2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 海ガメの放流 9/26 | トップページ | 鉄棒&UFOキャッチャー 10/3 »

2010年10月 3日 (日)

T-REX450Pro機体調整 10/2

先週、スロットルを上げても浮かなかったT-REX450Proの機体をチェックします。

まず疑ったのは、ワンウェイの滑りとモーターのピニオンの緩みです。

メインギアを手で押さえてブレードを逆に回そうとしても全く動かないので、ワンウェイは滑っていないようです。

続いて、モーターです。

ピニオンの緩みを確認するために、バッテリーホルダーを外します。

Img_3553

ヘキサレンチで緩みを確認しようとしましたが、いま一つ力が掛けられないので、モーターを外すことにしました。

Img_3555

外してモーターのシャフトを確認してみましたが、特に緩んだ痕跡はありません。

せっかくモーターを外したので、オリジナルのBL430SP 3700KVモーターから、BL430M 3500KVモーターへ変更しようとしました。BL450Mは、Sportと同じモーターで、その後Proのキットにも展開されています。430SPはProでフライとさせるとかなり熱を帯びますが、430MをSportで飛ばしてもさほど熱くなりません。

Img_3556

KV値が違うのでマニュアルを確認したら、ピニオンの歯数が14Tが奨励されています。430SPモーター用は13Tなので、そのままは使えず、手持ちのピニオンも13Tと12Tしかなかったので、結局モーター交換は諦めました。

モーターを元通り組み込んで、ブレードのピッチ角度のチェックを行います。

プロポ設定がいろいされているので、HOLDの設定を利用しピッチを確認します。

Img_3562

ピッチ最小(0):-12.5度

Img_3561

ピッチ中央(50):-1.5度

Img_3564

ピッチ最大(100):7.5度

Img_3566

通常ホバリングピッチは5~6度程度ですから、これでは浮くはずがありません。

ローターヘッドを外してスワッシュレベラーを用いて調整することにしました。

Img_3574_2

スワッシュレベラーをセットします。EXTREME製のものですが、端っこがぎりぎり引っかかるくらいです。

Img_3576

サブトリムで隙間が浮かないように合わせこみます。調整前はこちら。

Img_3573

調整後はこちら。

Img_3578

CH-6のトリム量が大きいので、サーボホーンの位置を変更します。

サーボを外すために、またバッテリーホルダーを外さねばなりません。

Img_3581

ホーン位置を変更します。

Img_3579

もう一度調整します。

ピッチ最大、中央、最小時でスワッシュとレベラーの隙間が異なることが判明しました。CH-6のサーボが特に異なります。サーボの個体差でしょうか?中央の50でまず合わせて、プロポのトラベルアジャストで、最大/最小時の隙間を合わせます。

Img_3587

ようやく、スワッシュレベラーでの調整が終わったので、ヘッドを取り付けて、ピッチ角度の再チェックしました。

Img_3590

ガーン!ピッチ中央の50で、こんなにずれています。サーボとスワッシュのリンケージを回して、調整してみます。

先日ボールリンク回しをGetしていたので、早速使ってみました。確かに指は痛くならずに、簡単に回せます。

Img_3589

伸ばす方向に2回転ほど回してみましたが、変化量は1度程度だったので、諦めました。

サーボホーンの位置を変えて、もう一度スワッシュの調整からやり直しです。

最初からピッチが0度になる、スワッシュの高さを確認しておいて、その高さになるようにサーボホーン位置、リンケージロッドの長さ、サブトリム調整を行うべきでした。Proの場合は、ベアリング保持ブロックから、約12mmです。

Img_3592

その後1時間ほど苦戦して完成です。

ピッチは-13度~+13度まで確保。

ノーマルモード:-1度~+9度。D/R:80%

アイドルアップ1:-9度~11度。D/R:100%

アイドルアップ2:-12度~+12度。D/R:100%

になるよう、ピッチカーブを設定。またスロットルカーブも約5ポイントほど設定を下げました。

ここまでで、2.5時間ほどかかってしまいました。

もう夜遅いのですが、明日は早朝練習できそうに無いので、浮くかどうかだけ室内で確認することにしました。念のためアメンボを取り付けます。

Img_3593

バッテリーだけ取り付けて和室へ。

Img_3595

結果は○。スロットル位置もほぼ中央で、ほとんどトリム調整をせず浮きました。

好調だったT-REX450Proが、なぜ浮かなくなるほどピッチ設定がおかしくなったのか、いぜん良く分かりません。調整している時に、右前のサーボが若干ピクツク症状を示す時があったのが気がかりです。

とりあえず直った思われるので、次回外で試してみます。

以上

« 海ガメの放流 9/26 | トップページ | 鉄棒&UFOキャッチャー 10/3 »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

通りすがりの者ですが
DSX9は最初にピッチトリム殺しといた方がいいですよ
おかしいと思ったらサーボ出力(モニター)を見ましょう

あまり使ったことが無かったのですが、モニターでチェックすればいいのですね。
ありがとうございます。

8月にProを墜としたときに気がついて、ピッチトリムレバーは既に無効にしましたが、その前からピッチがずれていたようです。

以上

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海ガメの放流 9/26 | トップページ | 鉄棒&UFOキャッチャー 10/3 »