2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヤマハ Inpres X フェアウェイウッド他 3/11 | トップページ | EXILIM EX-FC200S 3/14 »

2012年3月13日 (火)

ATLAS GST-3A 3/13

ゴルフクラブを新朝し、なんだかその気になってしまって、いくつかゴルフグッズを購入してしまいました。

まず最初がこちら、ユピテル製ATLAS GST-3A、ヘッドスピード計測器です。

Img_8242

本当ならクラブの購入前に、ゴルフショップ等で調べるべきなのでしょうが、新しいクラブの”アスリート向け”、”ヘッドスピード41-46m/sec”といった表記が気になって仕方ありません。

ゴルフのうまい友人には以前、練習場やショップでのヘッドスピードではなくて、ラウンド中のヘッドスピードが大切で、簡単に計測できる機器があると聞いていました。

少し前には、クラブのヘッドにマグネットを取り付けて計測するタイプが発売されて人気だったようですが、最近は何も貼る必要なく計測できる機器が主流のようです。

Img_8246

ユピテルは、車のオービス探知機で有名なメーカーです。電波を使った計測器ですので、きっと得意な分野の製品ではないかと思い、また商品のラインナップも豊富で、お値段もお手頃だったため、この機種GST-3Aに決めました。

箱を開けます。

Img_8247

単4の電池が4本付いていて助かります。

本体の入ったプラスティック容器の下に、マニュアルが入っていました。

Img_8248

さらっと目を通しましたが、使い方は簡単のようです。

本体がこちらです。

Img_8250

電波を発し、受信する部分はこちらです。プラスティックに覆われているだけです。

Img_8253

裏蓋を開けて電池を入れますが、ここにmicroSDカードが入るソケットがありました。

2GBまでのカードを入れると、履歴データを保存することができるようです。

Img_8255

買い忘れたので、電池を入れます。

Img_8257

電源SWを長押しすると、電源が入りました。

Img_8258

動作確認も兼ねて使ってみたかったのですが、部屋の中でクラブを振るわけにもゆきません。

マニュアルを見るとパターでも計測できるようなので、クラブでPtを選択し早速室内で試してみました。

Img_8259

最初は何度打っても計測できなくて、もしかして故障?と思いましたが、単純に本体の向きが反対だっただけでした。

リビングのラグが狭いので、いろいろな強さで打つことができず、計測データの信憑性はwかありませんが、とりあえず数字が表示されました。

週末に練習場で試してみたいと思います。

以上

« ヤマハ Inpres X フェアウェイウッド他 3/11 | トップページ | EXILIM EX-FC200S 3/14 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマハ Inpres X フェアウェイウッド他 3/11 | トップページ | EXILIM EX-FC200S 3/14 »