2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月22日 (水)

GolfWatchMk2+購入 4/21

3年前に購入したGPS距離計のGreenOn MiniⅡですが、先日のラウンドで手動でホール切替が困難になってしまい使えなかったため、買い替えることにしました。

http://takkunpapa.air-nifty.com/blog/2012/03/greenon-mini-31.html

もう1台海外でのラウンド用に購入した、GolfBuddy VT3はいまいち使い勝手が良くないので、残念ながら海外専用となっています。

http://takkunpapa.air-nifty.com/blog/2014/03/golfbuddy-vt3.html

いろいろと物色して悩んだ挙句に決めたのはこちらです。

G07_bl_shop_180

GreenWatchMk2+ 限定色ブルー版です。

Amazonから23,220円で購入しました。

こちらが届いた箱です。

Cimg4345

なかなか高級感のある箱に入っていました。

背面には商品説明が書かれています。

Cimg4346_2

箱を開けると、腕時計タイプのGPS距離計が出てきます。

Cimg4348

限定色のブルーを選びましたが、思っていたよりも水色に近い色味でした。

Cimg4350

本体裏とベルトの中央部が同じ色です。

Cimg4351

こちらが充電ケーブルです。

Cimg4356

本体をクリップで挟んで充電するものです。

Cimg4357

本体裏側には接点とクリップの位置決め穴があります。

Cimg4353

このような形で充電します。

Cimg4360

もちろん充電以外にも通信にも使うUSBケーブルです。

充電を始めたら液晶に時計が表示されました。

Cimg4362

時計はGPSを受信すると自動で時刻合わせをしてくれるそうです。

こちらがマニュアルです。

Cimg4361

このゴルフウォッチですが、一つだけ疑問点があります。

それは電源ON/OFFボタンが無いことです。

ゴルフに行く時以外には使わないので、バッテリーの持ちが心配です。

Cimg4369

腕にはめてみます。

Cimg4371

私は腕が細い方なので、ご覧の通りかなりバンドの奥の方の穴を使うことになります。

Cimg4372

軽量ということと、エッジが丸められている為か、意外に付けた違和感がありません。

これなら時計をしたままのスイングにも影響は少ないかもしれません。

PCからコース情報やファームウエアの更新をサポートする、サポートツールをGreenOnのダウンロードページからダウンロードしてインストールしました。

インストール前にデバイスドライバのインストールが必要なので注意が必要です。

インストール後にケーブルを時計に接続すると、正しくデバイスが認識されました。

01

ゴルフウォッチ側が通信中の表示になります。

Cimg4365_2

コースレイアウト情報などをファイルをこのダイアログ上にドラッグアンドドロップすると、自動的にダウンロードが始まります。

02

コースデータが最新にアップデートされました。

03

続いてファームウエアの更新もしておきます。

ダウンロードが終了したら、時計側でソフトウエア更新をメニューから選択することにより、更新処理が開始されます。

Cimg4366

更新処理の進捗状況は、液晶が黒から白に次第に変わってゆくことで分かります。

Cimg4367

終了しました。ファームウエアバージョンを確認します。

Cimg4375

同時に購入した液晶画面保護用フィルターです。

Cimg4363

光沢タイプを選択しました。

Cimg4364

実際のフィルターはこんな小さいものです。

Cimg4378

貼り付けは、スマホに比べれば小さいのでとても簡単でした。

こちらは購入時の保護フィルムです。

Cimg4380

これを剥がしたらすぐにフィルターを貼り付けます。

Cimg4382

左下に少し汚れが付いてしまいましたが、気泡も無く貼り付けることが出来ました。

週末にデビューする予定ですので、楽しみです。

以上

2015年4月19日 (日)

韓国出張(復路) 4/17

泊まったホテルは、水原のIBISホテルです。

Dsc_0860

昨今の為替レートは円安ウォン高ですので、宿泊費も食費も全般的に割高に感じます。

Dsc_0861

仕事は午前中に終えて、夕方便でまた帰国です。

Dsc_0867

空港には、エアバスの総2階建ての機体A380が停まっていました。

隣の中型機と比較しても巨大です。

Dsc_0869

帰りの飛行機はこちらです。

Dsc_0868

行きとは違い、エアバスのA330-200でした。

Dsc_0870

ここ最近、墜落事故が多いA320ではなかったのですが、少し心配です。

以上

2015年4月18日 (土)

韓国出張(往路) 4/16

韓国に急に出張することになりました。

今回は夕方便で出発して、翌日夕方便で帰国する一泊二日です。

Dsc_0849

セントレアから仁川空港までの大韓航空KE758です。

Dsc_0850

機体は、ボーイング737-800でした。

Dsc_0852

席はエコノミーの一番前で足元が広い席でした。

Dsc_0854

この日の便はあまり混雑していなくて、後ろの方はガラガラでした。

Dsc_0855

仁川空港に到着です。

Dsc_0856

この時期の韓国は、まだ夜は少し肌寒い感じです。

以上

2015年4月13日 (月)

芝生のメンテ 4/12

車の洗車の後に、芝生のメンテナンスを行いました。

Dsc_0816

まずは雑草取りからです。よく見ると周囲に小さな雑草が生えてきています。

Dsc_0814

この段階で雑草を除去しておかないと大変なことになってしまいます。

Dsc_0815

ゴミ袋1/3くらい雑草が取れました。

Dsc_0824

コーナー部分もこの通り。

Dsc_0830

小さな緑色のアマガエルが居ました。

Dsc_0829

芝生の除草剤シバキープⅡを撒きます。

1/3くらい残っていたボトルと、新品1本を撒きました。

Dsc_0835

続いてイデコンボガーデンEV 3kgです。

以前に購入したことがあるサッチ除去に効果のあるバチルス菌の肥料です。

Dsc_0838

もう一袋はバロネスの芝生の肥料5kgです。

Dsc_0836

これだけ一気に撒いて、しっかりと散水して終了です。

Dsc_0840

しばらくメンテをさぼっていたので、今年はどうなるか心配です。

以上

EVOQUE洗車 4/12

久しぶりに愛車EVOQUEを洗車しました。

ブレーキパッドを交換してから、ホイールのダスト汚れがほとんど気にならなくなったので、しばらく洗車をさぼってしまいました。

Dsc_0769

こちらがホイールです。何か月も洗わなくてもこの程度でした。

Dsc_0776

ミラー下のドアに水汚れが目立ちます。

Dsc_0770

ドアー下のサイドシル部分にはタイヤから跳ね上げた汚れがこびりついています。

マッドフラップを取り付けていますが、それでも汚れます。

Dsc_0772

ボディーはガラスコートをしていますが、水洗いだけで落ちるでしょうか?

Dsc_0775

高圧洗浄機(ケルヒャー K2.360)も久しぶりの出番です。

Dsc_0782

ノズルはバリオスプレーで、圧力を調整しながら洗います。

Dsc_0783

ホイールのダスト除去にパープルマジックを使います。

Dsc_0784

ホイール全面に噴霧しますが、あまり紫色になりません。

Dsc_0785

ホイールに鉄粉が付着した部分があると、少し紫色になりますが、よく探さないと分からない程度です。

Dsc_0788_2

ホイールを洗った後にはタイヤを洗い、タイヤ保護用のスプレーを吹き付けます。

Dsc_0789

吹き付けた後には布で良く伸ばしながら、余分な液を拭き取ります。

Dsc_0790

運転席のマットの汚れが酷かったので取り外すと、マット下にも砂が沢山残っていました。

Dsc_0792

室内の掃除機(ダイソン)を持ってきて、掃除します。

Dsc_0793

この通り綺麗になりました。

Dsc_0794

一通り洗車を終えたEVOQUEです。

Dsc_0798

ミラー下の水垢もシャンプー洗車だけで綺麗に落ちました。

Dsc_0799

ボディーサイドシル下もこの通り。

Dsc_0807

ガラスコートはまだ十分機能している感じです。

Dsc_0806

ボンネット、フロントガラスも綺麗になりました。

Dsc_0804

テール部分です。

Dsc_0809

洗車時にガラスコート施工のシールが取れてしまいました。

Dsc_0812

これからはもう寒くないので、もう少し頻繁に洗車したいと思います。

以上

2015年4月11日 (土)

クラブケース購入 4/10

ゴルフのラウンドはセルフプレーがほとんどなので、グリーン回りで必要なクラブをまとめて持ち運びできるクラブケースを買いました。

購入したのは、ATCC-501 セルフスタンド クラブケースで、Amazonで3,980円でした。

Dsc_0761

足を広げるとこのようになります。

ケースの底にレバーがあり、それを押すと足が広がるのですが、クラブを入れていない状態だと軽すぎて、上手く広がりません。

Dsc_0763_2

クラブの入り口はこの程度ですので、4本程度が適切な本数です。

Dsc_0765

持ち手の部分は結構しっかりした作りに見えます。

この部分をキャディーバッグの入り口に引っ掛けて使うので、耐久性が心配です。

Dsc_0766

ケース下部には物入れがあるので、ボールを数個入れておくと良いかもしれません。

Dsc_0767

この後、ラウンドで使ってみましたが、PW、AW、SW、PTの4本を常に入れっぱなしで済むので、便利でした。

以上

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »