2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月23日 (木)

ヤマハ inpres X 練習 2/19

新しいクラブの練習に出かけました。しばらくぶりの練習です。

日曜日の午後3時頃の練習場は満席で、2階の打席しか確保できませんでした。本当は新しいクラブの飛距離と球筋をしっかりと把握したかったので、1階がよかったのですが仕方ありません。

Img_8075

まずは肩慣らしを兼ねてこれまで使っていた#7アイアンから。時折右にスライスしますが、まあいつもの調子です。

続いて、inpres X #7アイアンです。

Img_7968

素振りからして”重さ”を感じてましたが、打ってみるとやっぱり重いですね。シュッと振る感じがグイッと振るような感じです。

球筋はMAJESTYよりも少し低めですが、スライスの曲りが少し減った感じです。これはシャフトのトルクがあるからでしょうか?安定感があります。

続いて、#9→PW→52度→58度と短いクラブを試しました。

特にPW以下のクラブは距離もほぼ変わらず方向も安定していて、これはいい感じです。

Img_7988

少し休息を取り、いよいよドライバーを試します。

まずはKATANA SWORDからです。

Img_8076

アイアン同様右に大きくスライスしてしまうことが何度かありますが、中央から右側に少しフェードするような球筋がほとんどでした。

いよいよinpres X V440 POWER LENGTH 10度SRです。

Img_8048

シャフトの長さも重さもあまり感じませんが、振った感じは”硬い”です。

手元調子ということもあり、ヘッドがビュンと走る感じではなく、ブンと振る感じです。

打音も低い音です。球筋は、KATANAよりも明らかに低く、吹き上がる感じがありません。ネットに当たる位置も多少低い位置に感じられるので、飛距離は良く分かりません。

叩いてもあまり右に吹けない感じは○です。

その後はロングアイアン、ショートアイアンと計100球打って終わりました。

帰宅すると少し足がつってしまい、運動不足が露呈してしまいました。

コースに出るまでに、もう少し練習しなくては。

以上

2012年2月22日 (水)

オデッセイ パター 2/20

ヤマハのクラブを購入する前に、新しいパターを入手していました。

それがこちらです。

Img_8003

ODYSSEYのバックストライク セイバートゥースです。

Img_8018

構えた感じはこうなります。

Img_8017

シャフトがボールの真後ろに取り付けられていて、ヘッドがまっすぐに振り出せそうなイメージがあったので、選択しました。

Img_8016

フェースは白い面になっているので、汚れそうです。

Img_8011

グリップにもBACKSTRICKと書かれています。

Img_8014

シャフトの長さは34インチです。

これまでは、ODYSSEYの古いピンタイプのものを使っていましたので、マレットタイプを使うのは初めてです。

バックに入れる際に、ヘッドの大きさに戸惑いましたが、これまでパターのヘッドカバーは常に付けていて、パッティングの際にはカバーをポケットにしまっていたのですが、ちょっとこのカバーでは無理そうです。外したままラウンドするしかないでしょうか?

以上

2012年2月21日 (火)

ヤマハ Inpres X アイアン 2/19

ドライバーと一緒に購入したアイアンセットとウェッジです。

Inpres X V FORGED アイアン #5 - PW x 6本セット、ウェッジ52度、58度の計8本です。

カタログのコピーはこちらです。

V_forged_iron_set アイアン #5-PW の6本。

V_forged_wedge_5258  ウェッジ52度と58度の2本

まずアイアンセットの箱を開けると、上下2段に重ねて入っています。

Img_7949

ヘッドの背面には、”上げて止める軟鉄鍛造”とありますが、違いがわかるでしょうか?

アマチュアなのでしっかり打てないので、上がらず止まらないだけなのですが・・・。

Img_7953

フェースの印象はごく普通のイメージです。2010年の溝ルール改正に対応していると書かれています。

Img_7954

シャフトが選べるのですが、悩んだ挙句かなりうまい知人のお勧めもあり、スチールシャフトのDYNAMIC GOLD S200です。

Img_7966

このスチールの段付きシャフトは、昔使っていたクラブと同じかもしれません。最近軽量のスチールシャフトが販売されてから、流行りだしているようですが、ちょっと重量が心配です。

