだ卵は1個でも腐敗すると、他の卵も呼吸をしているので死んでしまう。
・孵化は最初に50%くらい。その後も何度かに分けて行われ、孵化率は最終的に70%くらい。
・卵は盗難にあうこともあり、闇では1万円/個ほどで取引されているらしい。
・孵化したカメは、紫外線のある方向を目指して進むため、夜間に放流すると、街の灯りに惑わされ、戻ってきてしまうカメがいる。
・浜辺を走る四輪駆動車の轍がカメの進路を阻み、タイヤで卵を潰してしまうので、浜松市近辺は車の乗り入れが禁止。ただ、隣の市はまだ乗り入れ可能。
・ここで生まれたカメは、海流の乗り太平洋を渡ってアメリカ西海岸で大きくなり、また日本近海に帰ってくる。
・台風が多い年は、カメが卵を産む場所が高くなる。
・砂丘はこの20年ほどでだいぶ侵食されて後退してきている。(四輪駆動車の影響だと仰っていたが、ダムや治水の影響で砂礫が川で運ばれてこなくなったことが原因だと思いますが・・・。)
・稚カメは指で上下に挟んで持つこと。(手のひらで持つと体温が上がりすぎる)

Dsc_2061

講義を聴いたあとは、砂丘を越えて、いざ浜辺へ。

Dsc_2078

海が近くなると、保育園の先生の静止も聞かずに、子供たちはまっしぐらに海へ走ります。はやる気持ちは、分からんでもありませんが・・・。

Dsc_2076

全員に1匹ずつ孵化したばかりのカメが配られました。息子も教わったように手に持っています。

Dsc_2113

嫁さんも余ったカメをもらってました。パタパタと前ヒレを動かしてます。

海から20m近くはなれたところに一列に並んで、いっせいにカメを放します。

Dsc_2131

カメは一所懸命海へ向かって走ります。

波打ち際まで10分くらいでたどり着くと、波にさらわれて姿が見えなくなります。

Dsc_2143

放ったカメが全部波に消えると、放流は終わりです。

入り口近くにはこんな看板で海ガメが紹介されています。

Dsc_2176

息子には自然の大切さと希少動物保護の取り組みの大変さは、分かるはずもないとは思いますが、よい思い出になればと思います。

中田島砂丘前の公園では、市民祭りが開催されていました。

Dsc_2259

保育園の園児たちと保護者と先生で、ステージで踊りの出し物をしました。

Dsc_2186

お昼過ぎには終了して解散です。

以上

早朝練習 9/26

昨日に続いての早朝練習です。

今日は午前中から出かける用事があるので、5:30過ぎには家を出ました。

Img_3521

辺りはまだ薄暗く、お月様も出ています。

Img_3522

気温19.5℃、風速0.0m/sec(無風)ですが、時折風が吹くと、長袖を着ていても少々寒区感じます。それにしても、ここ1週間でだいぶ気温が下がりました。

Img_3523

ようやく明るくなり始めました。

Img_3525

まずはT-REX450Proから。

Img_3529

あれ、変です。多少風があるのですが、普段浮くくらいにスロットルを上げても、機体が浮かず、左右に傾きかけます。

3回ほど浮かそうと試しましたが、この前みたいに転びかねないと思い、飛ばすのを断念しました。

Img_3531

モーター線を外して、各サーボの動きを確認しますが、特におかしなところは見当たりません。

Proを諦めてT-REX450Sportへ、Lipoを移し変えます。

Img_3534

久しぶりのSportですが、スロットルを上げるとスーッと上昇したので安心しました。

最初はトリムを少し修正して、ホバリングの練習です。多少風があるので、対面はどうも安定しません。

Img_3536

2本目、ホバリングから8の字など上空飛行へ。8の字は風下で高度が下がってヒヤッとしましたが、まあまあです。ピルエットも軸が通っていて安定しています。

少し寒いので、改めて気温を測ってみると、14.5℃???。もしかしたらバッテリー切れかもしれません。

Img_3530

Sportに続いて、T-REX250です。今日は風があるので、少し心配です。

Img_3537

やはりローターの回転面が傾いた際に風であおられると、姿勢が大きく崩れます。

Img_3540

太陽が出てきたので、逆光の中で写真を撮ってみました。

Img_3538

250での体面ホバリングは怖さこそ少ないものの、姿勢が安定し難いので、やはり難しく感じます。8の字は、風下での旋回時、高度が下がり、何度か1m近く伸びている雑草に近づき、ヒヤッとしました。

