2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月20日 (日)

Galaxy Sのバッテリー 11/20

そろそろ使い始めてから1年になる、スマホGalaxy Sです。

時々フリーズすることがありますが、Officeのドキュメントもpdfも参照できますし、自宅のメールも見れて、ネットも見れるので重宝しています。

Img_7453

 

唯一の不満点は、使うとバッテリーの減りが早いことです。

韓国出張の際に知ったのですが、Docomo版のGalaxy Sは韓国版のGalaxy Sと比較してスペックダウンしています。例えば、フロントカメラが無い、WiFiのAP機能(ディザリング)が無いなどですが、もう一つ購入時に予備バッテリーとバッテリー専用の充電器も付属していないのです。

ということで韓国出張の折に、バッテリーと充電器を購入してきました。このバッテリーと充電器は、待ちのショップを何軒か回ったのですが販売しておらず、Samsungのサービスショップでないと買えませんでした。

購入したのはこちらです。

Img_7457

充電器の裏側には韓国語が。

Img_7460

蓋をスライドさせて、バッテリーを装着します。

Img_7458

USBケーブルで充電しますが、ケーブルは購入時のものが使えます。充電時間も30%ほどの残量からでも、AC電源であれば、2-3時間で満充電できます。

Img_7459

バッテリーの形状も容量(3.7V 1500mAh)も全く同じです。

Img_7461

Galaxy Sの裏蓋を開けてバッテリーを交換します。

Img_7455

普段はほとんどバッテリーが切れるほど使うことはありません。1日使ってもだいたい60-70%のバッテリー残量なのですが、時々あるのが充電のし忘れです。

これで急なバッテリー切れの心配が減りました。

Img_7465

すでに1か月近く使っていますが、特に問題はありません。7-8回は予備バッテリーのお世話になりました。

しかしSamsungは、1年に1機種以上のペースで新機種をリリースしているのには驚きです。

最近発売開始されたGalaxy SII LTEは、デュアルコアのCPUでさらに操作が快適なようですし、高速なネット環境に加えディザリングも使えるようですし、いいですね。

ちなみに韓国では端末価格は日本よりも高く、Galaxy SII LTEの韓国版は、ウォン安ということもあり約7万円程だそうです。

もう1年我慢しなくちゃ。

以上

2011年11月19日 (土)

中国蘇州 11/8

海外出張で、11/8に韓国から中国の蘇州に移動しました。

午前中まで韓国で仕事をしていたので、上海の浦東空港に到着したのは、21:30頃でした。

入国審査を済ませて、荷物受取場へのエスカレーターを降りるところです。

20111108_214453

新しい空港のようで、とてもきれいでした。

20111108_215204

ここからタクシーで約1時間掛けて、蘇州のホテルに向かいます。

ホテルは五つ星、部屋も立派です。出張でこのようなホテルに泊まる機会は滅多にないので、ラッキーです。

ベットは二つのツインルームでした。

20111110_223515

洗面台です。

20111110_223609_3

こちらがトイレ。ただし洗面所との間に扉はありません。

20111110_223627

こちらがバスルーム。結局、毎日シャワーで、湯船は使わずじまいでした。

20111110_223619_2

翌日仕事を終えてから、お客様と展示会場近くのレストランへ。

こちらが展示会場です。壁全体にライトアップされていて、電力事情は大丈夫なんだろうかと心配してしまうくらいです。

20111110_175328

こちらの建物もライトアップされています。

20111110_175036_3

立派なレストランですが、ここで食事をしたわけではありません。

20111110_175206

この地区はこんな感じで全体的にライトアップされています。

20111110_175630

芸術的なモニュメントもありました。

20111110_175658

外観のきれいな建物ばかり。ただ平日の夜という事もあって、人通りは少なかったです。

20111110_180100

食事をしたレストランです。中華はやっぱり丸テーブルですね。

20111110_180430

食事は、辛い中華料理で、間違って青唐辛子を口にしてしまい、大変でした。

無事?に仕事も終えて、帰りの高速道路からの風景です。

郊外に、高層マンションが多く建設されています。

20111111_113654

韓国と雰囲気が似ているように思います。

この後、浦東空港近くになったところで、モノレール状の線路をすごい速度で走り去ってゆくリニアの列車とすれ違いました。

浦東空港が見えてきました。

20111111_115137

空港の降車場です。天井から突き出た棒がデザインされているようです。

20111111_115426

免税店はこちらです。上海のメイン空港なのですが、小さなショップが並んでいるだけで、仁川空港とは比べ物になりません。それでも、ウーロン茶と胡麻団子とお菓子を購入。

20111111_130803

今回は仁川空港でトランジットだったのですが、同じ航空会社(大韓航空)だったからか、チェックインは浦東空港で両便とも済ますことができました。

20111111_134000

出発は20分ほど遅れました。中国の空港では良くあるみたいです。

20111111_133931

仁川空港のトランジット客用のセキュリティーが混雑していましたが、空港の免税店でお土産も購入する時間も取れました。

仁川→セントレアは、ビジネスのシートにアップグレード!ラッキーでした。

20111111_184133

1時間半ほどのフライトで、無事帰国です。

今月は月末にまた海外出張がありそうです・・・。

以上

2011年11月15日 (火)

韓国ソウル 11/6

11/3から11/11まで海外出張に出かけてきました。

今回は、11/3から11/8まで韓国で、その後直接中国に移動して、11日に韓国経由(トランジット)で帰国する旅程です。

ちょうど週末にかけて連休を取得して旅行に行く人が多かったようで、飛行機もほぼ満席でした。

20111103_092742

韓国にはもう何回となく出張していますが、いつもほとんどお休みが無く、なかなか観光をする機会がありませんでした。今回は11/6(日)に1日お休みになったので、会社の同僚に案内してもらってソウル近辺を観光してきました。