Img_7956

ネックにはYAMAHAの刻印があります。

背面中央には音叉マーク。

Img_7962 #5アイアン

改めてフェース側です。

Img_7961 #5アイアン

構えたところから見ると、こうなります。

Img_7964

キャビティータイプですが、上から眺めるとすっきりしています。ネックも深いグースタイプではなく、ごく自然な感じです。

シャフトを手にした第一印象は重い!やっぱりシャフトの重さが効いているのでしょう。

グリップにはinpres Xの文字。新しいグリップは滑らなくていいですね。

Img_7960

#5からPWまでの6本を並べてみます。

Img_7996

続いてウェッジです。これまで使っていたクラブは、SWにAWを加えていましたので、アプローチウェッジ用の52°と、サンドウェッジ用の58°です。

カバーには何やら注意書きがあります。

Img_7977

錆びに注意とのこと。ウェッジは仕方ないですね。

Img_7985

58°の背面はこちら。#5-PWまでのアイアンとデザインが異なります。

Img_7987

フェースもよーく見ると、メッキの違いでしょうか色味が異なります。

Img_7998

並べた時のロフトです。

Img_7994

シャフトには、このようなシールが貼られています。

Img_7978

使う際には要らないので剥がしますが、糊がべったりシャフトに残ってしまいました。

Img_7981

いつもの布テープの出番です。

Img_7982

3本分ペタペタやること15分。綺麗になりました。

Img_7984 ピンボケですみません。

それではこれまで使っていたクラブです。

MARUMAN MAJESTY PRESTIGIO 21の#5です。

Img_8024

シャフトはカーボンでフレックスはSRです。

Img_8028

重量は、344gでした。

Img_8029 Img_8030

inpres X V FORGED の#5番は、428gです!カタログでは430gでした。

Img_8022 Img_8023

84g の差は、実に約25%の重量増です。

数値を見てしまうと、振り切れるか心配になってきました。

しかも秤に載せている位置をみると、重心位置が違うので明らかにシャフトの重量差ですね。また、グースネックの深さもMAJESTYの方が曲りが深いです。

続いて、PWで比較してみます。

MAJESTY PWは、374g。

Img_8035 Img_8036

Inpres XのPWは、464g!

Img_8032 Img_8033

差が90g。シャフトが短いPWの方が少し重かったのが意外でした。

さてこのクラブが吉出るか凶と出るでしょうか?近いうちに試打をしにゆくつもりです。

以上

2012年2月20日 (月)

ヤマハ Inpres X ドライバー 2/19

昨年はほとんど行けなかったゴルフですが、年末のラウンドでは調子がよかったので、この勢いに乗るために、思い切って新しいクラブを導入することにしました。というのは建前で、実は昨年の2011年モデルが少し安く購入できたので、チャンスだったからです。

こんな箱に入って届きました。

Img_7933

まずはドライバー、Inpres X V440 POWER LENGTH です。

Img_7937

自分はアスリートタイプじゃないと思うのですが・・・。

Img_7936

シャフトはカーボンのTOUR AD LV-6SRです。イエローが綺麗です。

Img_7940

Sシャフトは硬すぎるそうで、10度のSRシャフトです。

Img_7938

ヘッドスピードは最近測った事がないのでわかりませんが、まだ40m/sくらいはあると期待してます。

付属するヘッドカバー。ちょっとヘッドを入れにくい形です。

Img_7939

ヘッドはこんな形状です。なかなか好みの顔つきです。

Img_7944

Img_7946

こちらはこれまで使っていたドライバー、KATANA SWORDです。

Img_8042

フェースの角度も形状も似ています。

Img_8047 上がimpressです。

シャフトはDiamanaのFlex-Rです。

Img_8038

Img_8039

叩くと右に吹けてOBになるケースがあるので、少し硬めのSRシャフトを選びました。

長さは0.5インチ違いのようで、それほど違いはありません。

Img_8041

重さは、Impressが308g。

Img_8050 Img_8051

KATANAが、ちょうど300gなので、少しだけImpressXの方が重くなります。

Img_8053 Img_8054

持った感じは悪くありません。これは期待できそうです。

以上

2012年2月19日 (日)