無事に、Lipox2本飛ばして今日は終了です。

以上

2010年9月25日 (土)

芝刈り 9/25

夕方日が陰ってから、庭の芝刈りをしました。

3週間ぶりなので芝がかなり伸びています。

Img_3509

ウッドデッキの最下段の板が芝で隠れつつあります。

Img_3512

刈り高は、いつもと同じ15mmです。

Img_3513

ウッドデッキ際を刈ったところです。

Img_3514

最近、我が家の庭に、こいつが出没しています。

Img_3516

今日は大きいのと小さいのと2匹いました。

Img_3518

刈り終える頃には、もうすっかり暗くなってしまいました。

以上

早朝練習 9/25

1ヶ月ぶりの早朝練習です。

朝6:00に自宅を出かけました。昨日までは雨で、秋雨前線+台風の影響で天気が心配でしたが、雲の向こうには青空が見えます。

Img_3485

いつもの第1飛行場です。東の空にはまだ雲が多く、遠くには黒い雲も見えます。

Img_3488

北西は薄い雲が覆っています。

Img_3490

風は無風、気温は21.4℃、少し肌寒く感じます。

Img_3497

まずはT-REX450Proからです。

Img_3499

バッテリーは、APLUSの2200mAhです。

Img_3501

1ヶ月ほど飛ばしていないので、1本目はホバリングを中心に。対面ホバの恐怖感は少なくなりましたが、今日は姿勢があまり安定しません。スロットルとピッチのEXPをONしているのですが、高度を維持し難いので、ピッチのEXPをOFFしてみます。EXPはOFFした方が高度の落ちはすくなくなりました。リカバリーが早く効くのでしょうか?

2本目は8の字や旋回を。

Img_3498

久しぶりだったせいか、あまり綺麗に飛ばせません。

APLUSのLipox2本飛ばして、T-REX450Proを終えて、続いてT-REX250です。

Img_3507

T-REX250を飛ばすのは本当に久しぶりです。帰宅してから調べると、5月に1回、その前は昨年の12月でした。

最初にトリムを合わせて、ホバリングから練習です。120SRを少し大きくした感じですが、飛ばした感じはぜんぜん違います。重量もかなり違いますが、やはり可変ピッチなだけあり、動きは正確で、舵にも敏感です。

ホバリングしたときのスロットルスティックの位置がメモリ一つ以上中央から上だったので、ピッチカーブの中心を少し持ち上げました。

Img_3503

1本目、プロポのタイマーのアラームが鳴る頃(6分半)に、急に出力が落ちました。バッテリー切れのようです。しばらく放置していると、5月に充電して以来、そのままだったので少し放電していたようです。

2本目、風が出てきました。時折、2.0m/sec近くの風速になります。気温も1時間ほどで、約3度上昇し、24.6℃です。

Img_3508

T-REX250もLipox2本で終了です。2本目はバッテリー切れにならないように、6分弱で終了しました。

Img_3505

T-REX250用のバッテリーは、Hyperion CX G3 850mAh 25Cです。帰宅してから電圧を測ってみると、1本目で使用したLipoが3.56V、3.64V、3.53V、2本目用が3.64V、3.61V、3.64Vといずれも少し低く、充電量も722mAと712mAとかなり残量が少ない状態でした。

これからは、しばらく使っていなかったLipoを使う前には充電し直すか、電圧をチェックしてからにします。

以上

2010年9月19日 (日)

韓国出張 9/16-17

先月に続いて今年2度目の韓国出張です。

前回は2泊3日でしたが、今回は1泊2日とさらに短いスケジュールで国内出張みたいです。

航空会社は大韓航空、飛行機はボーイング747 ジャンボです。

チケットは安いエコノミーだったのですが、同行した営業担当の交渉でラッキーにもビジネスクラスのシートに座ることが出来ました。過去にもビジネスクラスのシートには乗ったことはありましたが、2Fの席は初めてでした。

