2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 双眼鏡 PENTAX タンクロー インプレ 4/1 | トップページ | 芝生のメンテ 4/7 »

2012年4月 5日 (木)

電話&FAX&プリンタ複合機購入 4/2

自宅の電話&FAXの子機が使えなくなってしまったので、新しい電話&FAXを購入しました。

購入に際して、コピー機能付きのものが良いとの嫁さんの要請があり、ネットで調べたところインクジェットプリンタとの複合機という種類のものがありましたが、あまり多くの機種がありません。現在使用しているインクジェットプリンタ EPSON PX-G900は、2003年秋発売のモデルででそろそろ買い替え時です。最新の電話&FAXとインクジェットプリンタを別々に購入という選択も考えたのですが、子供の学校や学童保育などで、FAXやコピーをする機会が増えているので、コピーもできる複合機にしました。

購入したのは、ブラザー製のMyMio MFC-J955DWNです。子機2台付きで、電話&FAX&プリンター&スキャナー付きで、コピーも可能、また無線LANも装備しています。

Mfcj955dn_side ※ブラザーさんのホームページより借用

リビングの電話台の上に設置する必要があるので、プリンタ機能付きの電話&FAX機の大きさと嫁さんでも操作可能な使い勝手が気になり、近所の家電量販店で実機を確認して購入しようとしたのですが、ネット通販価格との差があまりにも大きく、結局ネット購入することにしました。ちなみに家電量販店でのこの機種の価格は、価格交渉しても約4.5万円、ネット通販だと約3万円。1.5倍の価格差では仕方ありません。

3/31に注文し、コンビニ支払を夜に済ませたところ、4/2夜に届きました。

Cimg0244

箱が重く、かなりの大きさです。購入したショプに予備のインクカートリッジx1個とセット品があったので、そちらを購入しました。

Cimg0247

こちらが4色1セットの予備のインクカートリッジです。

Cimg0257

こちらがこれまで使っていた古~いFAX&電話機です。

Cimg0249

FAXは感熱紙で一応使えます。1998年12月発売でしたので、13年近く使ったことになります。ネットで検索したら、SHARPのホームページに製品情報が載っていました。

http://www.sharp.co.jp/support/fax/product/t65-home.html

そしてこちらが充電できなくなってしまった子機です。普段ダイニングに居る時にはこちらを使うので、無いと不便です。

Cimg0251

新しいインクジェット複合機を設置します。

箱を開けると、受話器や子機x2個があります。

Cimg0272

マニュアルを取り出して、「かんたん設置ガイド」を見ながら設置しました。

Cimg0264

本体を箱から取り出しましたが、やっぱり大きくて重いですね。

Cimg0274

ビニールと保護テープ類を全て取り除きます。

Cimg0277

ツヤのある黒い外装はなかなか綺麗です。

まず本体に受話器を取り付けます。この受話器は取り付けなくても構わないようです。

Cimg0279

電話台に載せてみました。横幅はピッタリですが、大きい!

Cimg0281

奥行きも台のサイズにピッタリですが、上部が完全にはみ出しています。

Cimg0280

回線を繋ぎます。我が家はまだ電話はメタル回線を使っています。

Cimg0283

ここで電源ケーブルをコンセントに繋ぎます。

液晶画面表示に従ってインクをセットします。オレンジ色のトレイみたいな部品は輸送用の保護部品なのですが、結構な力で引っ張らないと取れませんでした。

Cimg0285

インクは4色セットします。

Cimg0290

セット完了し蓋を閉じると、自動でクリーニングが始まります。

Cimg0291

目詰まりチェックのテスト印刷を指示されるのでそのまま印字します。

Cimg0295

1回目で特に目詰まりもなく終了です。

すると回線の自動チェックが始まります。

Cimg0296

正しく「ダイヤル20PPS」が選択されました。

Cimg0297

FAXの受信モードが選べるそうで、メモリに保存して必要なデータのみ出力するモードに設定します。

続いて時刻を設定します。

Cimg0298_2

液晶に待ち受け画面が表示されました。

Cimg0299

中央の3つのアイコンですが、マニュアルには左から”電話帳”、”レーベルプリント”、”メニュー”と書かれていますが、実機には”クラウド”が追加され、メニューはインク残量表示の上に小さくなって移動しています。

続いて子機のセットアップです。まずバッテリーをセットします。

Cimg0300

ニッケル水素電池で、3.6V、700mAhです。単4サイズx3本のパックくらいですね。

Cimg0301

子機のセットアップはこれだけです。自動的に1台目として認識されました。

充電しようと底部を見ると、端子(金属部)がありません。

Cimg0302

充電器側にもありません。何かを押すと爪が出てくるような可動部もないのです。

Cimg0303

もしかして、ワイヤレス充電なのでしょうか?コンセントにケーブルと繋ぎ子機を置くと、緑色のLEDが点灯し、充電が開始されました。

Cimg0304

ここでFAXの送受信のいテストを行います。適当なチラシをFAX用のスキャナー面に置いて、マニュアルに書かれている番号に送信しました。

しばらくして、電話がかかってきてFAXを受信しました。

Cimg0305

正常に受信されています。液晶の、右下の部分を押すと、FAXの内容が液晶上でも確認でき、そこから印刷も可能です。印刷もしてみましたが、インクジェット特有のヘッドの動作音を発しながら、早い時間で印字されました。印刷状態もなかなか良好です。

続いてパソコンとの接続ですが、我が家には無線LANが設置されているので、無線LANで接続します。USBケーブルや有線LANの接続口は、なんと本体カバーを開けた内部にあります!本体脇を通して配線するようですが、何で本体外部にコネクタを配置しなかったのでしょうか?我が家は無線LANなので問題ありませんが、ちょっと謎です。無線LANの設定は、本体のメニューより行いました。SSIDとセキュリティーコードを入力して完了です。

PCのセットアップ用のCD-ROMを使います。

Cimg0266

セットアップ用のソフトウエアが起動するので、メニューからインストールを選びます。

Software_cdrom_01

Presto! PageManager と NewSoft CD Labelerというソフトウエアがインストールされました。

さらに無線LANを選ぶと、本体が無線LAN経由で見えるので選択します。

Mfcj955dwn_01

ドライバーなどのインストールが始まります。

Mfcj955dwn_02

オンラインユーザー登録画面が表示されるので、このままブラザーのWebページでユーザー登録を行いました。

Mfcj955dwn_03

これでPCからプリンタとしても認識されるようになりました。

試しにブログの画面を印刷してみましたが、そこそこの印刷スピードで印刷できました。普通紙への印刷ですので、画質はそこそこでした。

この後、嫁さん要望のコピー機能を試してみます。

自動車雑誌のカラーページをスキャナーに載せて、コピーボタンを押します。解像度などの選択(高解像度を選択)を行ってコピーを開始すると、スキャンの後に印刷が始まり、約1分程でコピーされました。画像の歪も少なく、十分実用的です。

これでコンビニに行かなくてもコピーが出来ますし、パソコンからの印刷もわざわざプリンタを2Fから持ってこなくても済むので、以外に便利に使えそうです。

以上

« 双眼鏡 PENTAX タンクロー インプレ 4/1 | トップページ | 芝生のメンテ 4/7 »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 双眼鏡 PENTAX タンクロー インプレ 4/1 | トップページ | 芝生のメンテ 4/7 »