ワイパー交換と走行距離 2/19

今年も雪が降りましたが、どうもその頃からワイパーの端が千切れはじめました。

先週、半分近く千切れてしまい、雨の夜の帰宅時に少し怖い思いをしたので、週末にワイパーを交換しました。

いつも車の修理や点検でお世話になっているディーラーさんに電話をしたのですが、なーんと156用のワイパーは”在庫なし”とのこと。注文すれば2-3日、火曜日か水曜日には届くとそうですが、すぐにも交換したかったので、オートバックスで互換品を探すことにしました。

先端が千切れて短くなっています。

Img_8066

1回社外品を使ったことがあって、左右の長さが違うことを覚えていたので、買う前に念のため測ります。助手席側が525mm。

Img_8068

運転席側が545mmでした。

Img_8070

ワイパー売り場には、BOSCH、PIAA、もう1社があります。

車種別適合表を眺めると、156用のワイパーもラインナップしていました。在庫があったのはPIAAでしたので、左右2本購入しました。

取り付け用には5種類ほどアダプターがあって、確かC3というタイプが156用でした。

Img_8072

助手席側の取り付けがキツくて大変でしたが、ほぼ問題なく交換できまっした。

Img_8071

純正品はワイパーが水平方向に曲がっていて、スポイラーが取り付いていますが、購入品にはありません。まあ、大丈夫でしょう。

この後自宅に帰る道のりで、オドメーターを見るともうすぐゾロ目ではありませんか!

ちょっと回り道をして自宅に帰ると、ピッタリ77777kmになりました。

Img_8078

関係ありませんが、こちらがタコメーターです。

Img_8081

そう言えば助手席側のバックミラーをタイラップで固定した状態のままでした。

過去のブログ参照) サイドミラー壊れる

1年10ヶ月そのままで過ごせてしまったことになります。このままで大丈夫かなー?

サイドブレーキのブーツが白くボロボロになってしまったので、こちらは車検の際に交換予定です。

Img_8087

MTのシフトレバーのブーツとレバーの先端部は、前回の車検の際に交換しています。

Img_8088

 

1998年の初期型156なので今年で13年。来月の3月が車検日です。

そろそろ買い替え時かもしれないと思いつつ、なかなか次の車に食指が動かず、また今年も車検を迎えます。

以上

2012年2月16日 (木)

ビジネスバッグ 2/12

普段使っているビジネスバッグを買い換えました。

毎日通勤で持ち歩き、国内外の出張にも持ってゆくバッグなのですが、スーツケース(キャリーバッグ)の柄の部分に差し込んで使えない(古い)のが不便で、そろそろ買い換えたいと思っていたところ、たまたま立ち寄ったお店でセール中のバッグを見つけ、買ってしまいました。

買ったのはこちらです。

Img_7907

メーカーは、あのナイフで有名なVICTORINOX。

Img_7912

パーラメント STYLE:30322701 COLOR:BLACK。帰宅してからネットで調べると、最新カタログには無く、少し前のモデルだったようです。セール中でしたから、おおよそ認識していましたが。

Img_7923

一泊二日の出張はこれ一つでゆきたいので、幅がジッパーで広げられるタイプです。

Img_7909

サイドにエットボトルホルダーが付いています。PATENTED WATER BOTTLE POCKETと書かれているので、特許取得済ということでしょうか?

Img_7910

ネットのある部分がかなり狭いので本当にペットボトルが入るのか?と思ってしまいましたが、伸びるので簡単に入りました。これは便利かも♪

Img_7915

この隙間に、スーツケース柄の部分を差し込むようになっています。

Img_7916

フロントのジッパーを開けると、小物入れ場所がたくさんあります。

Img_7918

中央の一箇所は、赤いタグが入っています。引っ張っても取れません。名札入れでしょうか?名刺ではちょっと大きかったのですが、少しハサミで切って入れました。

Img_7919

こちらがPCを収納する場所です。衝撃吸収してくれそうで取り外し可能なポケットです。

Img_7920

サイドのジッパーを広げます。

Img_7922

5cmくらいは広がりました。普段広げることはまずありませんが、一泊二日の下着やちょっとしたお土産の収納には役立ちます。

Img_7921

実は、TUMIのほぼ同じ仕様のバッグも売っていて悩んだのですが、お値段がかなり違ったので、こちらにしました。

近日中にまた出張予定があるので、早速試してみます。

以上

2012年2月15日 (水)

キッザニア東京その3 2/11

キッザニア東京でのお仕事紹介パート3です。

最初に予約していたチョコワッフル作り体験です。これはお仕事ではなくて、お金(キッゾ)を払って体験するイベントでした。

Img_7784

この体験は、期間限定でおこなわれているものだそうです。

Img_7783

12:50分頃でしたが、既に予約受付は終了しています。

Img_7786

エプロンに帽子を被って、手を洗い準備完了。机に並んで二人づつペアになって作ります。息子は一番左端で、一緒だったのは少し年上のお姉さんでした。

Img_7790

最初は、お菓子の”小枝”を袋の上から潰します。

Img_7794

二人で協力して、粉を混ぜ合わせます。

Img_7802

小枝も混ぜて、係の人に焼いてもらいます。その間、ラッピングの袋を準備します。 紙を折って作るのですが、これが結構大変そうでした。

Img_7808

焼き上がりです。ほんのり甘いチョコの匂いがします。美味しく出来たでしょうか?

Img_7810

先ほど準備した袋にワッフルを入れます。

Img_7814

着替えたら、残った一つをパクリと!なかなかの出来だったようです。

Img_7815

最後に一人一人レシピを貰って終了です。

Img_7826

女の子の参加者が多いイベントですが、息子も楽しかったようです。

お昼時間を過ぎましたが、会場の中の椅子やテーブルは満席で、一向に空く気配がありません。息子も、食事よりも遊びたいようだたので、15:00まで遊んで帰りに食事を摂ることにしました。

最後のお仕事は、建築現場スタッフです。

Img_7669

協賛は大林組。東京スカイタワーと橋を建築します。

Img_7829

待っている間に作業着とヘルメットを着用します。

並んで説明を聞きます。

Img_7832

お仕事は3つあり、橋の建設、クレーンの操作、タワーの建設です。

息子はクレーンの操作をやりたくて仕方がなかたようです。二人の仕事に三人が希望したので、くじ引きをしました。幸い当たりを引くことができて、念願のクレーンの操作担当になれました。

Img_7833

クレーンの操作台に立っていよいよ作業開始です。

Img_7839

タワーのベースを吊り上げています。

Img_7846

横に移動させて、タワーの上に下ろします。各々上昇端、据え切りでOKです。

Img_7850

続いての作業は、もう一人と交代して、旗振り役になります。

Img_7851

タワーのてっぺんが乗りました。

Img_7857

これで完成!ライトONすると綺麗です。

Img_7862

作業が終わったら、みんなで記念撮影です。

Img_7863

クレーンの操作は楽しかったようです。

このお仕事を終えた頃には、もうすぐ終わりの時間でした。計7つのお仕事をすることができました。

キッザニアには銀行があって、お仕事をして貰えるキッゾ(お金)を貯金することができます。

Img_7662

銀行に行ってお金を預けると、お財布とキャッシュカードが貰えます。

Img_7880

こちらがキャッシュカードです。

Img_7881

三井住友銀行が協賛しているようです。

こちらがキッゾです。1キッゾ、5キッゾ、10キッゾがあります。

Img_7883

使えるところを知らなかったので、貯まるばかりでした。

また、仕事をすると、このようなカードも貰えます。

Img_7887

お仕事をすると、写真を撮ってくれて、会場内で販売しています。

なかなか格好良く撮れていたので、買ってしまいました。

Img_7898

15:00の終了直前に会場を後にしましたが、途中でお昼も食べずに遊んでいて、ほとんど座ることもなかったので、かなり疲れました。

キッザニアのあるららぽーと豊洲のショップも見ることなく、地下鉄で有楽町に出て、東京駅で遅い昼食を食べ、新幹線で帰宅しました。

ディズニーランドとはまた違った趣旨の場所ですが、子供の社会勉強にはいいかもしれません。

以上

2012年2月14日 (火)

キッザニア東京その2 2/11

キッザニア東京のお仕事体験パート2です。

建築士に続いてやったのが、こちらのガードマンです。

Img_7689

実は我が家のホームセキュリティーがALSOKなので、お馴染みの会社です。

中を覗くと、金属格子の金庫があります。

Img_7692

上着と作業用ベストを着ました。なんだかそれっぽい姿になってきました。

Img_7697

整列して、いよいよ始まりです。

Img_7705

まずは、敬礼の練習です。

Img_7706

続いて警棒の使い方です。エイっと声をかけながら振り下ろすのですが、ちょっと声が小さかったような。

Img_7708

部屋に入って、お仕事の説明を受けます。どんなお仕事でしょうか?

