2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 早朝練習 1/9 | トップページ | 朝練中止 1/16 »

2011年1月15日 (土)

MSR用Lipo 3セル化ハーネス 1/15

Tanaさんからリクエストを頂きましたので、私が使用していますMSR用の1セルLipoの3セル化ハーネスの製作方法をご紹介します。

準備するものは、

1)3セル バランスコネクタ(ハーネス付き) ALIGN用 x1本
  ハーネスは10cmくらい必要です。

2)1セル用バッテリーコネクタ(ハーネス付き) x 3個
  ハーネスは10cmくらい必要です。

3)T型コネクタ x 1個

4)ケーブル(10cm程度) 赤/黒 各 x 1本

5)収縮チューブ 1cm x 6本 (T型コネクタ用2本、ハーネス半田付け箇所)

と、半田付けの道具一式(コテ、半田、フラックスなど)です。

製作するハーネスの完成形はこちらです。

Img_4405

配線を、図示するとこうなります。

Msr_lipo_3cell_harness_figure1

回路図風に書いてみました。

Msr_lipo_3cell_harness

※書いた後に気がついたんですが、上の図と上下が逆でしたので、ご注意下さい。

※もし上記の配線図などに間違いがあってもご容赦下さい。製作は必ず自己責任でお願いします。

ハーネスの半田付け箇所に、各3本づつ端部を剥いたハーネスをよって半田付けして、収縮チューブを被せるだけですから、簡単と思います。

これで3セル160mAhのバッテリーになりますので、EOS0606iで充放電が可能になりますし、EOS SENTRYでも電圧確認が可能です。

同様に2セル仕様も製作できると思います。今思うと2セルの方が使いやすかったと思います。この状態(3セル仕様)でも2つLipoを接続すれば、EOS SENTRYで電圧確認は可能です。ハイペリオンタイプのバランスコネクタは調べていないので結線方法は分かりません。

No.1から3までのLipo接続用のハーネスの区別がつきにくいので、テープなどで目印をつければよいでしょう。

最近の使用方法は主にバッテリー電圧確認用で、充電は120SRに付属していた充電器(下の写真)を使うことが多いです。その理由は、あまり多くの本数を1回で使用しないことと、持ち運びに便利だからです。

Img_3392

充電電流を選べますし、ACアダプタもさほど大きくないので、mSR用にもよく使用しています。

以上

« 早朝練習 1/9 | トップページ | 朝練中止 1/16 »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

たっくんぱぱさん

早速有難うございます。
とても解りやすいです。明日にでも、材料を揃えたいと思います。
写真付きで私でも出来そうです。2セルで挑戦してみようと思います。これで電池管理が格段に楽になりそうです。

Tanaさん、どういたしまして。

もう一つ、改良点を忘れてました。
接続するコネクタが、すべて同一方向ですが、今考えると回路図のようにバッテリーと充電&バランスコネクタを別方向に分けた方が取り扱いが良かったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早朝練習 1/9 | トップページ | 朝練中止 1/16 »