2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

Skype導入 1/29

Andriod Phone用のSkypeがダウンロードできるようになったので、早速Galaxy Sにインストールしてみました。WiFi環境で無料のSkype間の通話が無料になるようなので魅力です。

アプリケーションのダウンロードはSkypeのWebページから行いました。

http://www.skype.com/intl/ja/home

インストールは問題なく終了し、サインインを済ませると上部バーに”S”マークが現れるようになりました。

Sc20110128190230_2

早速Skypeを試します。立ち上がると、電話を掛けるダイヤル表示になりました。

Sc20110128190303_2

早速、嫁さんの携帯に電話をしてみましたが、繋がりません。後で知ったのですが、携帯や固定電話にかけるには、別途料金が必要のようです。

自分の情報ページにオンライン状態の表示がありますが、電話をかける時に自動的にオンラインになるわけではないようです。Skype電話の呼び出しのためにはオンラインにしておかねばならないのでしょうか?

Sc20110128190317_2

上部バーを引き出すと、こちらでもオンライン状態を確認できます。

Sc20110128190344_2

普通に電話を掛けようとすると、Skypeとどちらを使うか聞かれるようになりました。

Sc20110128190333_1

早速電話をかけて、通話品質を確認してみようと思ったのですが、嫁さんはガラケーですし、よく考えたらSkypeのアカウントを持っている友人も居ないことに気がつきました。_| ̄|○

アンドロイドマーケットにもソフトがアップロードされていました。

Sc20110128190440_2

確かに、無料なのはSkype同士です。

Sc20110128190458

コメントを確認してみました。

Sc20110128190618

いろいろなコメントが寄せられています。

ひとまず、Skypeが使える人が現れるまでは使えないので残念です。

以上

2011年1月17日 (月)

雪だるま 1/17

昨晩降った雪で、息子が雪だるま改め雪ウサギを作りました。

かなりの力作です。

226_1_dvc00006_1

この後、自宅の庭で雪だるまを作れる日がくるのはいつでしょうか?

以上

積雪! 1/17

私の住んでいる地方は滅多に雪は降りませんが、昨夜から降り出した雪が積もり始めまてしまいました。

夜10:00頃の様子です。庭は芝生がすっかり雪で覆われています。

Img_4433

玄関の植木(ナンテン)の葉にも雪が付いて綺麗です。

Img_4440

当然ですが、車にも積もってます。

Img_4443

朝起きてみると、辺りは真っ白でした。

Img_4448_2

昨晩は、まだ道路には雪は積もっていませんでしたが、すっかり一面を覆い、凍結しているようです。周囲のお宅の屋根にも、雪が積もっています。

Img_4454

早くに起床したので早速車の準備です。最初は給湯のお湯をかけましたが、雪の量が多いので全然効果がありません。

雪が降る地方では、スタッドレスに除雪道具(ゴムヘラの付いた棒)は必需品ですが、そんな便利な道具はありません。車の塗装を傷つけずに、雪下ろしが出来るものはないかと、我が家の中を物色し、見つけました。

それは、クイックルワイパー!

裏面にゴムが貼り付けてあり、棒もプラスティックで長さも丁度良いので、これを使って車の屋根、ウインドウ、ボンネット、トランクから雪を降ろしました。

Img_4457 こんな感じで使いました。

嫁さんのVitzです。

Img_4460

私の愛車(アルファロメオ156)です。

Img_4459

後は、給湯のお湯をヤカンに入れて持ち出して、車に掛ければできあがり。車2台で約30分近くかかりました。

Img_4462

路面は凍結していますが、スタッドレスは履いていませんので、十分に注意して出掛けました。

自宅から通りに出ると、既に大渋滞です。幹線道路が坂になっていますが、登り方向には全く動いていません。きっと路面凍結のために車が上がれないのでしょう。

幸い逆方向でしたので、自宅近辺は何とか出発。しかし、路面は完全に凍結しているので、スピードは20km程度です。

20110117_082330

今日は隣の市まで行く予定で、かなり早く自宅を出ましたが、この後大きな川を渡る橋のところで大渋滞に巻き込まれ、2時間以上渋滞にはまってしまいました。

結局目的地にはたどり着けず、電話を入れて引き返すことになり、今日はお休みを頂くことにしました。何はともあれ、事故にはならずに済んでよかったです。

以上

2011年1月16日 (日)