Img_7711

しばらく部屋で説明を聞いたら、いよいよ出発です。

Img_7716

息子が地図を持って先頭を歩いて行きます。ちょっと回り道しましたが、無事に目的地(三越)に到着です。

Img_7718

何やら相談しています。二人が中に入りました。

Img_7723

後の三人は入口で見張りをしています。

Img_7724

無事に帰ってきました。

Img_7727

今日のお仕事は、三越デパートから原因wp受け取ってくる役目だったようです。

Img_7892

なかなか楽しそうなお仕事です。

続いては、自動車整備士です。

Img_7740_2

待っている間につなぎに着替えます。

Img_7739

このお仕事は、オートバックスが協賛しています。

Img_7735

お仕事は、ミニのタイヤとバッテリーの交換のようです。

Img_7746

ボンネットを開けて何やら覗き込んでいます。

Img_7750

無事終了です。

Img_7751

このお仕事もなかなか好評そうでした。

そろそろ予約している”チョコワッフル作り体験”まで1時間を切ったのですが、間に合いそうだったので、もう一つお仕事をしました。

科学研究所で、菌研究者のお仕事です。

Img_7779

サイエンスラボ(科学研究所)は、ヤクルトの協賛です。

Img_7753

始まるまで少し待ちます。

Img_7756

白衣に着替えて中に入り、まず説明を聞きます。

Img_7766

その後、部屋の奥にある顕微鏡に一人一人座って、何かを観測しているようです。

Img_7769

終わったら、最初の場所に集まって、一人一人発表します。

Img_7777

全員発表が終わると、ヤクルトを一人1本配って乾杯?してました。

Img_7781

息子が見つけた菌は、”ミュータンス菌”。歯を虫歯にする悪い菌でした。

Img_7893

他の子もそれぞれ違う菌を見つけて発表していました。終わると、もう予約していた仕事の時間です。走って次のお仕事へ向かいます。

続きはその3にて。

以上

2012年2月13日 (月)

キッザニア東京その1 2/11

いよいよキッザニア東京です。

入場は列に並んでまずリストバンドを受け取ります。このリストバンドは一回取り付けると取れないので、注意が必要です!

ちょうど入場の時間だったので、あまり並ばずに受付へ。

受付ではWeb予約時の画面に表示されるQRコードを提示する必要があります。

今回はプリンターで紙へ出力するのが面倒だったので、pdfにしてスマホへ送り、そのドキュメントのQRコードを提示しましたが、問題ありませんでした。

50キッゾ(キッザニアで貰ったり払ったりするお金)、JOBスケジュールカード、マップ、割引券をもらいました。

JOBスケジュールカード。この写真は裏面で、表側に体験したお仕事を記入します。

Img_7886

マップです。折り畳めるので便利ですが、お仕事(アクティビティーと言うそうです)の人気度や混み具合などはわかりません。

Img_7901

広げるとこうなります。

Img_7902

割引券です。平日第二部大人無料って、我が家では使えそうにありません。

Img_7905

さて、受付を通り過ぎると、係の人が声を掛けてくれました。

何をやりたいか聞かれると、息子は”警察官”と答え、警察署の前に連れて行ってもらったのですが、警察署の受付の方から、”予約が必要なアクティビティーを先に予約してから来ても大丈夫ですよ!”とのアドバイスを。

食べ物系や乗り物系が人気だそうで、早速食べ物関係のアクティビティーを探したのですが、ピザもハンバーガーも乗り気でなく、結局”チョコワッフル作り体験”を予約しました。

このアクティビティーはこの期間限定のようです。

予約した後に警察署に戻り、9:00になるといよいよ始まりです。

警察署と裁判所が同じところです。

1.警察官

Img_7646

中に入れるのは子供たちだけ。着替えてから、警察官のお仕事を聞きます。

Img_7650

いよいよ出動!一番手間の我が子の敬礼は、ちょっと手が下過ぎだよー!

Img_7653

警察署を出て館内2Fに操作に出かけて、しばらくすると帰ってきました。

何やらパソコンの前でしていますが、報告書の作成でしょうか?

