2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ゴルフの練習 3/18 | トップページ | Galaxy S バッテリーの減り 3/23 »

2012年3月18日 (日)

ATLAS GST-3Aデータ分析 3/18

ゴルフの練習場で記録した情報を、帰宅してからデータ分析しました。

GST-3A本体に記録されたデータをまずmicroSDカードに書き出し、そのカードをPCにアダプターを介して接続します。

ユピテルのデータ管理ソフト GOLF SWING TRAINER GST-4を起動して、microSDカードからデータを読み込みます。

そして、データ表示ボタンを押すと、次のデータが表示されます。

1)クラブ別のヘッドスピード

Gst3a_20120318_headspeed

ドライバー(1W)が、平均48.0m/secでした。ちょっと力が入っていたかもしれませんが、47.0m/sec以上は出ているようです。これで、アスリート向けモデルのクラブを持っていても恥ずかしくありません。

5Wで54.6m/secと2回ほど異常に高い数値が出ているのは、ミスショットを計測ミスしているようでした。

2)クラブ別のボール初速

Gst3a_20120318_ballspeed

5Wはミスショットで初速が遅いケースが計測されています。5Iは6Iよりもデータが悪く全然当たっていなかったことが良く分かります。

3)クラブ別のミート率

Gst3a_20120318_meetrate

かなりばらついています。7番アイアン以降のクラブはボールの打ち出し角度のためか、ナイスショットをしてもミート率は高くありません。

GST-3Aが”ナイスショット”と表示する基準1.4以上は、5Wで1回だけでした。1.3以上のミート率でも曲がってしまうショットもあるので一概には言えませんが、ミート率が悪いのはほぼ間違いなくミスショットでした。

イメージボタンを押すと、このような表示が出てきます。

Gst3a_20120318_meetrateimage_w1

どういう計算でドットを表示させているのか分かりませんが、ショットにはまあまあいい打球もあったにも関わらず、真ん中付近のデータがありません。

4)推定飛距離

Gst3a_20120318_estimatedistance

ドライバーでおよそ230ヤードくらいが私の飛距離ですので、概ねデータ通りです。5Iが当たっていなかったことと、7Wが思いのほか飛んでいたので、7Wと5Iの間の距離を打つクラブがありません。もう少し5Iの練習をしないといけませんね。

PWとAWは飛距離の最大と最少の差が10ヤード以内ですので、100ヤードくらいはグリーンが狙いやすそうです。

統計処理されてグラフ化されると、とても見やすくて苦手なところが良くわかります。GST-3Aは使えそうな感じです。

この状態でコースにでるとミスショットで自滅しそうです。まだ新しいクラブでは、これが2回目の練習なので、ロングアイアンとFWを特に集中して練習するつもりです。

以上

« ゴルフの練習 3/18 | トップページ | Galaxy S バッテリーの減り 3/23 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴルフの練習 3/18 | トップページ | Galaxy S バッテリーの減り 3/23 »