2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« EXILIM EX-FC500S用ケース 9/24 | トップページ | 懸賞当選 10/2 »

2015年9月26日 (土)

フルミエルのFC500S連携 9/25

FC500Sでゴルフのスイングチェックと、フルミエルとの連携を試してみました。

事前にスマホにEXILIM Remote for GOLFというアプリケーションをダウンロードしておきます。

フルミエルのアプリを起動します。

アプリの右上にEXILIM REMOTEのボタンがあるのでそれをタッチします。

Screenshot_20150927142141_r

カメラ側はWifi機能をONにしてスマホのアプリから接続します。

Screenshot_20150920200725_r

その後カメラをセットしてセンサーでスイングのデータを取ると共に動画を撮影します。

動画を撮影し終わるとスマホへ転送するかと聞かれるため転送します。

まずはフルミエルのデータです。

こちらがFC500Sで撮影した動画です。

仕事帰りだったのでワイシャツとスーツのズボンです。

フルミエルと連携させるとこうなります。

動画を連動させるには、画面中の位置の調整、開始終了タイミング、テンポ(なかなか合わない)などを調整する必要があり、これが意外に面倒です。

スイングのデータはこちらです。

Screenshot_20151012232355_r

ボールは少し右にプッシュした感じでしたが、それは少しヘッドが開き気味だったからですね。

R15+TM1-115でしたが、ヘッドスピードの割にキャリーが出てました。

動画付のデータはリストの先頭にビデオマークが表示されます。

Screenshot_20151012232909_r

使ってみた感じは、確かにスイングとデータの関連性がよく分かりますが、Wifiで動画をスマホに転送する時間がかかること、位置合わせなどが意外と面倒な点が今一つでした。

フルミエルのデータだと、オンプレーンから下目に上げて、少し上からヘッドが下がってくる感じです。動画でも確かにその傾向が見えます。

スイング改造を試みてもおかしなボールが出始めて、結局もとに戻してしまうこともありますし、なかなか難しいところです。

上がってナンボとは言え、調子を崩した時のチェックには活躍しそうです。

以上

« EXILIM EX-FC500S用ケース 9/24 | トップページ | 懸賞当選 10/2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EXILIM EX-FC500S用ケース 9/24 | トップページ | 懸賞当選 10/2 »