2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月19日 (日)

サッカー観戦 5/18

昨年に続き今年も、息子が小学校でサッカーチケットを貰ったので、ジュビロ磐田vs川崎フロンターレの試合を観戦してきました。

Cimg1962

スタジアムの拡張工事がされていて、ホームサイドが北側から南側に変更になっていました。

Cimg1964

そろそろ試合開始です。

Cimg1966

今期は調子が悪くなかなか勝てないジュビロですが、今日も開始10分で2失点。何とか前半終了間際に前田が決めて、1-2で折り返しです。

Cimg1973

後半に期待していたところ、32分に川崎に1点を追加され、その後1点を入れて追いかけたものの、最後にまた1点入れられて、2-4とあっさり負けてしまいました。

Cimg1975

簡単に失点してしまう今のジュビロはちょっと弱すぎです。監督も変わるそうですが、J2降格だけは何とか避けてほしいと思います。

ジュビロ磐田、頑張れ!

以上

2013年5月18日 (土)

dtab用液晶フィルム 5/18

dtab用の液晶フィルムが上手く貼れなかったため、フィルムだけ追加で買いました。

購入したのはこちら、レイアウト dtab用 気泡軽減反射防止保護フィルム(アンチグレア) RT-DTABF/H1。Amazonで、1,164円でした。

ネットでも貼りやすいと書かれていたのと、テカリが気になったのでアンチグレアタイプを選んでみました。

Cimg1948

裏面に、貼り方が書かれています。真ん中だけ裏のシートを剥がして貼り、その後に上下を貼り付けてゆく方法です。これなら、失敗しにくいかもしれません。

Cimg1949

液晶フィルムはこちらです。

Cimg1951

貼り付け前に液晶をきれいにするためのクロスまで付属していました。

Cimg1953

5日ほど使った状態の液晶フィルムは、指紋がべったりです。

Cimg1943

レザーケースから本体を取り出してフィルムを剥がします。しかし、このフイルムはサイズがピッタリで、縁までのスペースがほとんどないため、剥がすのも一苦労でした。

テープで端を持ち上げるようにしながら、爪楊枝を端に突っ込んで、ようやく剥がれました。

Cimg1945

剥がした部分の液晶はとても綺麗です。念のため付属のクロスでしっかりと拭き直します。

そして手順通りにフィルムを貼りました。若干小さ目にできていて、中央部分だけから貼り付けるので、位置合わせのし易く、概ね綺麗に貼れました。

Cimg1954

右上の縁に近い部分で気泡が入りましたが、付属の紙のヘラで気泡を押し出したら、綺麗に消えました。

最後に表面のブルーの保護カバーを外して完了です。

Cimg1956

埃一つ入らずに、綺麗に貼れました。ネットの評判通りですね♪

Cimg1959

アンチグレアタイプなので、ぎらつき感はないですが、少しぼやっとした感じは拭えません。

Cimg1958

正面からみても若干曇りがかった感じです。

フィルム越しの指での操作も滑らかで、反射が少ない分目が疲れなさそうです。

これで”もやもや”も払拭できて、満足です。

以上

 

2013年5月15日 (水)

dtab用レザーケース 5/13

ドコモdtab用のレザーケースを購入しました。

Cimg1920_2

購入したのは、バッファロー社 レザーケース 液晶保護フィルム付 (ブラック) BSTPDTLBK。

価格はビックカメラ.comにて、3,153円です。

液晶フィルムを別に買わなくていいのと、カバーの質感で選びました。

Cimg1922

箱を開けてレザーカバーを取り出します。

Cimg1923

裏はこのようにスピーカーの穴が開いています。

Cimg1926

蓋を開けて、緩衝剤を取り除くとこうなります。

Cimg1927

そしてこちらが液晶保護フィルムです。

まだ1日しか使っていませんが、既にdtabの液晶は指紋だらけです。

Cimg1928

メガネクリーナーで指紋をふき取ります。

Cimg1929

ピッカピカになりました。

Cimg1930

さて、いよいよ液晶保護フィルムの貼り付けです。

液晶画面の埃をもう一度取り除いて、裏のフィルムを剥がして、端から貼り付けました。

ところが、短辺を合わせて横向きに張り付けたので、右側に行くに従ってフィルムが斜めになってしまいました。このフィルムはサイズピッタリなので、少しでも傾くとフレームにはみ出してしまいます。

