2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コブラ ユーティリティー 2/14 | トップページ | EVOQUE洗車 2/16 »

2014年2月15日 (土)

テーラーメイド SLDRドライバー 2/15

ユーティリティーを購入した際に目に留まったドライバーを衝動買いしてしまいました。

購入したのは、こちらテーラーメイドSLDRドライバー(US仕様)です。

昨年流行ったクラブで気になっていたのですが、US仕様は価格が22,800円と安かったので、ユーティリティーと共に購入しました。

Img61267265

スペックはこちらです。US仕様は硬いとの噂がありましたのでフレックスはRを、球が上がりにくいということで、10.5度を選択しました。

Sldr_driver_specs

楽天のSPORTS EXPERTSというショップから購入しました。

Cimg3183

箱を開けると、こちらもユーティリティー同様ビニール袋にクラブ他が入っています。

Cimg3184

シャフトは、FUJIKURA SPEEDER 57 Rです。57は57gを意味しますが、フレックスRのシャフトは55gです。

Cimg3187

シャフトは中国で、最終アッセンぶりーは台湾でされていました。

Cimg3190

ヘッドはやや縦方向に厚みがある印象です。

Cimg3194_2

構えると多少シャロー気味です。

これまで使っていたYAMAHA inpres X V440 POWER LENGTHと比べると、inpres Xが440ccで、SLDRが460ccですので、少し大きく感じます。

Cimg3193

このモデル最大の特徴がこのスライダーで、錘の位置をヒール側からトウ側まで変更することにより、ドローとフェードの球筋を変えられるというものです。

Cimg3196

こちらがネック部のロフト調整機能です。通称カチャカチャと呼ばれる機能です。

Cimg3195

ヘッドとヘッドカバーです。白と青のデザインが綺麗ですが、コブラのユーティリティーは白赤のデザインだったので、統一感には欠けてしまいそうです。

Cimg3199

付属の専用レンチです。

Cimg3203

一般的な六角ボルトではありません。

Cimg3205

説明書らしきものは、この紙のみでした。

Cimg3208

クラブの重量は316gです。

Cimg3209

inpres X V440が308gでしたので、約8g重くなります。

Cimg3210

フェース面は、下部がかなり曲線になっている感じです。

Cimg3217

フェースは10.5度で、この写真をみるとロフトもかなりあるように見えます。

Cimg3219

ソールは平らな部分からテール部分に跳ね上がる形状です。

ヘッド後端にはグレーの部分が配されています。

Cimg3221

さて、このクラブの特徴である調整機能をいじってみます。(試打ではありません。)

これがノーマルポジション。

Cimg3224

錘をネック側に寄せた位置がドローポジションです。重心距離が短くなり、フェースターンしやすくなるため、ドローになるようです。

Cimg3222

こちらがフェードポジションです。私も持ち球はフェード系なので、こちら側のポジションを選ぶことは、まずないでしょう。

Cimg3223

続いて、ロフト調整機能です。

ヘッド側からシャフトを繋ぐボルトを外すとシャフトが抜けます。

こちらがシャフトです。こちらが10.5度のポジションです。

Cimg3225

こちらが-1.5度=9.0度のポジションです。

Cimg3226

こちらが+1.5度=12.0度のポジションです。

Cimg3227

シャフトを挿す回転方向の位置を変えてロフトを調整するということは、グリップを持つ位置を回転方向に少しずらしたことと変わりがないのではと疑問に思っていましたが、このシャフトの写真を見て謎が解けました。

良く見るとシャフト先端部が偏芯しているのです。

これがノーマルポジション。

Cimg3239

上の写真では先端部が上側に偏芯しています。

これが-1.5度のポジションで、先端が右側に振れています。

Cimg3237

これが+1.5度のポジションで、先端が左側に振れています。

Cimg3238

ヘッドのシャフト連結部を覗くと、シャフトと勘合する溝が見えます。

Cimg3230_3

シャフトを抜いたヘッドです。

Cimg3231

重量を測ってみると、202gありました。

Cimg3232

シャフトは先端のスリーブ部込みで114gです。

シャフトが55gで、グリップが54gですので、先端のスリーブは5gということになります。

Cimg3234

自宅で素振りをした感じは、inpres X V440よりもかなり重めです。

US仕様は、日本仕様に比べるとヘッドのスライダー(錘)の重量が2g重く、バランスがD4(日本仕様のSは重要が314gと同じでも、バランスはD2)ですので、この違いかもしれません。

飛びが評判のクラブですので、楽しみです。

以上

 

« コブラ ユーティリティー 2/14 | トップページ | EVOQUE洗車 2/16 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コブラ ユーティリティー 2/14 | トップページ | EVOQUE洗車 2/16 »