2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

趣味

2014年11月 9日 (日)

CD購入 11/9

サザンオールスターズの新譜CDと斉藤和義のCDを買いました。

サザンのCDはこちらです。

Dsc_0113

そうです、「2014年 アジア大会&世界バレー」のテーマソング、「時を駆けるよ Time goes  round・・・」で始まる歌が収録されています。

Dsc_0114

収録曲は、この3曲です。

1.東京VICTORY
2.天国オン・ザ・ビーチ
3.パリの痴話喧嘩

息子も大好きなので、一緒に車で聞こうと思います。

続いては、斉藤和義の少し前のCDで、「歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 Box set Box set」です。

Dsc_0115

CDの裏面はこちらです。

Dsc_0116

「歩いて帰ろう」「僕の見たビートルズはTVの中」「歌うたいのバラッド」などが収録されています。

最近出張も多いので、飛行機の中で聴きたいと思います。

以上

2012年11月26日 (月)

CD購入 11/25

先月に続いて、今月もCDを購入しました。

購入したのはこちらの2枚です。

1)松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (初回限定盤)(DVD付)

Cimg1377

Cimg1378

購入したときはAmazonで3,250円と、人気が無いのかな?と思っていたのですが、12/2に確認すると5,380円!ちょっと得してしまいました。

全46曲のベストアルバムですが、期待していた曲が収録されていなくて、ちょっと残念。ユーミンのベストで46曲はちと少ないのかもしれません。

2)森高千里ベスト ザ・シングルス

Cimg1375

Cimg1376

”私がオバさんになっても”や”渡良瀬橋”他、名曲が多数収録されています。3枚組で全45曲を初めてコンプリートするシングル・コレクションと題するだけあって、なかなか聴きごたえがあり、お勧めと思います。

今回のCD購入もAmazonの通常配送だったのですが、11/24(土)の午後15:41に注文したところ、翌25(日)午前11:00頃には配送済みのステータスになっていて、あわててポストを見ると到着していました。通販はこれまでいろいろと注文してきましたが、いままでの中でも最速記録です。Amazon恐るべし。

以上

 

2012年10月 6日 (土)

CD購入 10/3

久しぶりにCDを購入しました。

購入したのはこちらです。

1)山下達郎ベスト OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(初回限定盤)

Cimg1330

4枚組で、49曲+ボーナストラック8曲の計55曲が収納されています。

これまで達郎のCDは買ったことが無かったのですが、ベストに収録されている曲はかなり耳にしたことがあり、なかなか聞きごたえがありました。

2)竹内まりあベスト Expressions (通常盤)

Cimg1331

こちらもベスト。3枚組で46曲が収納されています。こちらのおなじみの曲がずらり。

曲を聴くと竹内まりあと分かる曲ばかりですね。

CDを買ってもプレーヤーjはスマホを予定していたので、早速リッピングします。

リッピングは、Windows Media Playerで行いましたが、竹内まりあのCDは3枚組がDisk毎に分かれたフォルダに収納されたのですが、なぜか山下達郎のCDは、同じフォルダに全て入ってしまって、しかも番号が重複してしまいます。いろいろ試す暇もなく、とりあえず1枚づつリッピング終了後にフォルダ名を変更したのですが、Media Playerでは認識してくれず・・・。どなたか、上手くフォルダわけしてリッピングできるようにする方法をご存じないでしょうか?

リッピングした曲は、早速Galaxy S3に転送しました。車のオーディオ、またはカーナビが最新モデルであればBluetoothなどで聞けるのですが、ナビは撤去され、CDも調子が悪いので、イヤホンで聴きます。

Galaxy S3に付属のイヤホンです。

20121104_184651

音についてはそこそこと言う感じですが、これがなかなか着け心地が良かったのです。

20121104_184709

イヤーカップは何種類か添付されていましたが、デフォルトで装着されているものをそのまま使いました。カップのやわらかさがいい感じなのでしょうか。意外でした。

20121104_184731

音量と停止、再生のボタンが付いています。停止ボタンは反応がちょっと鈍い感じです。

以上

2012年8月11日 (土)

バトロボーグ20 スパーリング 8/11

なかなか楽しめるバトロボーグ20ですが、2体持っていれば一人で練習できるモード(スパーリングモード)が準備されていました。

スパーリングパートナーとなるロボットのコントローラーから、モード変更の操作をすれば自動で動くモードになります。

こちらが、そのスパーリングの様子です。

青いロボットがスパーリングパートナーで、黒いロボットを私が操作しています。スパーリング開始と終了にはゴングがなって、雰囲気を盛り上げてくれます。

顔部分にしっかりとヒットしないとポイントになりませんが、タイミングよく連打できると相手のダメージが増やせます。

そして、こちらはCASIO EXILIM EX-FC200Sのハイスピード撮影240コマ/秒で、パンチを撮影してみたところです。

結構なスピードでパンチを繰り出している様子がわかるでしょうか?

