2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 早朝練習 mCP Xはどうなった? 5/22 | トップページ | mCP X 互換部品(スピンドル) 5/29 »

2011年5月23日 (月)

ヒロボー新型450クラス機体 5/15

遅くなってしまいましたが、静岡ホビーショーのヒロボーのブースで展示されていた、注目の新しい450クラスの機体についてレポートします。

キャノピー付きと無しのモデルが一番端っこの壁際に展示されていました。よく見ると、キャノピー付きはフライバーレスで、無しはフライバー有のモデルです。

Dsc_3795_2

ブースの中央ではS.R.B EUROCOPTER EC145のデモフライトをしており、人もEC145に集まっていて、壁側を見ている人が少なく、うっかり見落とすところでした。

説明は、この2機の実物と、こんなディザー広告風のチラシがあるだけです。

Dsc_3812

スペックは左側に書かれています。

<仕様> ( カッコ内はT-REX450Proのスペック )
・全長:640mm ( 635mm )
・全高:210mm ( 230mm )
・全幅:120mm ( 不明 )
・メインローター径:745mm ( 710mm )
・テールローター径:156mm ( 158mm )
・ギア比:1:11.5:4.4 ( 1:10.7:4.24 )
・重量:630gバッテリー含まず  ( 450g バッテリー&メインブレード含まず)

<セット内容>
・カーボンフレーム
・金属ローターヘッド
・FRP塗装キャビン
・325mmカーボンブレード ( 325mm )
・金属製テールユニットケース
・モーター:3500kv ( 450M 3500kv )
・アンプ:40A ESC with BEC 5V2A ( RCE-BL35X 35A Brushless ESC )

<別売品>
・推奨バッテリー:Lipo 3S1P 2,100-2,500mAh
(適合バッテリー寸法: 100x35x25mm)
・推奨サーボ:FUTABA S3145 / S3156 / S3157

です。

詳しく比較していませんが、T-REX450シリーズとほぼ同じスペックです。

まずは、キャノピーの横から。白いキャノピーですが、これもありかも。

Dsc_3797

メインギアの上と下で、メインシャフトをベアリングブロックで保持する構造です。T-REX450は上側だけですから、この方が振れも出にくいでしょう。

ヘッド周りです。手前の機体はフライバーレスで、ブルーアルマイト仕上げのパーツです。

Dsc_3798

奥のモデルはバー付きです。

Dsc_3799

T-REX450Proと比較すると、ミキシングアームの取付け位置と角度が90度違います。

アームのリンケージの位置が何箇所か選択できるようです。

スワッシュのサーボの位置は前2個、後1個のCCPMですが、アンチローテーションブラケットが前側です。この方が、後ろ側サーボのホーンが外しやすいですね。

Dsc_3800

フレームはサーボのところで上部は開いています。良く見るとメインシャフトを留めるベアリングのブロックで繋がっています。ちょっとフレーム剛性が心配です。

モーターは前側上から下向きで取り付けます。これはメインギアの位置が比較的低めなのでこうなったのでしょう。

バーレス機のジャイロは、FUTABAのCGY750 3軸ジャイロが付いていました。

Dsc_3801

こちらがテールです。はっきり写真で判別できませんが、両引きのようです。

Dsc_3802

テールはベルト駆動でした。個人的にはシャフト駆動の方が好みです。

Dsc_3803

後ろ側のサーボは、メインシャフト周辺に配置されておらず、少し後ろに配置され、リンクを介してスワッシュを動かす構造です。しかもリンクは前側用サーボをわざわざ避けて、リンクの取り付け箇所を確保し、逆向きに折り返しています。

このクラスだったら直接駆動の方がシンプルでいいと思うのですが・・・。

Dsc_3805_2

バッテリーの位置と取り付けは、450Proとほぼ同じです。450クラスは、ほとんどの機体が、3S1P 2,100~2,300mAhのLipoを使っているので、共用ができるので助かります。

Dsc_3809

デモ機には2,200mAhのLipoが使用されていました。

前から見た写真もなかなか。

Dsc_3808

もしこれでT-REX450SportやProとほぼ同じくらいの実売だったら、是非考えてみたい機体です。

HIROBOさん、頑張ってコストダウンしてくださいね!

以上

« 早朝練習 mCP Xはどうなった? 5/22 | トップページ | mCP X 互換部品(スピンドル) 5/29 »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

値段しだいですね~
まぁ、作り次第ですがFBLの素キットで3万超えるような気も・・・
誰が買うんだ(^^;

こんばんは!

ヒロボー450のレポ待ってました♪
詳細なレポありがとうございます。T-REXとはかなり構造の違いがありますね。
さて、それぞれ飛びやメンテナンス性にどのような違いが出るでしょうか?

しかし、ブルーアルマイト仕上げってのがいかにもヒロボーですね(笑)。
値段もいかにもヒロボーにならないで頑張って欲しいものです。

こんばんは!
あれれ、私は完全に見落としましたよ(滝汗
このようなものがあったとは全く気が付きませんでした・・・
ちなみにバー付きの方のヘッド回りは私が先日購入したKDS450quietの構造ととても似ています。
ただし、スワッシュはアンチローテーションブラケットが後ろ側です。
見た目はやや構造が複雑そうで、実際組立メンテも少しだけ手間がかかりそうです。

yastranaさん、こんばんは。

同感です。フライバーレスの素キットで3万円超えると厳しいですね。
T-REX450ならSportのSuperComboが買えちゃいます。think

AIRCREWさん、こんばんは。

ブルーアルマイトの感じが、T-REX450Sportとは微妙に違って少し濃い感じだったのですが、個人的にはこの色の方が好みで、キャノピーの形もT-REXよりもかっこいいと思いました。goodヘッド回りの構造も違いますし、どんな飛びになるのか少し興味があります。
後は、やっぱり価格ですね!think

27号さん、こんばんは。

ブースの隅っこに展示されていたので私も危うく通り過ぎてしまいそうでした。
おおおっ、KDS450quietshineを購入されたんですね!おめでとうございます。happy01
フライバーレスは構造が簡単ですが、バーつきの方の構造がいまいち良く分からないんです。T-REXしか知らないものですから、なおさらかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早朝練習 mCP Xはどうなった? 5/22 | トップページ | mCP X 互換部品(スピンドル) 5/29 »