2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 健康器具購入 4/6 | トップページ | 車のオイル補充 4/23 »

2013年4月16日 (火)

ダイソンDC12 配線 4/16

ダイソンDC12の内部配線についてブログのコメントにお問い合わせを頂きましたので、回答します。

質問の内容は、「モーター脇の基盤からピンク2本、黄色2本の真ん中にある黒のギボシ(短い線)の接続先」です。

過去の分解時の写真を調べてみたところ、この配線だと思われますが、接続先が分かる写真がありません。そこで、改めて分解して確認してみました。

Cimg1789

ちょうど黄色い2本の線に隠れて、基板の反対側の接続先が見えません。

黄色の配線を抜きます。するとモーター脇の溝に刺さっています。

Cimg1794

配線を抜くと、黒い配線の先にはこのようなピンが圧着されています。

このピンはコネクタ用に見えますが、こんな使い方が出来るのですね!

Cimg1791

この溝に挿し込みます。

Cimg1792

この溝だけ幅と深さが隣に比べて大きくて(蟻溝というようです。)、台形に切ってあるので、挿し込めば抜けないようになっています。モーターの放熱フィンの一部をこのように使うなんて、なかなか面白いアイデアです。

Cimg1799

グイッと挿して抜けない程度、これくらいに入ればOKだと思います。

Cimg1800

この配線はどうもアースのようですね。

後はカバーを元通り組みなおすだけです。

お問い合わせ頂いた方は、お分かり頂けましたでしょうか?

PS) ダイソンの掃除機が壊れたのは、2010年7月だったんですね。修理してからは特に壊れることも無く、今まで3年弱使えています。

以上

« 健康器具購入 4/6 | トップページ | 車のオイル補充 4/23 »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康器具購入 4/6 | トップページ | 車のオイル補充 4/23 »