神頼み 1/16

今日は、家族3人でお寺にお参りに行きました。

初詣に行っていなかったので、今年初めてのお参りです。

Img_4429

駐車場から降りて、赤い旗沿いに歩いて50mほどで本堂の入り口前です。

Img_4427

このお寺には、息子の安産祈願から、私と妻の厄除けなど、これまでいろいろとお世話になっています。今日は、今年の願い事と近々のイベントのお願いをしてきました。

もちろんお守りも購入して、明日朝の祈願用の紙にも願い事を書いてきました。

Img_4431_1

最後は、やはり”神頼み”しかありません。

神様、どうぞよろしくお願いします!

以上

朝練中止 1/16

今朝は少し雪が降り、朝錬は中止にしました。

芝生の上にうっすらと被る程度ですが、この冬初の積雪です。

Img_4410

ウッドデッキにも氷りがはり付いています。

Img_4411

車の屋根にも積もっています。

Img_4409_1

午前中、陽が当たればすぐに解けるでしょう。

しかし、おそらく氷点下、とても寒いので朝練は断念してしまいました。

ちなみに、私の住む地方では、雪もこの程度しか積もることはないので、助かります。

以上

2011年1月15日 (土)

MSR用Lipo 3セル化ハーネス 1/15

Tanaさんからリクエストを頂きましたので、私が使用していますMSR用の1セルLipoの3セル化ハーネスの製作方法をご紹介します。

準備するものは、

1)3セル バランスコネクタ(ハーネス付き) ALIGN用 x1本
  ハーネスは10cmくらい必要です。

2)1セル用バッテリーコネクタ(ハーネス付き) x 3個
  ハーネスは10cmくらい必要です。

3)T型コネクタ x 1個

4)ケーブル(10cm程度) 赤/黒 各 x 1本

5)収縮チューブ 1cm x 6本 (T型コネクタ用2本、ハーネス半田付け箇所)

と、半田付けの道具一式(コテ、半田、フラックスなど)です。

製作するハーネスの完成形はこちらです。

Img_4405

配線を、図示するとこうなります。

Msr_lipo_3cell_harness_figure1

回路図風に書いてみました。

Msr_lipo_3cell_harness

※書いた後に気がついたんですが、上の図と上下が逆でしたので、ご注意下さい。

※もし上記の配線図などに間違いがあってもご容赦下さい。製作は必ず自己責任でお願いします。

ハーネスの半田付け箇所に、各3本づつ端部を剥いたハーネスをよって半田付けして、収縮チューブを被せるだけですから、簡単と思います。

これで3セル160mAhのバッテリーになりますので、EOS0606iで充放電が可能になりますし、EOS SENTRYでも電圧確認が可能です。

同様に2セル仕様も製作できると思います。今思うと2セルの方が使いやすかったと思います。この状態(3セル仕様)でも2つLipoを接続すれば、EOS SENTRYで電圧確認は可能です。ハイペリオンタイプのバランスコネクタは調べていないので結線方法は分かりません。

No.1から3までのLipo接続用のハーネスの区別がつきにくいので、テープなどで目印をつければよいでしょう。

最近の使用方法は主にバッテリー電圧確認用で、充電は120SRに付属していた充電器(下の写真)を使うことが多いです。その理由は、あまり多くの本数を1回で使用しないことと、持ち運びに便利だからです。

Img_3392

充電電流を選べますし、ACアダプタもさほど大きくないので、mSR用にもよく使用しています。

以上

2011年1月 9日 (日)