あわてて剥がして貼りなおしたのですが・・・。

Cimg1931

真っ直ぐには貼れたものの、所々に埃と気泡が入ってしまいました。

Cimg1932

中央右下部分は、この通り酷い状態です。

貼り直しはもうできませんし、またフィルムだけ買って貼りなおそうと思います。

気を取り直してレザーケースに入れて、立てかけるとこのようになります。

Cimg1937

ケースをした状態で電源SWとボリュームSWへのアクセスは問題ありません。

Cimg1933

反対側のUSBコネクタとイヤホンのコネクタへのアクセスも可能です。

Cimg1936

リアカメラも大丈夫です。

Cimg1934

立てかけた状態を横からみるとこのようになります。

Cimg1938

ちょっと使ってみた感じは、まあまあです。

カバーを止めるベロが留め輪にはめにくいことと、蓋をひっくり返してつかっていると、蓋の表面に机の上のごみが付き、それが蓋を閉じると液晶の表面に付いてしまうこと、液晶フィルム越しの操作が今一つ滑らかでないことなどが、いまいちなところです。

しかしレザーケースの質感は良く、持ち運ぶ際には安心感があってGoodです。

液晶フィルムを買わなくちゃ・・・。

以上

 

2013年5月14日 (火)

docomo dtab 5/12

最近はネットで物を買ったり、何かの予約をしたりする機会が次第に増えてきて、そろそろ我が家もタブレットを導入しようかと考えていました。嫁さんや息子が利用するのには、ノートPCよりも便利だと思います。

持ち運びできる7インチかそれとも自宅メインの10インチか、どのモデルが良いのかなどでしばらく悩んでいたのですが、docomoで最近発売されたdtabという10インチのタブレットが、wifi専用でスペックもそこそこ良くて価格が1万円を切るという事を知り、買うことにしました。

Cimg1824

購入したのはネット通販ではなく、近所のドコモショップです。

白い箱で、さすがにスマホよりも大きい箱です。箱を開けると、ほぼ同じ大きさのdtabが出てきます。購入する際に店頭で一度動作確認をしていたので、ビニールのカバーはもう取られています。

Cimg1827

本体を取り出すと、その下には立てかける台、USB&電源ケーブル、AC電源アダプタ、取説他書類が入っています。

Cimg1828

こちらが電源アダプタとケーブルです。

Cimg1829

スマホ用のACアダプタに比べてずいぶん大きいので、スペックを確認してみると、2.0Aまで流せる容量でした。

Cimg1831

こちらが立てかけて置く台で、広げて溝の部分に本体を挿し込みます。

Cimg1832

このスタンドは、取説によると試供品のようです。そう言えばGalaxy S3もイヤホンケーブルが試供品扱いでした。

Cimg1848_2

立てかけるとこのように少し角度が付いて、動画などが視聴しやすくなります。

Cimg1833

USBケーブルを接続して、早速充電します。

Cimg1849

その間に細部を確認します。

まず裏側は、下半分がアルミで上部がプラスティックになっています。プラスティック部分の両横にはスピーカーが配置されています。

Cimg1835

中央上にはアウトカメラが配置されています。さほど出っ張りも大きくないので、気になりません。

Cimg1836

右サイドには、USBコネクタ挿入口とイヤホンのコネクタがあります。

Cimg1837

左側には、上に電源SW、その下にはボリュームSWが配置されています。

Cimg1838

そして上部にはカバーされている部分があり、

Cimg1839

その蓋を開けると、内部にmicroSDカードの挿入口(小さい方)があります。

隣は、このモデルには設定のない、おそらくSIMカードのコネクタではないでしょうか?

Cimg1840

帰りがけに家電量販店で購入した、32GBの容量でもっとも安いmicroSDカードです。

Cimg1841

クラス4なのでそれほど早くはありませんが、スピードを要求される使い方はしないと思いますので、容量優先です。32GBが3,000円以下で購入できました。

Cimg1843

アダプタも同梱されています。

dtabの取説以外に、このようなスタートアップのカラー冊子が付いてきました。ちょっとした解説本のようですが、分厚いマニュアルよりも、こういったマニュアルの方がいいですね。

Cimg1850

初期設定から、この本を見ながら行います。

まずは電源SWを2秒ほど押して、電源ONします。

Cimg1852

スマホほどではないですが、この画面で数十秒待つと起動が完了します。

wifiの設定は後回しにして、docomoサービスの初期設定を行います。

Cimg1853

ドコモアプリパスワードを入力します。

Cimg1854

続いてwifiの設定です。

Cimg1857

microSDカードは初期化しなくてもすんなり認識してくれました。

Cimg1858

以上でセットアップは10分もかからず完了です。

Cimg1856_2

ドコモ専用の画面ですが、この画面はdマーケットのウジェットでした。右側のアプリ起動バーが消せないのですが、メイン画面が増減できますし、スマホとほとんど変わりありません。ホーム画面を変更するアプリもあるようですが、しばらくはこのままでも使ってみようと思います。

以上

 

2013年5月13日 (月)

庭木の害虫駆除 5/12

庭と駐車場の境界に植えているボックスウッドに、今年も毛虫が付いてしまいました。

こんなように葉っぱが食べられていると、間違いなくいます。

Cimg1864

葉っぱの後ろに隠れていました。

Cimg1863

ここにもいます。ちょっと探しただけで、4-5匹はすぐに見つかります。しかも、3-4cmくらいで結構成長しているではありませんか!