なかなか楽しめるおもちゃです。

以上

バトロボーグ20購入 8/11

TV番組で紹介されていた、タカラトミーのバトロボーグ20が面白そうだったので、ついついネットで注文してしまいました。

20

タカラトミーさんのWebサイトから写真を拝借しました。商品説明はこちらにあります。

http://www.takaratomy.co.jp/products/battroborg/what.html

何が面白そうかというと、2.4GHzの無線でロボットを操縦して対戦できるというところで、操作は2本のヌンチャクで子供でも簡単にできるところです。

購入したのは、アースブルーとコズミックブラックの2体です。アマゾンで2,844円 x 2=5,688円(送料込み)でした。ヘキサリングは、ただの段ボール製らしいので、購入しませんでした。

Cimg1009 コズミックブラック

Cimg1010 アースブルー

箱の裏側には、ペアリングの方法や操作方法、充電方法などの概要が書かれています。

Cimg1012

箱の横にも操作方法が。右のヌンチャクを振ると、右手のパンチが出て、しかも左に少し回転するので、左右のパンチを繰り出しながら、前進や回転を操作します。

Cimg1011

箱を開けます。こちらが本体です。

Cimg1045

ヌンチャクと呼ばれるコントローラーです。大きい右側のヌンチャクに、単3電池を4本入れます。

Cimg1046

本体背面には制御基板があり、電源SWと下側に充電口があります。

Cimg1062

本体を充電します。充電口に右手用コントローラー先端部を下から挿し込んで、ヌンチャクのSWをCHARGEにするだけです。

Cimg1047

充電が始まると、緑と赤のLEDが点灯しますが、充電が完了すると緑ランプが消えます。

Cimg1048

もう一体も充電が完了したら、さあバトルです。

まずはペアリングですが、本体背中のSWをONするとLEDが青色に点灯するので、その後でペアリングするコントローラーのSWをONするだけです。

Cimg1061

準備が完了するとLEDが緑に変わります。

なかなか勢いよくパンチが出ますが、なかなか相手の顔(ここをヒットしないとポイントにならない)にパンチをヒットできません。パンチが当たると背中のLEDが徐々に緑→青→白→黄→赤に色が変わり、最後にはブザーと共に停止してバトル終了です。

息子と二人で早速バトル開始!

少し前進と回転に慣れるまで時間がかかりますが、これはなかなか面白いですね。

以上

2011年12月26日 (月)

プラモデル MGリックドム 12/26

久しぶりにプラモデルを作りました。

1/100サイズ MGシリーズ MS-09R リックドムです。ジオン軍のモビルスーツの中でもこのリックドムは、重量感があってバランスもよく、かっこいいですね。

Img_7471

箱を開けると、赤や黄色のパーツが見えます。

Img_7472_2

取説です。組み立てながら、時折この解説を読んでいますが、知らないことが結構書かれていて、楽しいです。

Img_7474_2

まず腕から作ります。ズゴックを製作しているので、迷うことも少なくスムースに作れます。

Img_7486_2

続いて足がこちら。

Img_7488_2

頭を作ります。十字の顔がドムの目印です。

Img_7490_2

胴体を製作して頭を載せます。頭が両肩の間にすっぽり入り込む感じだったんですね。

Img_7491_2

手と足を組み付けます。

Img_7492_2

武器はジャイアント・バズと背中にヒート・サーベルを取り付けて完成です。

デカール類はさぼって省略です。

Img_7493

他のプラモデルの前に並べてみました。

Img_7496_2

ちなみに、リックドムは陸戦用のドムを、宇宙戦用に改造したもの。

ドムと言えば、かの有名な黒い三連星の”ジェットストリームアタック”が有名ですが、こちらはオリジナルのドムによるものなので微妙に違うそうです。なーるほど・・・。

以上

2011年10月16日 (日)

プラモデル MGズゴック 10/15

今日は朝から雨。

最近はまっているガンプラを作りました。

今回は、1/100サイズのMGシリーズ MSM-07 ズゴックです。

Img_7219

ジオン軍の水陸両用モビルスーツです。

Img_7221

ザクとは色合いが違います。

Img_7224

説明書の見開きにはガンダムでの登場シーンについて記載があります。

Img_7225

早速制作を開始します。ズゴックは頭部から制作します。

Img_7235

フィンの取り付けがちょっと大変です。

続いて、バックパックです。

Img_7236

アームは左右同一でした。

Img_7238

頭部に腕を取り付けると、だいぶ感じが出てきました。

Img_7240

胴部は簡単です。

Img_7241

左右の脚部を作ります。

Img_7243

胴部とつなげて下半身が完成です。

Img_7244

上半身と合体すれば、完成です。

Img_7245

部品点数も多くなく、武器もないので、比較的短時間でここまで出来ました。

これからでデカールを貼り付けます。かなり小さなデカールで、転写するデカールと貼り付けるシールがあり、これが結構大変でした。

Img_7248

RGシリーズのガンダムとザクにはシールを貼っていませんでしたが、やMGシリーズの大きさであれば貼った方が良さそうです。

これで完成。

Img_7251

上半身です。

Img_7256_2

斜め後ろから。

Img_7253

斜め前から。

Img_7254

右手を真横に突き出すポーズのイメージがあったので、ポーズをとってみました。

Img_7255

左手を突き出したポーズです。

Img_7258

RGシリーズのガンダムに比べるとさすがに大きいですね!

Img_7259

さて次は何を作ろうかな?

以上

 

2011年10月15日 (土)

プラモデル MG 仮面ライダーW ルナトリガー 10/9

息子が一人で作っていたプラモデルも今日完成しました。

親父が新しいプラモデルを買ったので、自分も新しいプラモデルが欲しくなって、一生懸命作ってようやく完成です。

MG 仮面ライダーW ルナトリガーです。

Img_7180

途中で間違って嵌めてしまった部品を、無理やり取ろうとしてはめ込む部分を折ってしまったり、トラブルも多々ありなましたが、ニッパー片手に何とか自力で作り上げました。

Img_7181

なかなかかっこいいじゃありませんか!

Img_7182

ちょっとシールが真っ直ぐに貼れていませんが、全然OKです。

Img_7184

RGガンダムとザクの前に置いてみました。

Img_7178

全然大きさが違います。

MG(マスターグレード)にもガンダムシリーズのMSがたくさんあります。

今度はMGシリーズを試してみたくなりました。

以上

プラモデル RGガンダム 10/9

RGザクの出来栄えに感動し、RGガンダムを買ってしまいました。

51x23fziyl_ss400__2

RG 1/144 RX-78-2 ガンダム です。

Img_7108

箱を開けます。

Img_7115

ザクと違って、白地に赤や黄色のパーツが入っています。

説明書の見開きです。いろんなポーズができるようです。

Img_7118

作り方は、ザクとほとんど同じです。

まず脚部から。

Img_7120

ちょっと足首部分のパーツが外れそうなのが気になります。

腰を取り付けました。

Img_7121

胸まで取り付きました。

Img_7123

両腕が付きました。

Img_7128

頭を乗っければ本体は完成です。

Img_7131

顔のアップです。

Img_7132

背中にはジェットパックを背負っています。

Img_7133

盾に、ビームライフルとハイパーバズーカを組み立てて取り付けます。

Img_7138

コアファイターまでありました。この小ささでしっかり可動するんです。

Img_7145

ザクと並べて完成です。

Img_7173

2機目ということもあり、製作時間は2時間半ほどでした。

さて、次は何にしようかな?

以上

プラモデル RGザク 10/9

9/4に購入したプラモデルを息子と一緒に組み立てました。

息子は”仮面ライダー”を、私は”ガンプラ”です。

購入する際に、息子には自分で組み立てをするように言ってありましたので、ランナーから部品の切り取り方法を教えて、ニッパーを使って説明書を見ながら一緒に組み立て始めました。

途中でお友達が遊びに来たので、息子は片足を組み立てたところで中断。

私も途中で中断して、夜に組み立てを再開しました。

組み立てたのはこちらです。

RG 1/144 MS-06F 量産型ザク。

0170335_img_package_215

まずは、脚部から。この部品が骨格に相当するのですが、すでに可動する複数のパーツが組み込まれた状態です。

Img_7046

ランナーから外す前の脚部の部品です。

Img_7048

右側の部品にご注目を。

Img_7049

向きが変わります!ランナーになっている状態ではめ込まれているのです。

これには驚きました、どうやって成形しているのでしょうか?

ランナーから切り離すとこうなります。

Img_7054

これが、

Img_7055

このようになって、

Img_7056

ここまで曲がります!

この骨格にパーツを組みつけてゆき、脚部の組み立てが完了しました。

Img_7058

どうなるかというと、ここまで曲がっちゃうのです。

Img_7062

精巧な作りと可動範囲の広さに感動しながら組み立てを進めると、あっという間に完成です。

Img_7079

バックビューです。

Img_7083

早速ポーズをとらせてみます。

Img_7076

なかなか写真のようなポーズにするのは難しいですね。試行錯誤してやっとここまでたどり着きましたが、まだしっくりしていません。

でも、かこいい。

1/144すけーるなので非常に小さいのですが、このリアル感は感動ものです。

プラモデル(ガンプラ)の進化はすごいですね。

ちょっとはまりそうです。

以上