早朝練習 1/9

冬休みは例年より長かったのですが、この週末のお休みは本日のみ。

というわけで、寒さを堪えて早朝練習に出掛けました。

朝6:30に自宅を出ると、まだ薄暗くて非常に寒い。

Img_4378

第1飛行場に着くころには、多少明るくなってきました。

Img_4379

露光の関係で暗い写真になっていますが、西側はだいぶ明るくはなってきています。

Img_4380

今日はLipoの保温バックが活躍しそうです。

Img_4383

大き目のバックなので、Lipoバックごと入ります。

Img_4384

缶コーヒーは飲んでしまうので、保温に効きそうなレモンティーを入れましたが、それに加えてホッカイロも入れてあります。

Img_4385

気温を測ると、氷点下-2.0℃!!! 寒いはずです。

Img_4397

まず1本目。このLipoは充電状態で保管してしまったLipoなので、飛ばす前にLipoの電圧をチェックします。セル電圧は、セル1:4.112V セル2:4.141V セル3:4.155V。若干バランスが崩れています。

Img_4388

各部チェックの後、手袋をして飛ばしました。

Img_4393

6分20秒のタイマーで、ホバリングを中心に飛ばしました。風も無く、体面ホバリングも位置と高度の修正ができ、まあまあでした。

2本目、手袋をしていても指先まで冷えてきました。

Img_4394

ホバリング中心に飛ばしていたところ、急に回転落ちして、危うく墜としてしまいそうになりました。以前にも経験したことがある一瞬の息継ぎかもしれません。一旦降ろしたのですが、まだLipoの残量がかなりあったので、もう一度浮かせたのですが、すぐに再発したので降ろして点検しました。

機体には問題が無かったので、たぶん受信機と拡張アンテナ周りの接触不良と疑い、コネクタ周りをチェックしました。ジャイロのコネクタが少し浮き気味の他には、浮いているコネクタはありませんでした。一通りコネクタを再押し込みして様子を見ることにします。

また、ブレードがかなりゆるゆるでしたので、少し締め込みました。

3本目。息継ぎは心配でしたが、そろそろ寒さが限界に近づいてきたので、最後に手袋を外してアイドルアップすることにしました。

Img_4395

幸い息継ぎは再発せずに済みました。少し風も出てきたのですが、ダウン&アップフリップを各4回ほど行って、5分の飛行を終了しました。フリップもだいぶ慣れてきたのですが、アップフリップをケツホバに近い状態から行うと、機体の姿勢が少し左に傾き、まっすぐにフリップしていません。舵交じりがあるようで、まだまだですね。

指先に加えつま先までジンジンとしてきたので、今日はここまでで終了です。

以上

2011年1月 4日 (火)

新年初フライト 1/4

朝6:20頃に起きたので、早朝練習に出掛けました。2011年最初のフライト(mSRを除く)です。

支度を終えて外に出たら、まだ暗い上にかなり寒い。しかも車には霜がびっしり着いています。

Img_4360

止めようかなーと躊躇しましたが、気を取り戻して、ヤカンに給湯のお湯を持ってきて、解かしました。

Img_4362

いつもの第一飛行場に6:40頃には到着しました。まだ陽は昇っていません。

Img_4363

気温は0.6℃、風は0.6m/secと微風です。やっぱり寒い・・・。

Img_4369

玄関のしめ飾りを拝借して、T-REX450Proに。

Img_4370

AIRCREWさんに教えていただいて、保温バックにLipoと缶コーヒーを入れて持ってきたのですが、写真を撮り忘れました。

飛ばす前に、ネジの緩みなどの各部のチェックと給油(シリコングリススプレー)を行いました。特に問題となる箇所はありません。

まず1本目、タイマーをいつもよりも1分ほど短く6:20秒にセットして、ホバリングを中心に飛ばします。

Img_4371

直前に給油したためか、普段よりもノイズが少なく、静かに飛びました。3分ほど飛ばすと、寒さで指がかじかんでしまい、結局5分30秒ほどで降ろしました。どうも微小な指の動きがうまくゆかず、高度も姿勢変化も普段より大きめです。終わるとすぐに、ホッカイロと缶コーヒーで手と指を暖めましたが、まだジンジンしています。

2本目、あまりに寒いので、とうとう皮の手袋をして飛ばすこととしました。ビジネス用の薄い手袋ですが、正確に操作できるか心配です。

Img_4373

手袋の感触を確かめるため、2本目もホバリングや8の時、ピルエットなどが中心です。

Img_4367

手袋を使うと危ないのではないかと思っていましたが、多少舵は荒くなるものの、ホバリング程度であれば使えそうです。それでも指は冷えてきますが、風に晒されてかじかむまでにはなりません。

3本目になると陽が昇ってきました。しかし、気温は-0.4℃!