Img_7660

お仕事が終わると、8キッゾと警察手帳がもらえます。

Img_7889

IHIが協賛しているのですね。

Img_7890

一人で大丈夫かなーなんて思っていましたが、全然平気なようです。

2.建築士

続いては、住宅建築現場のパビリオンです。

Img_7666

ダイワハイスが協賛しているようですね。入口横にはこんなオブジェがありました。

Img_7674

作業服を羽織って、中に入ります。

Img_7678

お姉さんに教わりながら、何やら家の設計をしているようです。

Img_7681

出来上がった提案書です。バリアフリーの設計をしたようでした。

Img_7891

ここまでの2ヵ所のお仕事を終わって10:40。1時間半で二つなので、あと何ケ所回れるでしょうか?続きはその2にて。

以上

2012年2月12日 (日)

ホテルからキッザニア東京へ 2/11

キッザニア東京は9:00から始まりますが、入場は8:30頃から行われるそうです。

朝8:00にはホテルを出発することにしたので、ホテルの朝食は7:00からです。

朝食のビュッフェは30階にあり、とても見晴らしの良いレストランでした。

20120211_073311

右手奥にはスカイツリーが見えました。

20120211_073327

とても快適なホテルでしたが、夜寝て朝起きてすぐ出発しなければならないので、ちょっと損した気分です。

お台場からキッザニア東京のある豊洲までは、新交通ゆりかもめで行きます。

以前は仕事で展示会の開催される東京ビックサイトまで、ゆりかもめに乗って行ったこともありましたが、りんかい線ができてからは滅多に乗ることはありません。

朝ですが、土曜日ということもあってか席は空いていました。

Img_7636

ゆりかもめは、高いところを走っていて、窓が広く、景色がよく見えるので子供には好評です。ということで、車中からの景色をご紹介。

フジテレビです。

Img_7634

東京ダイバーシティという建物の手前に、ガンダムが立っていました。

Img_76371

青梅駅横の大きな観覧車です。

Img_7638

しばらく走って、豊洲駅に到着です。

Img_7641

駅からは徒歩で、ららぽーと豊洲のキッザニアに向かいます。

ららぽーと豊洲まではおよそ10分ですが、キッザニアのあるノースポート3階までは少し距離があります。ららぽーと豊洲は、10:00開館なので、キッザニアに行く家族連れのみ、1Fでチェックを受けて館内に入ります。

以上

 

2012年2月11日 (土)

キッザニア東京事前準備 2/11

今日はいよいよキッザニア東京です。

事前情報の入手のために、本を買ってゆきました。

Img_7874

第一部は9:00から始まるのですが、かなり前より並ばないと人気のお仕事はすぐにできないようです。

お仕事大図鑑という切り取って使える冊子が入っています。

Img_7875

この図鑑は、各お仕事の混み具合(A/B/C・・・)、人気度(★の数)が書かれていて、便利です。

Img_7877

お仕事も子供が見てもわかりやすいイラストで書かれています。

Img_7879

息子が一番やりたい仕事は、”警察官”だそうです。あまり混んでいないお仕事のようで、一安心です。

入場できる時間は、第一部が9:00~15:00までの6時間です。どれだけのお仕事をやることができるでしょうか?