Img_3469

ちょうど客室乗務員(昔のスチュワーデス)さんの向かい側で、モニターを前の席の後ろではなく、横から引き出す必要がありました。

Img_3468

最近は通路側を指定することが多かったのですが、この席なら窓際でもなんら不都合はありません。久しぶりに窓の外が覗けます。

Img_3472

2時間弱のフライトですのでエコノミーでもあまり疲れは感じませんが、欧米への10時間を越えるようなときにはビジネスクラスの席だと助かります。

韓国仁川(インチョン)空港に到着です。

Img_3478

空港から、仕事先の天安(チョナン)まで車で移動して、夕方まで仕事です。

泊まったのは水原(スオン)のIBISホテルです。街中の便のよいところにあり、部屋も広く、設備も近代的で、値段も少々高めなホテルです。

Img_3482

ホテル前です。

Img_3481

翌日も13:00過ぎまで仕事をして、食事の後にバスで空港へ。

夕方の便で帰国しました。帰りの便も、またまたビジネスクラスのシートに座ることが出来ました。

Img_3484

自宅に着いたのは夜23:00過ぎ。

PS) 少し体調を崩してしまったようで、翌日からの土日2日間、熱が出てからだがだるく、寝込んでしまいました。

以上

2010年9月 5日 (日)

120SR 屋外飛行 9/5

今日は静岡の実家でおばあちゃんの一周忌がありました。

午前中の一周忌も無事終えて、暇つぶしに実家の駐車場前で120SRを飛ばしました。

Img_3455

実家の駐車場前は、狭い道路を挟んで山と駐車場があります。実家の駐車場は狭くて、カーポートが設置されているので、少し道路と向かい側の駐車場側にも出てしまいました。

Img_3456

ほとんど無風だったので、比較的飛ばしやすかったのですが、飛ばした場所が狭くて、植木や障害物があるので、ホバリング+αでした。

Img_3459

飛ばし終えると、少しモーターの発熱が気になります。

Img_3458

ブラシモーターに見えますが、ブラシレスなのでしょうか?

Lipox2本飛ばして終了です。

以上

2010年9月 4日 (土)

120SR 庭ホバリング 9/4

庭の芝刈りのあと、ほぼ無風だったので120SRを外で飛ばします。

広角で写真を撮ると、とても小さくなってしまいます。
Img_3448

ちょうど芝刈りをした後なので、スキッドが芝に埋もれずに済んでいます。
Img_3450

浮かした最初に、かなり前に流れたのでトリム調整をしたのですが、その後に元に戻したので、そよ風に影響したようでした。それ以外は風も弱く、比較的飛ばしやすい印象でした。癖もmSRに似ていて、ラダーを右に切ると前に走る傾向があります。

ホバリングの動画を撮りました。

この後で少し左右に走らせて見ましたが、mSRほどは揺れ戻しが無いので、比較的飛ばしやすい印象です。

約5分飛ばして、バッテリーの電圧は3.78V。充電や約40分程度かかり、電圧は4.18Vでした。充電量が不明ですが、終了時の電圧を見る限り飛行時間は5分で留めておいたほうが良さそうです。

以上

芝生のメンテ 9/4

まだ庭に陽が差し込む前の6:30頃から、芝刈りを行いました。
Img_3438

海外出張などもあって、先週は芝刈りが出来ず、2週間ぶりです。だいぶ伸びてます。
Img_3436

しかし、前回の芝刈りの後数日経って後から、丁度配水管の上の芝の色が茶色に変色し始めているのに気がつきました。この猛暑に水不足で枯れ始めていたのです。慌てて、先週から、毎朝出社前に水撒きをしたところ、だいぶ復活してきたようです。
Img_3434

ウッドデッキ近くで少しダメージを負ってしまったところです。
Img_3435

今日の刈り高はいつもと同じ15mm。
Img_3440

庭を3往復したら、収納部はパンパンです。また、朝だったため、少し芝が朝露に濡れています。
Img_3441

赤い線で囲んだあたりが配水管の場所です。庭の半分ほど刈ったところですが、芝の段差に違いがあるのが分かるでしょうか?
Img_3442

ゴミ袋満杯です。
Img_3445

枯れ葉を取って、庭木の雑草も抜いて、1時間ほどで終了です。
Img_3446

以上

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »