2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 芝刈り 5/5 | トップページ | ビデオカメラ用部品 5/8 »

2012年5月 8日 (火)

ビデオカメラ購入 5/7

ビデオカメラを買い換えました。

これまで使っていたのは、SONY ハンディカムDCR-PC350です。約7年前のDVテープの製品で、昨年は入学式などで使いましたが、さすがにそろそろ買い替え時と考えていたところ、ちょうど来週小学校の運動会があるので、間に合うように購入しました。

http://takkunpapa.air-nifty.com/blog/2011/04/46-1a9f.html

いろいろとネットで調べて、結局選んだのがこちらの CANON iVIS HF G10 です。

Cimg0560

このモデルは、発売日が2011年3月17日で約1年前なのですが、今年もモデルチェンジせず継続販売されていて、画質がいいと評判だったのが決め手です。

箱を開けると、添付ソフトのCDx3枚とマニュアルがあります。

Cimg0572

こちらがマニュアルです。

Cimg0573

その下に、本体とケーブル類が収納されていました。

Cimg0579

本体と全付属品です。

Cimg0587

こちらが本体です。最新の最軽量のビデオカメラに比べると少し大きめですが、これまで使っていたハンディカムのように縦型ではなく筒型のため、手で持ちやすくて好印象です。

Cimg0580

レンズが結構大きく、周囲にMFリングが配置されています。

Cimg0582

液晶モニタを開きます。タッチパネルについてはネットでも評判が芳しくないのですが、少し設定を見ただけの操作でも、やっぱりいまいちでした。

Cimg0583

バッテリーはBP-808Dが1個付属しています。液晶を使った実撮影時間が1時間強しかなく、この1個だけではとても足りないので、予備バッテリーは必須です。

Cimg0590

こちらが充電用のACアダプタです。

Cimg0591

カメラ本体に接続して充電を行いますが、バッテリーの充電で使うには場所をとって不便です。こちらも予備バッテリーと共に単体の充電器も購入予定です。

Cimg0592

BP-808Dを本体に取り付けると、バッテリーが小さすぎて取り付け部分が凹んでしまいます。オプションのBP-819Dくらいが、おそらくちょうどいいサイズです。BP-808Dは標準添付用のコストダウンバッテリーで、オプションを購入してくださいと言っているようにしか思えません。しかもBP-819Dは、定価で14,000円もするのです。メーカーさんには、しっかり使えるバッテリーを標準添付してほしいものです。

充電中は本体のLEDが点滅しています。バッテリーの充電中に他のパーツを準備します。

こちらがリモコン。電池を入れます。

Cimg0593

この部品は何か分からなかったので、マニュアルで調べたらスタイラスペンでした。

タッチパネル操作用なのでしょうか?ストラップ位置に取り付けるように書かれていましたが、無くしそうですし、たぶん使わないでしょう。

Cimg0608

ショルダーストラップ SS-600 を一緒に購入したので、取り付けました。

Cimg0595

続いてこちらも同時購入したビデオソフトケース VSC-50です。ショルダーストラップをこちらにも取り付けました。

Cimg0599

思いの外小さいバックだったので、ビデオカメラが入るか心配になりました。

レンズフード付きだと、かなりギリギリで仕切り板が取り付けられません。

Cimg0602

フードを外せば余裕があります。

Cimg0603

しばらく試行錯誤して、フードは野外撮影時しか使わないと思い、このように分離して収納することにしました。室内メインの場合にはフードだけ置いて行くことも可能です。

Cimg0607

サイドのポケットですが、こちらも収納する容量が小さいので、リモコンや予備のSDカードケーブル類くらいしか入りそうにありません。

Cimg0601

こちらがビューファインダーです。

Cimg0610

引っ張り出さないと表示がされません。引っ張りだしても、目を当てていると奥に入り込んでしまいそうなのが気になります。出した位置でもう少しクリック感があって位置決めされるといいのですが・・・。

Cimg0611

ファインダー下部に視度調整用のつまみがあります。しっかり調整するとファインダーがかなりくっきりと見えます。

Cimg0612

この後内蔵メモリで少し室内を撮影してみましたが、DVテープと比べると撮影後の再生がとても早くて便利でした。肝心の画質については、まだ分かりません。

この後で、添付ソフトのVideoBrowserをPCにインストールしました。

Cimg0576

もう1枚、Transfer UtilityというCDがありましたが、こちらは転送のみのソフトなので不要です。

早速、PCにインストールします。

Videobrowser_01

製品のシリアルを入力する必要があります。

Videobrowser_02

インターネット経由でアクティベーションされるのですね

Videobrowser_03

実際のソフトウエアのインストールはここから始まります。

Videobrowser_04

数分でインストールが完了しました。

Videobrowser_05

PCの再起動が促されるので、そのまま再起動したところ、下記のエラーが発生しました。

Rutime_error_01

OKボタンを押して、そのまま進んだところ、Video Browserは特に問題なく起動しましたので、とりあえず様子をみようと思います。

Videobrowser_06

この後、もう1枚のフォトアプリケーションと書かれたCDをPCで確認しましたが、ZoomBrowser EXが収納されています。

ZoomBrowser EXは、IXY DIGITAL 210IS用に利用しているのですが、バージョンがかなり新しくなっていたので、バージョンアップをすることにしました。

Zoombrowserex_verup_01

動画をPCに取り込むところは、別の日に試そうと思います。

運動会が楽しみです。

以上

« 芝刈り 5/5 | トップページ | ビデオカメラ用部品 5/8 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芝刈り 5/5 | トップページ | ビデオカメラ用部品 5/8 »