2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月20日 (日)

東日本大震災 3/20

この度の東日本大震災にて被災された多くの皆様に、心よりお見舞いを申し上げると共に、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

3月11日(金)午後に発生した地震およびその地震による津波から約10日が経過し、次第にその被害状況の甚大さが明らかになりつつありますが、未だに死者・不明者数ともに日々増加している状況です。さらに地震および津波による福島第一原子力発電所の事故も、当初の報道から時間が経過するにつれ被害状況が拡大し、憂慮すべき状態を脱しておりません。

幸い私の住む地域は震度が3で、地震の際には周期の長い揺れが数分間程続いたものの、オフィスも自宅も全く被害はありませんでした。被災された皆様の生活を思うと、この何不自由ない日常生活を申し訳なく感じてしまう毎日です。

深刻な被災を受けた仙台には、学生時代に4年ほど住んでいたこともあり、現在も多くの友人が市内および近郊に在住しています。震災の後、友人の安否が大変心配でしたが、その後数名の知人に連絡が取れ無事が確認できました。地震発生時に出張で東京に来られていた方から、仙台に帰る道中および津波の被災地を目の当たりにした様子についてメールを頂きました。TVでは毎日被災地の映像が配信されていますが、その友人のメールの中に書かれていた”真っ黒いドスグロイ世界”という表現が頭から離れません。しかし、津波の被害を受けなかった地区では震災後4日ほどで水道以外のライフラインが復旧し、さらに仕事の再開に向けて動き始めている方の話をお聞きすると、被災された皆様の力強さを感じます。

私の住む地区では震災の影響がほとんど無かったとはいえ、仕事の面では先週の1週間で既に様々な影響が出始めていました。中でも海外より日本に来られて仕事をされていた方々の地震および原発事故に対する恐怖は、只ならぬものであったようです。3月15日夜の静岡県東部を中心とした地震の翌日には帰国された方、また海外の自社から帰国の指示が出た中で我々と共に仕事をし帰国を躊躇っている方などがおられました。また、お客様やお取引先様の中には直接被災された方もおられ、これからも引き続き部品調達や円高などの影響が懸念されますが、被災地の皆様のことを考えながら、慌てず冷静に対処してゆきたいと思います。

私には会社などを通じた募金などにて被災地へ支援する程度のことしかできませんが、被災地の皆様には一日も早く”普通の生活”が出来る環境を取り戻されることを、心よりお祈りいたします。

以上

2011年3月 6日 (日)

送信機用充電池 3/6

今朝発覚した送信機Lipoの過放電。

早速、新しいLipoを注文しようとも考えたのですが、少し思いとどまりました。

DSX9に付属していた充電池がこちらです。

Img_4948

9.6V 600mAhのNi-Cd電池です。この電池で問題なのは、

1)容量が少なすぎるために、すぐ充電が必要になること。

2)送信機本体にDC電源を接続して充電するため、外して急速充電が困難なこと。

Img_4949

つまり、電池がなくなると、すぐ充電して使えないことです。この2点が解消されれば、別にLipoでなくても良いわけです。

そう言えばDSX9の導入時に、いざという時のために、単3電池用の送信機用の電池ケースを購入していたのを思い出しました。

Img_4951

これに単3型の充電池を組み合わせても役割を果たすことが出来ます。単3型の充電池と言えば、eneloopです。

Img_4952

以前Wiiのリモコン用などに購入していて、ちょうど使っていないものが8本ありました。早速、送信機に装着してみます。

Img_4953

電圧は、1.2V/本 x 8本なので9.6Vになりますが、満充電状態で送信機に装着すると、10.9Vになりました。

Img_4954

Lipoでは12.6Vくらいになるので、かなり電圧は低めです。しかし、もともとのニッカドバッテリーも9.6V仕様ですから問題は無いはずです。

何しろeneloopの容量は2,000mAhです。標準のニッカド比でも3.3倍程度、送信機用Lipo(2,600mAh)と比べても76%ほどの容量は確保できます。

よく考えると、BLADE mSR用の送信機DX6iは付属していたSpectrumブランドの単3型ニッケル水素充電池x4本で使っていました。こちらは1,500mAhとeneloopほどの容量はありませんが、eneloop用の充電器で充電することが出来ますし、電池が無くなって来たらeneloopoと交換すればよく、さほど充電が苦ではありません。

Lipoのような急速充電はできませんが、過放電によるリスクを避けるためにも、当分はeneloopで行くことにしました。しかし、昨年末には何故このことに気がつかなかったんでしょう?慌ててはいけませんね。

以上

送信機Lipo過放電 3/6

早朝練習に出掛け、いざ飛ばそうと送信機の電源をONしようとしたら、既にONされているではありませんか?

ガーン!SWをONし直しても、電源は入りません。昨年末に同じ失敗をしたばかりにもかかわらず、またやらかしてしまいました。

自宅に帰って早速Lipoの確認です。

Img_4944

SWをON/OFFしても、うんともすんとも動く気配がありません。

送信機のバッテリー部を開けてみると、少し膨らんだLipoが見えます。

Img_4945

取り外してみると、かなり膨れてしまっています。

Img_4946

EOS SENTRYで電圧を測ろうとしましたが、全く電圧が検出できません。

Img_4947

この後、EOS0615i DUO3+でも電圧を確認しましたが、セル電圧が検出できませんでした。完全に放電し切っているようです。

過放電には注意していたつもりが、これで2回目。事故にはならずに済みましたが、Lipoの過放電はやはり危険です。

送信機の電源OFF忘れを防ぐいい方法はないでしょうか?

以上

第1飛行場閉鎖 3/6

昨日は、先週の疲れで寝過ごしてしまって早朝練習をお休みしました。

今日は!と意気込んで出掛けたのですが・・・。いつもの第1飛行場に着くと、工事が始まっていました。とうとう第1飛行場は閉鎖です。

Img_4941

入り口にはゲートが設けられて入れません。

Img_4942

敷地全体が覆われ、入り口近くにはプレハブの工事管理事務所まで出来ています。

Img_4943

既に工事は始まっていて、地面が掘られています。残念ですが、もう第1飛行場での練習は出来ません。

と言うことで、近くの空き地に移動して、練習をしようとしたところ、新たな問題が発覚!

今朝の早朝練習は断念しました。

T-REX250の修理&アップデート状況を上空フライトで確認したかったのですが、次回に持ち越しです。

以上

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »