2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« mCP X用新Lipoテスト 6/25 | トップページ | mCP X テール改良 6/25 »

2011年6月25日 (土)

mCP X テールモーター換装 6/25

新しいTurnigy nano-tech 300mah 1S 35cのテスト後に、さらにテールの押さえを改善するために、モーターの換装を試してみました。

φ6のモーターで手ごろなものが見つかったので購入しておいたのがこちら、ミニュームAD キャリバー120用のテールモーターです。

Img_6424

mCP X用のモーターよりもパワーがあることを期待して・・・。機体自体もミニュームの方が多少大きいと思いましたので。

まずテールブームを外します。なかなか抜けないため、ラジペンで引っ張ったり、何度か試していたら、突然基板に取り付いていたコネクタごと、引っこ抜けました。

Img_6416

コネクタのピンの保護用の収縮チューブまえ裂けているので、相当力を掛けてしまったようです。反省。

テールのカーボンロッドは周り止めのDカットが5mmの範囲で両端に施されていました。

Img_6417

しかし、エナメル線2本は細いですね。

テールモーターの後ろ側のカップを興味本位で外してみましたが、何も無くて残念。

Img_6419

純正とミニュームAD用のモーターを並べてみました。

純正の方が長いじゃありませんか。ということは、パワーがあるのが純正と考えるのが普通です。

Img_6423

どうしようか迷いましたが、せっかくなのでモーター交換を試してみることにしました。

モーターを換装するには、どこかで配線を切って、半田付けしなおさねばなりません。コネクタ部分の収縮チューブが傷んでしまったので、この部分の半田を溶かして配線を外しました。

Img_6418

半田ごての出番です。

Img_6436

テールモーター取り付けブラケットの中も配線が通ってます。

Img_6426

基板へ接続する部分のコネクタを再度半田付け。

Img_6432

続いてテールモーターを換えます。

Img_6434

エナメル線は単線で細いので、半田付けが難しいです。オリジナルのモーターの配線部の収縮チューブを外すのが難しく、外したモーターの配線が少々汚くなってしまいました。

Img_6430

機体へはこのように配線を外回して取り付けました。φ6mmなのでモーター取付け用のブラケットにもちょうど良い感じで入りました。

Img_6442

少し長さがあまってしまったため、テール近くで折り返しています。

Img_6443

室内でローターを回してみると、テールも回ったので、接続は問題無さそうです。

庭に出て早速飛ばしてみます。

Img_6444

浮きます!ホバリングも出来ました。

しかし、テールの調子は弱弱しくて、上昇/下降でクルッと向きを変えてしまうほどです。

1分も飛ばさないうちに、上昇後に風にあおられて墜落!

Img_6448

ガーン!テールがポッキリと途中で折れているではありませんか!

Img_6449

mCP XへのミニュームAD キャリバー120用テールモーターへの換装は完敗でした。

もうちょっとパワフルなモーターが欲しい・・・。

以上

« mCP X用新Lipoテスト 6/25 | トップページ | mCP X テール改良 6/25 »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« mCP X用新Lipoテスト 6/25 | トップページ | mCP X テール改良 6/25 »