Cimg1861

殺虫剤を散布して駆除します。

Cimg1865

ガーデンマスターの出番です。

Cimg1866

スミチオンとオルトランと展着剤のダインを指定の濃度に薄めて入れて、散布します。

Cimg1872

ちょうど3Lの散布を2回でボックスウッドは全て散布完了です。

Cimg1873

散布直後は、毛虫もまだ動いていましたが、これで駆除できるでしょう。

それにしてもボックスウッドはまだ黄色い葉の部分があったり、あまり綺麗に生えていない状態で、しかも毛虫が毎年発生するので、手を焼いています。

以上

2013年5月11日 (土)

BLADE 130X 犬のブルブル現象の原因 5/11

薮 丈二さんから、130Xのフライト中の「犬のブルブル現象」についてコメントを頂きましたので、早速自分の機体を調べてみました。

http://takkunpapa.air-nifty.com/blog/2012/09/130x-8bd9.html#comment-78162685

自分が飛ばした際にも、 最初に浮上させる時 とフライト中にも時々機体がブルブルと震えるような症状があることに気が付いてはいたのですが、気になるほどではなかったので特に調べたりはしませんでした。

薮 丈二さんの機体には、こちらのリンクの写真にあるように、メインシャフトを保持するフレーム部分にクラックがあったそうです。

http://ktmdirtface.smugmug.com/photos/i-6jDfsmD/0/X3/i-6jDfsmD-X3.jpg

 

自分の130Xの機体の同じ個所をみると、ちょうど同じ個所にスジが見えるではありませんか!

Cimg18231_2

ただ、手で触ったり、メインシャフトを動かしてもフレームが割れている感じがありません。そこで、写真を撮って拡大して確認してみました。

Cimg18232

確かにスジは入っていますが、その下の樹脂部分にはクラックが見られません。どちらかというと樹脂成型のウェルドラインのように見えます。ウエルドラインとは、樹脂成型時に溶融した樹脂が合流する箇所に接合痕が現れる現象で、決して良いものではありません。

私の機体は、フライト回数も少なくまだ大きな墜落もしていないので、もしかしたらここから徐々にクラックが発生し、進行してゆくのかもしれません。

薮 丈二さんにはいろいろとコメントやアドバイスを頂き、ありがとうございます。

以上

2013年5月 6日 (月)

庭掃除と芝刈り 5/5

GWの最後の日に、庭の芝刈りを行いました。

庭にはハナミズキの散った花びらが散乱しています。

20130505_151653

花は全て落ちているので、ちょうど片付け時ですね。

20130505_151659

しばらく庭掃除をしていなかったら、雑草(たんぽぽ)がこんなに大きくなっていました。

20130505_151715

エゴノキにも花がたわわに咲いていて、こちらはまだまだ花弁が残っています。

20130505_155246

木の下で雑草取りの作業をしていると、ブーンブーンと嫌な音が聞こえます。

そっと木を離れて様子を見ると、大きな蜂が花の蜜を吸いに来ています。

20130505_160604

携帯で撮った動画はこちらです。

追い払うのも怖いので、飛んでゆくまではしばらく離れた個所で作業をしていました。

まずは、バキュームブロアで枯葉や花びらの除去を行い、続いて芝生と家の周囲の雑草をぐるっと一回り取りました。

最後に芝刈りです。

20130505_172503

だいぶ芝も延びてきていたので、刈り跡も綺麗です。

ウッドデッキをよく見ると、赤いタカラダニが今年も発生していました。無害とはいえ、気持ち悪いので何とか除去したいのですが、どこから発生しているのかも良く分かりません。

20130505_172531

しっかりと散水して、3時間ほどの作業にて完了です。

20130505_180635

以上

2013年5月 4日 (土)

ビデオカメラ用マイクと三脚 5/4

今年もいよいよ息子の小学校運動会の季節です。

昨年は新しいビデオカメラ CANON iVIS HF G10で撮影し、なかなかよく撮れたのですが、風が強かったためにマイクが風切り音を拾ってしまったことと、カメラ用三脚ではスムースにカメラを動かしながら撮影するのが難しかったので、マイクと三脚を購入することにしました。

