2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ

2015年12月

2015年12月 6日 (日)

庭掃除 12/6

しばらく何もしていなかった庭を掃除しました。

Cimg0216_r

Cimg0217_r

Cimg0218_r

Cimg0220_r

Cimg0224_r

Cimg0225_r

Cimg0234_r

Cimg0228_r

Cimg0230_r

Cimg0227_r

Cimg0226_r

Cimg0235_r

Cimg0236_r

Cimg0238_r

カブトムシの幼虫 12/6

夏にカブトムシを貰ってから、しばらくするとメスが死んでしまい、オスも10月初め頃には死んでしまったのですが、メスが卵を産んでいたようで、幼虫が生まれていました。

http://takkunpapa.air-nifty.com/blog/2015/08/811-8d00.html

小さなケースで腐葉土も継ぎ足しばかりで交換していなかったので、幼虫を飼うために大き目のケースに移すことにしました。

こちらが古いケースです。幼虫の背中が少し見えます。

Cimg0196_r

蓋を開けると、オスの亡骸と共に、朽木まで食べられて細くなっています。

幼虫の糞が表面にまで一杯になっていました。

Cimg0198_r

新しいケースは4-5倍のサイズです。

Cimg0188_r

カブトムシの幼虫以外にも、いろいろ使える飼育容器です。

Cimg0189_r

腐葉土は、4.5リットル入りを3つ準備しました。

Cimg0190_r

朽木は幼虫には要らないかもしれませんが、最終的に孵化することを考えて、2つ買いました。

Cimg0191_r

まず新しいケースに腐葉土を敷き詰めます。二袋入れてもまだ余裕です。

Cimg0194_r

古いケースをひっくり返して、幼虫を移動させます。

2匹いるのは確認していたのですが、ひっくり返すとなんと5匹もいました。

Cimg0201_r

幼虫は既にかなり大きく成長していました。

Cimg0203_r

元気?かどうかわかりませんが、とりあえず動いていたので生きていることは確認できました。

新しいケースに移すと、外が寒かったのか早速腐葉土の中にもぐり始めました。

Cimg0208_r

かなりの勢いでもぐって行きます。

ものの数分でこの通り腐葉土の中に消えてゆきました。

Cimg0210_r

腐葉土を少し足して、最後に朽木を乗せました。

Cimg0212_r

蓋を閉めると完成です。

Cimg0213_r

定期的に糞の清掃をしないといけないですね。

来年にはカブトムシの成虫になるでしょうか?

以上

« 2015年11月 | トップページ