以上

東京旅行 2/10

今日は珍しく会社がお休み(3連休)です。

息子を連れて出掛けようと思っていたキッザニア東京の予約(土曜日の第一部)が、昨晩運良く取れたので、急遽ホテルを予約して東京に出かけることにしました。

息子が小学校から帰宅(15:00過ぎ)してから出かけたので、新幹線を乗り継いでホテルに着いたのは、19:00pm過ぎでした。

今回泊まったのは、お台場にある”ホテル グランパシフィック LE DAIBA”です。

嫁さんがネットで探してくれました。

ゆりかもめの台場駅側の入口には、バレンタインデーのツリーがありました。

Img_7606

中に入るといきなり大きな空間ですが、どうも結婚式に使われる場所のようです。

Img_7605

ホテルのロビーです。

Img_7599

この上は、吹き抜けのホールになっています。

Img_7600

フロントでチェックインして部屋に入ります。部屋は20階でした。

3名で申し込んでいたので、息子用にもエキストラベットが用意されていました。エキストラベットも普通のベットと同じです。

Img_7590

化粧台を兼ねた机と椅子です。

Img_7591

クローゼットと給湯台です。この下に冷蔵庫があります。

Img_7592

洗面所はバスとトイレと一緒でしたが、広いので3人で使っても問題ありません。

Img_7595

バスです。

Img_7594_2

シャワールームも付いていました。

Img_7596

バスルームの入口には、バスローブが準備されていました。

Img_7597

ツインのデラックスルームのようですが、なかなかいいお部屋です。

窓から外を眺めると、目の前にはホテル日航東京があり、その向こうにはレンボーブリッジ、さらにその後方には東京タワーが見えました。

Img_7587

右手には、フジテレビのビルがあります。

Img_7585

フジテレビの向かい側には、アクアシティーお台場があります。

夕食がまだなので、これからアクアシティーに出かけます。

Img_7584

アクアシティーまでの途中、ライトアップされたデッキを通ったので、記念写真を撮りました。

Img_7613

スローシンクロの夜景モードで撮ったのですが、息子と嫁さんには難しかったようで、手ブレしてます。

Img_7617

アクアシティーお台場の入口です。

Img_7622

食事は、6Fの”響 お台場店”に入りました。親子3人で入ったところ、”ご予約は?”と聞かれ、金曜の週末だったことを思い出しましたが、無事に席に着くことができました。

入ってから見回すと、窓の外にはレンボーブリッジと東京の夜景が広がっていて、暗めの店内でとてもいい雰囲気です。20:00過ぎでしたし見渡しても子供連れはおらず、ちょっと場違いな雰囲気でしたが、仕方ありません。

料理もとても美味しかったのですが、息子も眠そうでしたし、1時間ほどで食事を済ませて、ホテルに戻りました。

以上

2012年2月 9日 (木)

グランドセイコー 2/9

先日購入した腕時計グランドセイコー SBGR067の保証書が届きました。

Img_7570_2

中には保証書が入っています。

Img_7572_2

立派な台紙に挟まっています。

Img_7573_2

保証書は八つ折りされていました。

Img_7574_2

裏には製造番号やユーザー名、販売店名、購入日などが記載されています。

Img_7575

保証書の送付状です。

Img_7578

”ご愛用の時計をいつまでも”と題した、メーカー修理のご案内。

Img_7579

アンケートです。

Img_7580

立派な保証書が送られてきましたが、もし保証書を無くしてしまったら何か問題があるのでしょうか?メーカーにてしっかりユーザー登録されていれば、問題ないと思うのですが。

とは言っても、捨てるつもりもないわけで、記念にしっかり取っておくつもりです。

購入してから毎日使っていますが、以前の時計に比べると重量があるので、多少重さを感じますが、装着感は逆にいいのであまり気になりません。

最初39mmの外径が少し大きく感じましたが、こちらもだいぶ慣れてきました。

精度は特に測っていないので不明ですが、大きな誤差はなさそうです。

以上

2012年2月 5日 (日)

腕時計購入 2/4

昨年末に愛用していた腕時計が壊れて現在修理中なのですが、思いのほか時間がかかっているので、新しい時計を購入しようかと考えていました。

腕時計壊れる 12/4 ブログ記事

いくつかの候補の中で、ちょうど2012年1月発売予定の時計が気になっていたのですが、この地区の販売店から入手の連絡があったため、今日見に行って購入してきました。

購入した時計は、グランドセイコーの自動巻きモデル”SBGR067”です。

Sbgr067_1 ※SEIKOさんのWEBより拝借

スペックを下記にまとめます。

Sbgr067_specsheet_3

最近の流行でケース径が少し大きくなっていますが、これくらいの大きさであればさほど気になりません。以前の時計の文字盤が白だったので、黒文字盤を選択しました。

ここからは実物をご紹介します。

紙製の箱です。

Dsc_3939

中には取説などと一緒に化粧箱が入っています。

Dsc_3941

それなりのお値段がする時計ですので、ケースも立派です。

開けると時計のお出ましです。

Dsc_3942

時計以外にも立派な二つ折りの台紙が入っています。

Dsc_3945_2

グランドセイコー規格検定合格証明書でした。

Dsc_3948

こちらが取扱説明書です。

Dsc_3951

メカニカルウォッチハンドブックという冊子も入っています。

Dsc_3952

時計を取り出します。

Dsc_3960

光の当たり方で文字盤の色が微妙に違って見えます。

Dsc_3962

購入店で同じグランドセイコーの他のモデル(SBGR053)と比べてみましたが、SBGR053が艶ありのブラックとすると、このSBGR067はマットブラック(つや消し)に近い色合いでした。

文字盤のSEIKOは、プリントではなく立体的です。

Dsc_3964

GSという文字は同じく立体的になっていますが、その下のGrand Seiko AUTOMATICという文字はプリントです。

Dsc_3965

日付表示とリューズ部です。夜11:00過ぎのため、ちょうど日付が変わり始めました。

リューズガードも大きすぎなくて、ちょうどいいバランスではないかと思います。

Dsc_3966

裏側がスケルトン仕様です。自動巻きの内部(キャリバー)を覗くことができます。

Dsc_3970

中身のキャリバーは、 毎秒8振動の”9S65”という型式です。

グランドセイコーには、さらにハイビートな毎秒10振動の9S85というキャリバーがありますが、最大巻上時の持続時間が9S65に比べて短く、実用的なのはこちらかもしれません。

9S85が搭載される時計SBGH005も検討しましたが、ケースが少し大きく、厚い(外径40.2mm、厚さ13.0mm)ことと、お値段がかなり高かったので、SBGR067を選びました。

Sbgr067_3_2 ※SEIKOさんのWEBより拝借

地板に、35石、6つの姿勢と温度で調整済みと書かれています。

Dsc_3973

ローターには、”GS Grand Seiko”と書かれています。

Dsc_3972

テンプが高速に動いているのが見えます。

Dsc_3975

リューズの頭にも”GS”のマークがります。

Dsc_3977

秒針の先端が赤いのが特徴です。

Dsc_3980

腕にはめてみました。以前の時計よりも少し大きくて重く感じますが、ベルトのフィット感はGSの方がいいですね。

Dsc_3993

厚さも、リューズガードもあまり気になりません。

Dsc_3994

ブレスとバックルです。バックルは、左右の小さなボタンを押して外します。

Dsc_3969_2

バックルの表面にもGSのロゴがあります。

Dsc_3968

私は腕が細いので、3コマ半駒をつめました。

Dsc_3997

24時近くになったので日付が変わりかけています。DATEJUSTみたいに”パチン”と切り替わると明確でいいのですが、逆にこれはこれでお昼の12時と夜中の12時の区別がつきやすいので分かりやすいかもしれません。

Dsc_4005

明日までは、箱にしまっておきましょう。

Dsc_4010

箱の蓋の内側には、Grand Seikoのマークのライオン(獅子?)が描かれています。

Dsc_4000_2

外側のマークはこちらです。

Dsc_4001

気になるのは、やはり精度と耐久性です。

以前の時計はアンティークとも言える代物でしたが、そこそこの精度(たぶん日差+2秒程度)でしたし、何よりスキーで雪まみれになっても、床に何度か落としても壊れませんでしたから耐久性は抜群でした。

これからしばらく使って、様子をみてみます。

ところで今回の時計の拡大写真を撮るのには、NIKON D90+TAMRON  SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1(2004年発売)のレンズを使いました。

3脚を使ってMFで撮影しましたが、ピントがばっちりあうといい写真が撮れますが、普段ズームとAF慣れてしまうとなかなか撮影が大変でした。

以上

2012年2月 3日 (金)

降雪! 2/2

全国的に寒さが厳しくなっていますが、私の住む地方でも雪が降りました。

前の晩から少し雪の気配があったのですが、朝起きてみると御覧の通りです。

Img_7556

庭が真っ白です。

Img_7546

玄関前は土のところに雪が残っています。

Img_7554

積雪は2-3cmくらいですね。

嫁さんの車の雪を下したところです。

Img_7548

私の車はそのままで、今日は嫁さんの車で出勤します。

Img_7547

道路は雪が解けたようで、大丈夫そうです。

Img_7552

1/31より、息子の小学校はインフルエンザの影響で、始まる時間が1時間遅くなっています。そういう息子も、先週の火曜日から熱が出てインフルエンザでお休みしていました。

息子はバス通学のため、この日も普段と違うバスで、しかも雪。学校に到着したのは始まる直前だったようですが、何とか無事に到着したようで良かったです。

昨年1月にも雪が降って大変でしたが、今日はそこまでではなく助かりました。

以上

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »