2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヤマハ inpresX コースインプレ 3/31 | トップページ | ヤマハレディースオープン葛城 4/1 »

2012年4月 2日 (月)

GreenOn miniⅡインプレ 3/31

こちらも雨の中でのデビューとなったゴルフ用GPSナビ、GrenOn miniⅡのインプレです。

前日の晩にストラップを取り付けました。息子のバスの定期入れ用に購入して余っていたものですが、クリップで落下防止できるので便利です。

Cimg0216

スタート前までクラブハウスの軒下で雨宿りをしていたためGPSが補足できず、仕方なくマニュアルでコースを選択してスタートしました。

ピン位置はカートの運転席ハンドルに紙で貼られていたのですが、図示されているだけでしたのでピン位置の入力をせず、グリーンセンターまでの距離で進めることにしました。

雨の中でのラウンドで、傘を持ちながら操作するのはなかなか難しく、トラブルで急いでいたり同伴者と話していたりすると、ENTERキーを押し忘れショットの記録がされないことがありましたが、残りの距離が概ね正確に把握できるのは何より便利でした。

ボタンを強く押す必要がある点については、コース上では逆に誤操作防止になるので、これくらいの操作感の方がいいと思います。

液晶画面の狭さゆえにコースレイアウトはほとんど使い物にはなりませんが、小型のため合羽の上着のポケットに入れておいても邪魔には感じませんでした。

グリーン近くになると画面に”グリーン近傍”との表示が出るのですが、結構邪魔です。

ホールアウトして次のコースのティーグラウンドに向かうと、自動でホールNo.が切り替わるのは便利ですが、スコア入力後に何かのキー操作で移動する方がいいのでは?と思います。

帰宅後に、早速保存したデータを確認します。

メーカーのホームページでスコアを登録します。

Grrenon

GreenOn miniⅡをUSBケーブルでPCに接続します。

スコア登録画面から、score.txtというファイルとmps.kmlというファイルを選択して読み込ませます。

ラウンドした日付のデータがリスト表示されるので、OUTとINのどちらのデータを読むか選択します。しかし、OUTだけ読み込ませれば、INのデータも読み込まれるので、ちょっと戸惑いました。

読み込んだデータは、おかしなショット数や飛距離をおおよそで修正しています。

こちらがスコア詳細画面です。

20120331_out

読み込んだデータの分析画面はこちらです。

20120331

おかしなショットについては手修正しているので、パーオン率などの各種データはあまり参考にはなりませんが、ドライバーの飛距離などは参考になります。

次回は、ショットごとにENTERボタンを押すことに慣れて、より正確な分析ができるようにしたいと思います。

Google Earthをインストールするとショット履歴がこのように地図の上に表示されるので、帰宅してからショットを思い出すのに重宝します。

Google_earth_01

Google Earthの使い方をよく知らないので、表示しかできません。

セルフのコースではキャディーさん替わりに重宝しそうですが、早くルーティーンに機器の操作を組み入れて、違和感なく使えるように慣れたいと思います。

以上

« ヤマハ inpresX コースインプレ 3/31 | トップページ | ヤマハレディースオープン葛城 4/1 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマハ inpresX コースインプレ 3/31 | トップページ | ヤマハレディースオープン葛城 4/1 »