Img_4374

しばらく温かい手袋をしていたので指が復活してきて、風も止まったので、3本目は手袋なしでアイドルアップすることにしました。

Img_4366

朝日に照らされて姿勢が把握しやすかったためか、意外にも調子が良くて、バックフリップとアップフリップをそれぞれ4~5回行い、初めて左向きの姿勢からバックフリップも行うことができました。※これまで、何故か右向きの姿勢からしか行ってなかったんです。

5分も飛ばすとやはり指がかじかんできて終了しました。新年の初フライトも墜とすことなく無事終了です。

この後、ヘリを飛ばされている方から教えていただいた○○総合公園を少し見にいって来ました。

Img_4377

いやー、ここは広い。うらやましい環境です。ただ、駐車場からは機材を下のグラウンドまで運ばねばならないためキャリアが必要になりそうです。下り道には管理事務所もありました。

ちなみに、今朝は駐車場でオンロードのGPカーを走らせている方がいらっしゃいました。

以上

2011年1月 3日 (月)

NEW 送信機Lipo着弾 1/3

大晦日に過放電で使えなくなった送信機用Lipoの代わりのものが届きました。

年内に発送してくれたのですが、宅配業者から電話があったのが元旦。年末年始も休まず営業されていることに驚きました。

Img_4332 届いた荷物はこちら。

注文したのはYハウス。年内発送可能で送信機Lipoの在庫があったお店は少なかったので、限定されてしまいましたが。、さほど性能に影響しないでしょうから、ブランドもこだわらずポチっとしました。

新しいLipoです。VING Power 2600mAh 11.1V、何C対応可能か不明です。

Img_4333

コネクタは、JR/Futaba用療法対応していて、バランスコネクタはXHです。

Img_4334

せっかくなので一緒に注文したのはこちら。

Lipoの充電コネクタ用のTコネクター。あれっ!!!オスとメスを間違えました。工具箱にはオスばかりが溜まっているのに・・・。crying

Img_4337

T-REX450Sport用のバッテリーストラップ。APLUSのLipoはそれまで使っていたALIGNのLipoよりも若干太くて、同じくALIGNのストラップだと短かったので注文。

Img_4339

mSR用のメインモーター。そろそろ寿命かもしれないのでスペアに入手。

Img_4335

mSRのバッテリー充電用のアダプタ。

Img_4338

裏側に注意書きが添えられています。

Img_4345

並列接続なので、複数のLipoを繋いで充電する際には注意が必要とのこと。この事は事前に知っていたので、そのまま使う予定はありません。これまでmSRのバッテリーは、自作ハーネスで3セル仕様にして電圧の確認や充電を行っていましたが、ハーネスへバッテリーを挿し難いのと、3つのLipoの特定(どれがNo.1か?)が難しいので、このアダプタを改造して使えないかと考えています。

送信機用Lipoの電圧をチェックしました。

Img_4340

約65%の状態で、セル電圧は、セル1:3.927V、セル2:3.926V、セル3:3.923V。

Img_4344

バランスは0.004Vと良好でした。

夕食後に送信機Lipoの充電コネクタの半田付けを行いました。Futaba用のコネクタを切って、Tコネクターを半田付けしました。T型コネクタは大きくて、送信機のバッテリー室に収まりが悪いので、小さな他のコネクタに替えたかったのですが、あいにく手持ちが無くてTコネクタにしました。

Img_4352

収縮チューブは面倒なので、ライターの炎をくぐらせて完了です。ハーネスはちょっと長めですので、バッテリー収納室に上手く収まるか心配です。

Img_4351

DSX9に入れてみました。

Img_4354

やっぱりハーネスがごちゃごちゃです。が、何とか収まりそうです。

Img_4355

電源を入れると、正常に起動しました。電圧も、11.8Vと表示されています。

Img_4349

一旦、送信機からバッテリーを外して、EOS0615i-DUO3+にて1C充電しました。

Ving_power_2600mah_charging_graph20

34分半かかって充電完了です。セルバランスは良好ですが、各セルの最終到達電圧が、若干低めで、4.188V、4.185V、4.185Vです。内部抵抗は78mΩと高めでした。飛ばすためのLipoではないので、あまり気にしません。

