2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« T-REX250 3GX搭載パート3 7/23 | トップページ | 町内会&自宅の草取り 7/24 »

2011年7月24日 (日)

T-REX250 3GX 調整フライト1 7/24

今朝方まで調整に時間が掛かってしまったのでほとんど寝てませんが、組み上げるとどうしても飛ばしたくなってしまいます。

ということで朝方、庭で調整フライトをしました。

アメンボを取り付けて、キャノピー無しでの調整フライトです。

Img_6743_2

受信機がなくなったので配線もすっきりまとまっています。

Img_6744

バーレスはヘッド回りがとてもシンプルです。

Img_6745

スロットルを上げてゆくと、少しぎこちない動きをしましたが無事浮き上がりました。

ラダーのREV設定もあっていました。

舵には違和感がありますが、とりあえず少し浮かす分には問題はありません。

ローター音がバー付きの時に比べて違うので、一旦降ろしてトラッキングを確認しました。

Img_6746

トラッキングのズレはほんの少しで許容範囲内です。回転数が上がったのでしょうか?

ホバリングをさせていると、風が吹いて当て舵をした際に、エレベーターがかなり大きく動き敏感なのに気がつきました。また、次第にアメンボの振動が大きくなってきました。

Lipo x1本目はここで終了。

浮かす分には問題なさそうでしたので、2本目は振動の原因になる可能性もあるアメンボを外して、キャノピーも取り付けて飛ばすこととしました。

Img_6747_2

バーレスヘッドになると、だいぶ印象が違います。

Img_6750_2

前からみるとフライバーが無いので、少し頼りなさげにも見えます。

Img_6754_2

飛ばしてみると、テールが小刻みに上下するので、アメンボの振動の原因はエレベーターのハンチングのようです。それにしても、エレベーターの舵の効きは尋常ではなく、怖いくらいです。

一旦降ろして、3GXのボリュームで、エレベーターとエルロンのゲインを50%くらいから、40%くらいに落とします。また、D/Rを70%に落とし、EXPも+30%ほどにしました。

振動は収まりますが、風が吹くと多少テールが振られます。

横ホバへの移行時も多少走り気味になるので注意が必要です。

とりあえずバーレスヘッド+3GXで浮かすことが出来るところまではできましたが、まだまだバー付きの方が安定しています。

たぶん調整不良のところがあると思うので、まずはエレベーターの舵が過敏な部分から原因究明してゆこうと思います。

以上

« T-REX250 3GX搭載パート3 7/23 | トップページ | 町内会&自宅の草取り 7/24 »

電動ヘリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« T-REX250 3GX搭載パート3 7/23 | トップページ | 町内会&自宅の草取り 7/24 »