まずはマイクです。購入したのは、純正の指向性ステレオマイクロホン CANON DM-100です。ちょっと値段は高かったのですが、指向性を切り替えられるそうですし、純正シューに取付けられるのが魅力です。

Cimg1874

マイク本体はこちらです。

Cimg1876

指向性は本体後部のSWで切り替えます。もっとも指向性の強い”SHUT GUN”の設定のみ、モノラルになります。

Cimg1877

ジャマータイプのウインドスクリーンが付属しています。

Cimg1878

マイク本体に取付けると、このようになります。

Cimg1879

マニュアルはこちらです。

Cimg1880

早速、G10本体に取付けます。

Cimg1881

ミニアドバンスドシューのカバーを外します。

Cimg1882

このカバーは、この状態で外れない為、マイクを取り付けると少々邪魔です。

Cimg1884

本体よりもマイクの方が大きくなってしまい、ちょっとバランスが悪いかもしれません。

Cimg1885

電源をONすると、ZOOMの左上に”S”という表示が出てきて、本体がマイクを正しく認識できたことが分かります。

Cimg1888

続いて三脚です。

こちらはいろいろ迷った挙句に、こちら ベルボン EX-547 VIDEOを選択しました。

ビデオ用には SLIK DAIWA DST-53またはDST-43、LIBEC TH-650DVなどが良さそうだったのですが、用途は運動会などで持ち運びが重要視されるため、いずれも3kg近い重量がネックとなり、EX-547になりました。

Cimg1889

スペック的には、重量約1.6kg、全高480~1600mm、4段式、水準器付き、オイルフリュードタイプでクイックシュー付きの雲台です。

Cimg1890

お値段も価格.comでは、7,500円程と安いのが何よりです。

また、持ち運び用のケース付きです。

Cimg1891

ケースから出して足を広げます。

Cimg1892

クイックシューは取り外していますが、こちらが雲台です。流石にビデオ用でオイルフリュード式だけあって、左右に動かしたような時の滑らかさはいいですね。

Cimg1894

外側のリングを回すと左右に動かすレバーの重さが変わります。内側のつまみは上下の重さです。いずれも指で操作しやすいので便利です。

Cimg1895

水準器はこちらに付いています。

Cimg1896

HF G10を取り付けてみます。

Cimg1897

こんな感じで撮影することになりそうです。

Cimg1898

前から見るとこうなります。

 

Cimg1900

三脚にはエレベーターがありますが、つまみを緩めるとストンと落ちてしまうほどなので、ほぼ固定して使うことになりそうです。

Cimg1903

片付けようとして気が付いたのですが、純正のカメラバックにマイクを入れようとすると、こんな感じでクイックシュー部分がはみ出してしまいます。何か良いバックを見つけないといけないかもしれません。

Cimg1905

これで運動会の準備は整いました。

今年の息子の活躍が楽しみです。

以上

2013年5月 3日 (金)

アクアの燃費 5/3

昨年11月末に購入した嫁さん用のトヨタ アクアの燃費ですが、購入当初から冬の間は約16~17km/ℓくらいと、期待していたよりも良くありません。ただ、それまで乗っていた12年前のヴィッツ(1,000cc)に比べると燃費も良くて、パワーもあるので概ね満足はしています。

ところが4月になり、暖房もあまり使わなくなった頃から、次第に燃費が伸びてきて、現在約24km/ℓ程度です。

下の写真は、GWの5/3に約100km程離れた実家に行った際に、過去最高の24.9km/ℓを記録しました。残念ながら25.0Kmまでは届きませんでしたが24km/ℓなら十分です。!

20130503_153901

高速道路を使い、できる限り一定速で走行し、ちょうど実家に到着した時の燃費です。

ハイブリッドはあまり高速道路での燃費が伸びないとのことでしたが、車の燃費計では24.0kmくらいからもじりじりと数値が上がって行く程度でした。24km/ℓで走れば、燃料タンクは36ℓですので満タンで約860km近く走れることになり、ハイブリッドの面目躍如というところでしょうか。

最近は、かなり燃費に気を使って走っていますが、燃費を向上させる走行のポイントは、

1)できる限りEVで走る。(バッテリーの充電状態がフルにならないようにする。)
2)エンジンON/OFFを頻繁に行わないように走る。
3)加速時にエンジンを使ったら、加速が終わりそうなタイミングで、アクセルを一旦OFFして早めにEVモードにする。
4)坂道や加速が必要な場合は、早めにエンジンを掛けて車速を乗せて行く。 そうすれば、インジケーターが赤いPWRのレベルにならずに坂を上れる。

などです。

これから夏にかけてエアコンを使う機会が増えるので、どれくらい悪化するのか注目です。

以上

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »