2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 上高地旅行1(行き) 8/12 | トップページ | 上高地旅行3(ホテル) 8/12 »

2013年8月15日 (木)

上高地旅行2(明神池散策) 8/12

上高地に到着し、ホテルに荷物を預けて貰ってから、いよいよ散策(ハイキング)に出掛けました。

目指すは、明神池です。およそ3.5km先とのことですので、片道約1時間程度の道のりなはずです。

出発前に記念写真をパチリ。

Dsc_4467

出だしは熊笹が生える林の中の歩道です。

Dsc_4473

沼地も多く、所々でこのような板を渡って歩かねばなりません。

Dsc_4477

少し開けた湿地です。

Dsc_4476

ここは川の中に枯れ木がそびえ立ち、とても綺麗です。

Dsc_4487

穂高連峰の反対側です。

Dsc_4495

木々の間を川が流れています。

Dsc_4498

明神池まではまだ2.8kmあります。

Dsc_4499

小川には魚が泳いでいました。

Dsc_4501

水はとても綺麗で澄んでいます。

Dsc_4503

湿地帯を抜けるとまた熊笹の間を抜ける小道です。

Dsc_4505

根が二股に分かれた木がありました。

Dsc_4510

小川が流れています。

Dsc_4515

Dsc_4517

明神池まではまだ2.1kmです。

Dsc_4519

小さな紫の花がありました。

Dsc_4521

河原が見えます。

Dsc_4525

道が川の側にでました。

Dsc_4526

少し疲れが見え始めた二人。

Dsc_4530

明神池まで0.8kmまで来ました。

Dsc_4533

ベンチがあったので休憩をしながら家族写真を撮ってもらいました。

Cimg2222_2

また湿地帯に入り、板の上を歩きます。

Dsc_4537

川の側を行きます。

Dsc_4540

向こうに橋が見えます。ゴールも近くなってきたようです。

Dsc_4543

黄色い花が咲いていました。

Dsc_4546

道が川に出ると明神橋が見えます。

Dsc_4549

案内図がありました。明神池の入り口です。

Dsc_4551

明神池はここから100m。

Dsc_4552

明神池に向かう道には鳥居があります。

Dsc_4553

鳥居には葵の御紋が!

Dsc_4554

ここ明神池は、穂高神社奥宮という神社で、明神池を見るには拝観料が必要です。

Dsc_4556

明神一之池です。

Dsc_4612

木の桟橋が池に伸びています。

Dsc_4614_2

とても神秘的な綺麗な池です。

Dsc_4616

やっと辿り着いた明神池で記念写真をパチリ。

Dsc_4571

この一之池はかなり広い池です。

Dsc_4572

そして二之池です。

Dsc_4583

こちらはどちらかというと湿地帯です。

Dsc_4584

池には枯れ木が生えていて、こちらも幻想的です。

Dsc_4587

池には岩もあります。

Dsc_4597

穂高神社奥宮の由来が掛かれていました。

Dsc_4618

明神池を観終わり、帰りは梓川の反対側(別の道)を帰ることにします。

Dsc_4631

まずはこの明神橋の吊り橋を渡ります。

Dsc_4634

端からみた梓川です。

Dsc_4635

端を降りて林の中を進みます。

Dsc_4639

すると明神館という宿泊施設に出ました。

Dsc_4647

ここは、さらに上流の徳沢に向かう道と、河童橋(バスターミナル)へ戻る道との三叉路です。

Dsc_4648

立派な穂高神社奥宮の碑があります。

Dsc_4649

穂高連峰は明神岳とも呼ぶそうです。

Dsc_4653

帰路を確認して進みます。

Dsc_4654

明神館からすぐのところに綺麗な沼地がありました。

Dsc_4657

帰りの道は砂地なので、歩きやすいです。

Dsc_4660

河原が見えるところから山を。

Dsc_4667

だいぶお疲れの様子です。

Dsc_4669

しばらく歩いていると、突然ガサガサという音と共に珍客が現れました。

Dsc_4678

野生の猿ですが、全く人を気にせず道を歩いています。

Dsc_4684

この猿も自分のすぐ横を通り過ぎてゆきました。

Dsc_4686

猿の親子もいました。

Dsc_4688

小猿がとてもかわいいですね。

Dsc_4694

やっと帰路の半分程きました。帰りの方が少し距離が短そうです。

Dsc_4698

おっと、我が家の小猿も疲れてきたようです。

Dsc_4700

上高地散策マップがありました。現在地は帰路の半分を超えたようです。

Dsc_4704

後少しです。

Dsc_4706

小梨沢野営案内図がありましたが、この先はキャンプ場になっています。

Dsc_4707

河童橋まで残り400mです。

Dsc_4708

清水川の説明が書かれています。

Dsc_4709_2

残り100mです。

Dsc_4710

この橋を渡ればもうすぐ河童橋です。

Dsc_4712

橋を渡って振り返ると、夕日を浴びた山が見えました。

Dsc_4717

嫁さんも息子も何とか無事に帰還することができました。ピース!

Dsc_4724

帰りは約1時間で着きました。

約6km程の道のりを無事歩き終えて、河童橋前の売店で生ビールを一杯!

Dsc_4727

夕方の河童橋からの穂高連峰です。

Dsc_4729

こちらは下流の焼岳方面です。

Dsc_4734

さあ、ホテルに戻って夕食です。

以上

« 上高地旅行1(行き) 8/12 | トップページ | 上高地旅行3(ホテル) 8/12 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上高地旅行1(行き) 8/12 | トップページ | 上高地旅行3(ホテル) 8/12 »