2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 腕時計修理完了 3/8 | トップページ | ATLAS GST-3A 3/13 »

2012年3月11日 (日)

ヤマハ Inpres X フェアウェイウッド他 3/11

ドライバーとアイアンセットに遅れて、フェアウェイウッドとキャディーバッグが届きました。

これでやっと全部揃いました。

Img_8184

左がフェアウェイウッド、右がキャディーバッグです。

まずはキャディーバッグより。クラブとお揃いのインプレスです。

バッグには全くコダワリはなかったのですが、古いキャディーバッグには最近の長尺ドライバーが入りにくいことがわかり、クラブに合わせて更新しました。

Img_8185

ちょっと地味ですが、YGAM1596 ブラックxブラックです。

Img_8188

インプレスには白x赤や、黒x赤いのキャディーバッグがありますが、ちょっと派手なのと、このモデルはお値段がお手頃(プロ仕様の半額ほど)なのが、決め手です。

Img_8190_2

ヘッドカバーをつけるとこんな感じになります。

Img_8194

取説はこれだけですが、十分です。

Img_8192

古いバッグとの比較です。

Img_8231_2

ドライバーを入れた時カバーの中は、見た目以上に差があります。

続いては、フェアウェイウッドです。

Img_8195

SRIXSONのダンボール箱に入っていますが、Inpres X V FW(FAREWAY WOOD)です。

フェアウェイウッドは2年おきに新製品がリリースされるようで、このモデルは2012年も継続販売のモデルです。

 

友人からは、D FWの方が簡単だと勧められていたのですが、ドライバーがVで打った感じもまあまあだったので、フェアウェイウッドもVで問題ないであろうと選んでしまいました。

Img_8197

シャフトは、Tour AD MX-611F、硬さはSRです。ドライバーとお揃いの黄色のシャフトです。

Img_8205_2

重さ60g、トルク3.6、中調子、硬さSRのシャフトです。

Img_8207

長さとロフト、バランスは、以下の通り。

・#3番、14°、43.00インチ、D1
・#5番、17°、42.25インチ、D1
・#7番、20°、41.50インチ、D1

Img_8198 こちらが#3番。

ヘッド裏には”アスリートモデル”とあります。

Img_8201 #5番です。

ヘッドは比較的コンパクトに見えます。ドライバーと共通のデザインに見えます。

Img_8202

しかし、裏返すとドライバーには無い特徴があります。

Img_8203

2本のブレードが縦に走っています。新型ソールでその名は、FRICOFF TWINです。

船の船底形状をヒントに、抜けの良さと直進性を狙った形状だそうです。

果たして実感できるのでしょうか?

Img_8213

背面には、ヤマハの音叉マークがあります。

Img_8215

ブレード横には、V FWの文字が書かれています。

こちらが付属していたヘッドカバーです。

Img_8225

ドライバーと同じようなカバーですが、首の部分が細いので少々入れにくい形状です。

早速ドライバー、アイアンと一緒に、新しいキャディーバッグへ入れてみます。

Img_8228

パターが少々嵩張ります。

Img_8229

ネームプレートにテプラで名前を貼ります。

これまで一度も刻印したことがありません。

Img_8234

こんな感じでぶら下げれば終了です。

Img_8235

クラブでゴルフをするわけではありませんが、眺めるのもまた楽しいものですね。

Img_8230

本番前に、練習しなくちゃ。

以上

 

« 腕時計修理完了 3/8 | トップページ | ATLAS GST-3A 3/13 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腕時計修理完了 3/8 | トップページ | ATLAS GST-3A 3/13 »