これでフライトの準備は完了です。

以上

2011年1月 2日 (日)

BLADE mSR 庭練 1/2

お正月2日目の午前中、嫁さんはデパートにお出かけして、お買い物です。

今日も風が無いので、T-REXを飛ばしに行きたいところでしたが、あいにく実家にはmSRしか持ってこれなかったので、庭でホバ練をしました。

飛ばす前に、バッテリーの電圧確認です。自作のハーネスで、3セル仕様にします。

Img_4251

EOS SENTRYで各セルの電圧を確認します。バッテリーはTURNIGY 160mAh 3.7V 30C!です。

Img_4254 No.1の電圧は4.114V。

Img_4255 No.2の電圧は4.118V。

Img_4256 No.3の電圧は4.130V。

満充電状態で保管していたので、電圧降下しています。Lipoには良くないのでしょうが、輸入した安いLipoなので・・・。

Img_4298

風はほとんどないのですが、野外だと少なからず風があるようで、mSRのような超小型の期待は影響します。

1本練習したところで、息子と親戚の女の子を呼んで、写真係をお願いしました。

Img_4306_1 横ホバ

Img_4314_1 対面ホバ

Img_4316_1 ケツホバ

写真は合計20枚以上撮ってもらった中で、いくつかいい写真を取ってくれたので感謝です。多少トリミングして載せてます。

続いて、動画も撮ってもらいました。

子供たちの前で、調子にのって飛ばしていると、

失敗してしまいまいた。

Img_4326

庭木に緑色の紐を張ってあったため、それに絡まってしまいました。墜落もせず絡まっただけでしたので、幸い損傷もありません。

狙ったわけではありませんが、子供たちには大うけでした。

2本目のLipo(No.2)は、飛ばしていると20秒ほどで出力が低下してしまう状態だったので、飛ばし終えた後に電圧をチェックしましたが、特に問題はありませんでした。

Img_4328 No.1 約4分ほど

Img_4329 No.2 途中で中断

Img_4330 No.3 写真撮影で約3分半使用

Img_4331 HyperionのLipo。約5分飛ばした後

もしかしたら温度のせいで、出力が低下していただけかもしれません。

以上

2011年1月 1日 (土)

実家近くの練習場探索 1/1

元旦は、夕方から親戚一同が集まって夕食を共にするのですが、それまでに時間があったので、実家周辺の練習場を探索してきました。

27号さんにお教えいただいた情報を元に、Galaxy Sにブログの写真を表示しながら、車で河川敷をぐるりとひと回りしてみます。

最初は、ANZ橋の東側から河川敷に降ります。

Img_4266 駐車場があります。

川の中州に小さな森があります。

Img_4267

この辺りの河川敷には、野球などのグラウンドが多数ありますが、川岸まで車で入れるところがありません。早朝であればグラウンドで飛ばすこともできそうですが、日中はおそらく困難です。

少し下流に行くと、やっと川岸近くまで車で行けるところがありました。ここからなら川に下りれそうです。北側を見ると、白い鉄塔が見えます。

Img_4269_3 (追加)

車で入ったところから、土手(東側)を見ると、小さな水門と土手の向こう側に学校が見えます。

 

Img_4270 (追加)

河川敷側を覗くと、川の中の森が見えます。ここからなら川辺に入れます。

Img_4268_2 <<< ここが第1飛行場では?

この先は、橋が何本かあって、河川敷を車で通過することが出来なかったので、一旦戻って土手に上がります。

国道を渡るときにスーパー7が3台目の前に!かっこいい!前の2台はケーターハムのようですが、最後の1台はオリジナルでしょうか?

Img_4273

さらに下流に進みます。大きな風力発電の羽根が見えてきました。この先はもうすぐ海ですね。

Img_4277

この橋を渡って、川の西側を北上します。最初に河川敷に降りられるところがこちらです。

Img_4291

写真中央の車止めに車を置いて、徒歩で川に下りてみます。

Img_4282 <<< 第2飛行場ですね!

あいにく富士山は雲に隠れていますが、27号さんのブログの写真にそっくりです。

少し北向きの写真はこちらです。

Img_4283

後ろを振り向くと、3棟高層住宅?が見えます。

Img_4285 (追加)

午後15:00頃ですが、ふと気がつくと、風も無いし温かくて、絶好のヘリ日和!でも、帰省の荷物が多くて、T-REX450は自宅に置いてこざるをえず、唯一持ってきたmSRも実家においてきたまま。残念です。weep

そのまま川の西側を北上しましたが、あまり練習できそうな場所はありませんでした。

帰宅の途中、初詣で賑わうSG山の前を通りました。

Img_4296

今度は、是非T-REX450Proを持ってきて、飛ばしてみたいと思います。

以上

BLADE mSRの修理 1/1

帰省すると実家に連絡した際に、親父からmSRの修理を頼まれていました。お雑煮をご馳走になった後に、暇になったので修理を済ませてしまいます。

まずは故障箇所の診断から、と思ったのですが、破損箇所は明白でした。メインプレードホルダーが千切れています。

Img_4225

ひとまず、ここ以外の破損箇所は見当たりません。

Img_4227

ブレード自体は割れも欠けも無いので、そのまま使えそうです。予備部品もあるので、早速交換です。

Img_4228

リンケージを外すついでに各部をチェックしたところ、

Img_4223

スワッシュプレートの上下のガタが大きいので、ツールを用いて調整することにしました。

Img_4246

使い方を忘れてしまったのですが、マニュアルがありません。スマートフォン(Galaxy S)でネット検索して、マニュアルをダウンロードして、参照しました。こういう時には便利です。

調整のために、サーボからスウォッシュプレートに繋がるリンケージを外そうとした時に、

Img_4231

ガーン!片側のリンクボールがもげてしまいました。

Img_4242

修理をする箇所が増えてしまいましたが、幸いスウォッシュプレートの予備もあったので、交換します。

まず、メインローターハブを外します。

Img_4238

続いて、ミキシングフライバーを外します。

Img_4237

アンチローテーションカラーを外します。

Img_4239

すると、スワッシュプレートが抜ける状態になります。

Img_4240

新しいスワッシュに交換して、元通り組み立てます。

Img_4243

メインブレードホルダーを取り付ける前に、

Img_4244

赤い調整ツールを下図のように使用して、高さを合わせるよう、下から押します。

Msr_swashplate_adjustment

しかし、以前調整したときに比べると、少しガタがあるようです。

Img_4247

修理は完了です。

Img_4250

国内販売品のため、キャノピーが赤い機体です。

調整フライトを行いましたが、モード2のプロポをそのまま使用したため、苦労しました。トイヘリを少し飛ばした人(親父)は、モード2の方が馴染みやすいようです。モード1に慣れた私がモード2のプロポを持つと、浮かすのがやっとです。舵の打ち間違いも多いのですが、mSRが安定しているので、何とかなりました。

ひとまずミソスリも発生せず、無事浮いたので、多少トリムを合わせて終了です。

以上

謹賀新年!

新年明けましておめでとうございます。

ブログを始めて1年と7ヶ月、昨年はブログを通じて同じ趣味を持つ方とも知り合うことが出来て、とても充実した1年でした。趣味の電動ヘリの2010年の目標は「対面ホバを習得し、3Dの技が一つ出来るようになること」でした。この目標はクリアすることが出来ましたので、2011年は「背面ホバが出来るようになること」を目指して、無理せず頑張りたいと思います。

本年も何卒宜しくお願い致します。

Img_4208_1_2

趣味を楽しめるのも、仕事はもちろん家族あってのことですから、日頃から特に嫁さんには感謝の気持ちを忘れないように、心掛けます。

20111_6

今年息子は小学生になります。甘えん坊の一人息子ですので、無事に小学校生活に慣れてくれるといいのですが。心配です。

以上

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »