2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1セルLipoが測れる電圧計 5/9 | トップページ | 測定器や工具購入 5/11 »

2011年5月12日 (木)

mCP X修理 5/12

昨晩、この前の日曜日に墜としてしまったmCP Xの修理をしました。

メインギアが抜けかけてベアリングが上下ともフレームから飛び出していましたので、とりあえずヘッド回りを分解して、各部のチェックを行うことにしました。

Img_5773 ※ベアリングが飛び出てます。

メインギアを指で引き抜きます。シャフトにはDカットがあり、ギアの周り止めになっているようです。

Img_5774

メインギアはこちらです。写真だと分かり難いのですが、切れ目があります。

Img_5775

樹脂部品をシャフトに押し込んでいるだけですので、急なピッチ変化で抜けてしまったのでしょうか。

シャフトを引き抜くにはスワッシュのリンケージロッドを外さねばなりませんが、このサイズのボールリンク外しもありませんし、力を掛けると先端のボールがもげそうで、慎重に取り外しました。

Img_5778

やっとシャフトが抜けました。スワッシュプレートは上方向には抜けません。どうもシャフトの先端のネジ穴部が少し太っているようです。ストッパーを外してから下方向に抜きました。

Img_5779

これがメインシャフトを支えるベアリングです。外したついでに給油しておきます。

Img_5781

シャフトの曲がりも無く、他にも損傷は見あたりません。

Img_5786

フレームにベアリングを入れてシャフトとギアを組み込みました。

Img_5785

確かに、指で押す程度で入ってしまいます。組み直すだけではまた再発しそうなので、ギアの抜け防止策を考えてみました。

シャフトの上部には、メインローターハブを取り付ける穴があり、ネジ止めしています。

Img_5782

そうです。メインギアにもすり割りがあり、シャフトとネジ止めしてしまえば抜け防止策になりそうです。メインローターハブを取り付けるネジは、M1.2のタッピングスクリューです。

Img_5787

ハードウエアセットに同じネジが入っていましたので、このネジを使います。

Img_5795

シャフトにはピンバイスを使ってφ1.0mmの穴を開けることにしました。

Img_5788

先端に穴を開けたので、シャフトの端部まで割れてしまいました。

Img_5791

割れには目をつぶり、ギアを留めてみます。こんな感じになりました。

Img_5792

テールローターは、テールブレードが少し押し込まれています。

Img_5799

メインブレードの先端には傷がありましたが、予備が無い(別タイプは未使用)ので、そのまま使います。

Img_5797

グリップは特に問題ありません。ヘッド回りを組み立てて完成です。

Img_5800

結局、メインギアの抜けを治しただけで部品の交換は要りませんでした。

メインギアの抜け防止は横から見るとこうなりました。

Img_5801

これで抜けが再発しないといいのですが・・・。

早速、和室で修理の結果を確認しました。

プロポのスロットルスティックを上げても、一向にローターが回りません。受信機が壊れてしまったのでしょうか?何度かSWを入れなおしたりしている中で、機体のLEDが早く点滅していることに気がついて、もう一度BINDをしなおしてみました。

すると、サーボが動き始めたではありませんか!動きを一通り確認し、ゆっくりとスロットルを挙げて、機体の様子を見ながら、浮かせてみます。

すーっと50cmくらい浮かすと、安定してホバリングできました。

原因はメインギアの抜けかけと思っていましたが、もしかして急にBINDが外れてしまい、墜落したということもあるのかもしれません。今となってはどちらが先か分かりません。

少々気持ち悪いのですが、部品交換なしで修理できたので、とりあえずは良かったです。

また次回調子を見ながら、フリップに再挑戦したいと思います。

以上

« 1セルLipoが測れる電圧計 5/9 | トップページ | 測定器や工具購入 5/11 »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
ギア抜けですが
ここが回って墜落時の衝撃を逃がす構造になってるとHorizon Hobbyの説明にありました。

一度墜落すると抜けやすくなりますがフライト中に勝手に抜けるようならマニュキュアのコーティング.剤を塗ってやると抜けづらくなります☆

おはようございます。
そうなんですか、わざと抜けやすい構造にしているとは知りませんでした。eye
マニュキュアのコーティング剤の情報ありがとうございます。早速嫁さんに持っているか聞いてみたら、残念ながら持っていませんでした。weep

ぱぱさん、ご無沙汰でどもです。
ギア抜け防止しちゃうと、ヘッド周りが壊れるか、今回固定したプラスチックギアがモーターの金属ギアで削られちゃいますよ!

T-REXじゃないけど、もどきのHK450購入しちゃいました。まだ届いてないですけど、、、どんどん泥沼に(笑

tomokichi さん、お久しぶりです。

ギア抜けを防止してしまうと、結局他のところが壊れてしまうんでしょうか?ただ、今のままではフリップした途端に抜けてしまって制御不能になった可能性が高いと思いますので、何かしらの抜け防止をしないと目的の3Dの練習が出来なくなってしまいます。weepやっぱり、H2Aさんからお教えいただいたマニュキュアのコーティング剤か普通のネジロック剤あたりが無難でしょうか?

ところでHK450購入されたんですね。インプレをお待ちしてます♪happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1セルLipoが測れる電圧計 5/9 | トップページ | 測定器や工具購入 5/11 »