ソウル市内に宿が取れればよかったのですが、前述の理由でどこも満室なのと仕事の関係で宿泊は水原でした。水原から鉄道と地下鉄を乗り継いて、向かったのは明洞です。

あいにく天候は朝から雨模様でしたが、明洞に到着することには雨も止んでいました。

地下鉄を出てすぐ、ソウルタワーが見えました。

20111106_121940

今回はソウルタワーまでは行きません。

早速明洞の繁華街?に入りました。小道の両側に店が所狭しと並んでいます。

20111106_122202

日本人観光客も多く、看板にも日本語が書かれていますし、これなら韓国語がわからなくても全然大丈夫ですね!

看板の向こうに教会が見えます。

20111106_122411

明洞聖堂というカトリックの教会です。手前側入り口付近は工事中でしたが、歴史もあり古い教会で、ちょうどこの中では日曜日のミサが行われていました。

20111106_123230

明洞には帰りに立ち寄ることとして、清渓川(チョンゲチョン)という川に向かいました。

途中にメディアモールという場所を通ると、このような映像装置がありました。

20111106_125403

下側の黒い枠の上部にカメラがあり、写真が撮れて、メールで送信してくれるサービスが、誰でも無料で利用できます。早速試してみたのですが、なぜかメールは届かず・・・。ちなみに上に映っているのが私です。

清渓川(チョンゲチョン)の川縁におりました。現韓国の李 明博(イ・ミョンバク)大統領が、この川の復元と清流化を公約に掲げソウル市長に当選し、現在の姿になったそうです。

20111106_125901

ちょうど当日夜にイベントがあったようで、川の中にはこのような人形が並んでいました。紙で出来ているようで、夜には中からライトアップするようでした。

20111106_130136

下流から歩いてきて、この小さな滝のところが川の始まりです。今回ソウル近辺を案内してくれた会社の友人です。韓国出身なので、強い味方です。感謝!

20111106_130617_2

ここから、景福宮(キョンボックン)に向かいます。途中、光化門広場(クァンファムンクァンジャン)を通ります。

まずは、李舜臣(イ・スンシン)像。

20111106_131556

続いて、世宗大王(セジョンデワン)の銅像。1万ウォン札にも肖像が描かれている李氏朝鮮の第4代国王です。なぜ有名かというと、あのハングル文字を制定させた国王だからです。

20111106_131958

ハングル文字以外にも、天球儀や雨量計、日時計も作られた立派なかたのようです。

20111106_132020 こちらが」天体観測用の天球儀

光化門(クァンファムン) です。この先が景福宮(キョンボックン)です。

20111106_132525

中に入って右側手前に入場券売り場があります。入場料は3,000ウォンでした。

こちらが興礼門です。

20111106_133032

勤政殿といい、国の重要な行事を執り行う中心的な建物です。

20111106_133346

中はこんな感じでした。

20111106_133617

後ろを振り返ると、観光客が一杯です。

20111106_133514

左手に進むと、慶会楼と呼ばれる池に浮いたような建物がありました。

20111106_133940

外国の要人を迎えたり、大宴会を行う建物です。

続いて右手に入ると、交泰殿という王と后が生活していた建物です。

20111106_134221

さらに奥に進むと、庭園に出ました。ちょうど紅葉の季節で大変綺麗でした。

20111106_134526

右手に進むと五重塔があります。

20111106_134923

ここは、国立民族博物館でした。今回は割愛。

20111106_134945

香遠亭と呼ばれる、小さな楼閣が池の中にありました。

20111106_135214

まだこの奥にも建物がありますが、このあたりで引き返すことにしました。

左手の出口より外に出ました。

20111106_140142

通りは、紅葉が綺麗な銀杏並木でした。所々、ぎんなんのくさーいにおいが漂っています。

20111106_140323

光化門に戻ると、ちょうど衛兵の交代セレモニーに出会いました。

20111106_140938

来た道を明洞まで戻り、遅い昼食を食べました。

参鶏湯(サムゲタン)です。人気のお店のようですが、座って注文すると1分くらいで参鶏湯が出てきました。

20111106_144453

久しぶりの参鶏湯でしたが、とても美味しかったです!

近くのお店で、嫁さんへのお土産(化粧品)を買って、南大門を通ってソウル駅まで歩いてゆくことにしました。

こちらが南大門。先日の火災で焼け落ちてしまい、現在修復中です。

20111106_154856

焼け落ちた様子が写真で壁に貼ってありました。

20111106_160430

修復作業は、当時の工法を再現して行われていて時間がかかるようです。

20111106_160310

南大門市場です。こういう雑多な雰囲気もいいですね。

20111106_155259

ソウル駅に到着しました。こちらは旧駅舎。東京駅とそっくりです。

20111106_161502

こちらが新駅舎。いつも空港からのバスでは反対側から入るので、正面を見たのは初めてでした。

20111106_161510

泊まったのは水原のIBISホテルです。

20111108_082535

丸1日歩いたら、携帯の万歩計が22,781歩を示していました。いい運動になりました。

20111106_230118

明洞、景福宮、南大門(市場)とメジャーな観光地を回ることができて、初めての韓国観光はとても充実した一日になりました。

一緒に同行してくれた友人には、本当に感謝!

以上

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »