2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

アルファロメオ156と初期型Vitz

2015年10月14日 (水)

カーナビアップデート 10/12

嫁さんのアクアのカーナビMRZ009の地図とソフトの無料更新期間終了の案内がパイオニアから届きました。

こちらがそのメールです。

Pioneer20151001_r

地図データはしばらく更新していませんし、そろそろ最新にしておきたかったのでアップデート作業を行いました。

パソコンにインストールしているNAVI STUDIOを立ち上げます。

しばらくぶりですのでまずはNAVI STUDIOから更新しなければなりません。

01_navistudio_update_r

バージョンアップ作業は15分程で完了します。

04_navistudio_update_r

NAVI STUDIOを起動します。

10_navistudio_menu_r

車のナビからSDカードを抜きだして、PCにSDカードリーダー経由でつなぎます。

早速更新プログラムと地図の全更新データをダウンロードします。

全更新データは7.3GBものサイズがあるので、ダウンロードだけでも1時間近く掛かりました。

21_2015_mapdata_all_r

PCへのデータダウンロードが完了すると、続いてSDカードへの転送が始まります。

こちらも40分程度かかります。

23_2015_mapdata_all_r

SDカードに転送が終了するとデータチェックが始まります。

これは数分で終了します。

24_2015_mapdata_all_r_3

SDカードを車に持ち込んで、ナビのアップデートを開始します。

Dsc_1424_r

SDカードを差し込んで表の扉を閉じると、自動的にプログラムの更新作業が始まります。

Dsc_1428_r

約12分程で更新作業が終了します。

Dsc_1432_r

再起動するとナビが起動し、SDカードのデータのバージョンアップを行うかどうかを聞かれます。

Dsc_1434_r_2

”はい”を選択すると、更新作業には約90分かかるとの画面が表示されます。

Dsc_1435_r

更新開始を選択するとまた再起動です。

Dsc_1436_r

更新作業が始まりました。

ここからの作業は電源OFFしても良いとのことですので安心です。

Dsc_1437_r

さすがに車の中に90分待っていられないので、アクセサリONの状態で車を離れて家の中で待ちます。

Dsc_1439_r

1時間ほど経過したところで様子を見に行くと、電源がOFFになってしまったらしく、30分程度までしか進んでいませんでした。

またバージョンアップを再開します。2回このようなことをしてバージョンアップを終了しました。

Dsc_1440_r

確認を行うと、またプログラムの更新が始まりました。

Dsc_1444_r

3分程で無事にナビが起動しました。

Dsc_1432_r_3

Dsc_1448_r

バージョンを確認すると、地図と検索データが最新の2015年版に更新されていました。

Dsc_1449_r

これで無料のマップチャージ期間は終了しましたが、3年後くらいにはもう一度更新したいですね。

以上

2015年10月13日 (火)

EVOQUE洗車 10/12

半年ぶりにEVOQUEの洗車を行いました。

Cimg0116_r

ドアミラー下には雨染みがはっきりわかるくらいに残っています。

Cimg0125_r

ドア下のサイドシル部分も跳ね上げた汚れがたくさんついています。

Cimg0126_r

ホイールの汚れは6か月経っているとは思えない程の汚れですが、タイヤも白茶けてきています。

Cimg0122_r

いつもの洗車道具です。

Cimg0130_r

脚立も必須です。

Cimg0131_r

1時間ほどかけてシャンプーで洗いました。

Cimg0133_r

ガラスコーティングをしている効果なのでしょうか、まだシャンプー洗車でこれだけ綺麗になりました。

Cimg0134_r

ドア下のサイドシル部分は樹脂なので、そろそろ樹脂用保護材(アーマオール?)の塗布を考えた方が良いかもしれません。

Cimg0135_r

まだ映り込みも綺麗です。

Cimg0137_r

ホイールは入念に清掃しました。

Cimg0140_r

左サイドのタイヤですが、少し傷が見えます。

数週間前に歩道側に寄せた際、間のブロックに乗り上げそうになった傷と思います。

ホイールに傷が無かったのは幸いです。

Cimg0148_r

ホイールの中も少し洗いましたが、スポークの裏側には少し汚れが残ってしまいました。

ここはホイールを取らないとダメですね。

Cimg0142_r

マフラーも周囲の汚れをふき取りました。

Cimg0143_r

ガラスルーフは一見綺麗に見えますが、実際にはかなり雨シミがあります。

洗っても取れない汚れですので、コンパウンドでこするかしないといけません。

そろそろさらに入念に洗う必要があるころかもしれません。

Cimg0146_r

久しぶりの洗車だったので3時間も掛かってしまいました。

以上

2015年10月12日 (月)

EVOQUEキーの修理 10/12

EVOQUEのキーのラバー部分が剥がれてきてしまいました。

こちらがキーで、見た目には普通です。

スマートキーですので、普段はほとんどボタンを押すことはありません。

Cimg0150_r

向こう側から見るとこの通りに表面のラバーがめくれ始めています。

Cimg0152_r

ポケットなどに入れていると取り出す際にめくれてしまうこともありました。

表面をめくってみると、ここまで剥がれます。

Cimg0153_r

背面はこの通りです。

Cimg0155_r

修理の前にホームセンターで接着剤を購入してきました。

どの接着剤が良いのか分からなかったのですが、セメダインUT110 プラスティックと合成ゴム用を選んでみました。

Cimg0156_r

接着できないものに、ポリエチレン、ポリプロピレン、シリコーンゴムが上がっているので、素材がこのようなものでないことを祈ります。

Cimg0158_r

使い方は、接着面をきれいにしてから、両面にへらで薄く接着剤を伸ばし、10分程放置してから接着させて、固定して24時間放置します。

硬化まで時間を要するのがネックですが、綺麗に貼りたいものです。

キーの金属部分を分解します。

Cimg0159_r

丁寧にラバー部分を全て剥がしてしまいます。

Cimg0160_r

ラバーを見ると、裏面はざらざらしていますが、表面は異なります。

中央左のボタンを押す突起が位置ズレしているのは何故でしょう。

Cimg0161_r

接着剤を台紙に出します。

Cimg0164_r

まず裏側から作業します。

ヘラで本体側に接着剤を塗り、

Cimg0165_r

そしてラバーにも薄く塗り、貼り合わせます。

Cimg0166_r

続いて表側も作業します。

Cimg0167_r

ボタンの穴部分には接着剤を漏らせたくないので注意して作業します。

Cimg0168_r

両面を貼り合わせると、接着剤のはみ出しも少なく出来ました。

Cimg0169_r

このまま固定する必要がありますので、輪ゴムで軽く縛りました。

Cimg0171_r

強すぎると後が付いたり、抑えていない部分が浮き上がったりしそうなので少し緩めです。

Cimg0173_r

翌日まで放置し、しっかり接着することが出来ました。

ただ金属部分のカバーがしっかりと閉まらなくなってしまい、2mm程出っ張ったままになってしまいました。

かなり強くスライドしようとしたのですが、壊れても困るので断念しました。

仕方ありません。

以上

2015年9月 7日 (月)

イヴォーク1年点検と代車 9/6

イヴォークの1年点検の時期になりました。

3か月ほど前にディーラーからハガキと電話で連絡があったのですが、この地区の会社はランドローバーの販売から撤退し、プジョー&シトロエンのディーラーに代わるものの、引き続きランドローバーのサービスは行うとのことでした。

久しぶりにディーラーを訪れると、確かに看板がPEUGEOTに変わっています。

Dsc_1390

今年1回バッテリーが上がったので、バッテリーの状態をチェックしてもらうことを伝え、エンジンオイル等のお決まりのメニューを実施していただきます。

今回の代車は、なんと真っ赤なミニのほぼ新車でした。

Dsc_1398

ミニワンの5ドアタイプです。

Dsc_1397

ハンドル越しに見えるのが小さなインパネです。

Dsc_1391

メーターパネルは、真ん中に260kmまで刻まれたスピードメーターと、左横に6,500rpmからレッドゾーンになるタコメーター、右側には燃料計が配置されています。

Dsc_1394

スタートは中央の赤いSWで行いますが、OFFする際には2度操作が必要で、1回しか操作しないとアクセサリー用の電源がONのままになり、バッテリーが上がってしまうそうです。

Dsc_1395

ナビもTVも装備されておらず、オーディオもUSB接続が前提のようです。

久しぶりにFMラジオを聴きました。

Dsc_1392

隣町まで行く用事があったので、ミニでドライブを楽しみました。

エンジンの排気量は1,198cc、102psですが、パワーも十分あり楽しめました。

イヴォークの点検は無事終了し、バッテリーも特に交換するほどの状態ではなかったとの事でした。

以上

2015年4月13日 (月)

EVOQUE洗車 4/12

久しぶりに愛車EVOQUEを洗車しました。

ブレーキパッドを交換してから、ホイールのダスト汚れがほとんど気にならなくなったので、しばらく洗車をさぼってしまいました。

Dsc_0769

こちらがホイールです。何か月も洗わなくてもこの程度でした。

Dsc_0776

ミラー下のドアに水汚れが目立ちます。

Dsc_0770

ドアー下のサイドシル部分にはタイヤから跳ね上げた汚れがこびりついています。

マッドフラップを取り付けていますが、それでも汚れます。

Dsc_0772

ボディーはガラスコートをしていますが、水洗いだけで落ちるでしょうか?

Dsc_0775

高圧洗浄機(ケルヒャー K2.360)も久しぶりの出番です。

Dsc_0782

ノズルはバリオスプレーで、圧力を調整しながら洗います。

Dsc_0783

ホイールのダスト除去にパープルマジックを使います。

Dsc_0784

ホイール全面に噴霧しますが、あまり紫色になりません。

Dsc_0785

ホイールに鉄粉が付着した部分があると、少し紫色になりますが、よく探さないと分からない程度です。

Dsc_0788_2

ホイールを洗った後にはタイヤを洗い、タイヤ保護用のスプレーを吹き付けます。

Dsc_0789

吹き付けた後には布で良く伸ばしながら、余分な液を拭き取ります。

Dsc_0790

運転席のマットの汚れが酷かったので取り外すと、マット下にも砂が沢山残っていました。

Dsc_0792

室内の掃除機(ダイソン)を持ってきて、掃除します。

Dsc_0793

この通り綺麗になりました。

Dsc_0794

一通り洗車を終えたEVOQUEです。

Dsc_0798

ミラー下の水垢もシャンプー洗車だけで綺麗に落ちました。

Dsc_0799

ボディーサイドシル下もこの通り。

Dsc_0807

ガラスコートはまだ十分機能している感じです。

Dsc_0806

ボンネット、フロントガラスも綺麗になりました。

Dsc_0804

テール部分です。

Dsc_0809

洗車時にガラスコート施工のシールが取れてしまいました。

Dsc_0812

これからはもう寒くないので、もう少し頻繁に洗車したいと思います。

以上

2015年3月25日 (水)

ブースターケーブル 3/24

車のバッテリー上がり時のためにバッテリー式のジャンプスターターを購入したものの、やはりバッテリーを繋ぐブースターケーブルは必要と思い、購入しました。

購入したのは、メルテック製ブースターケーブル80A3.5mDC-12V用です。

Amazonで1,536円でした。

Dsc_0745

アクアと接続することを考えると5mのケーブルが良かったのですが、ジャンプスターターもあるので価格の安い3.5mにしました。

またSUVですので電流容量は少し大きめの80A仕様です。

Dsc_0746

サイズも小さく袋に入っているのでそのまま車に積んでおこうと思います。

以上

2015年3月21日 (土)

バッテリーモニター 3/20

バッテリーの状態を見るために、バッテリーモニターなるものを買いました。

バッテリー/チャージャーシステムモニター (精度の高い1/100表示タイプ)というものです。

Dsc_0727

Amazonで、2,980円でした。

Dsc_0728

本体を取り出すと、液晶とLEDが配置された簡単な電圧測定器ですね。

Dsc_0730

裏側にはレベルが書かれています。

Dsc_0731

使い方は簡単でシガライターソケットに差し込めば、エンジンOFF時にバッテリーの状態が分かり、エンジン始動時には充電状況が分かります。

要するに12.0Vを切るとバッテリーには問題ありで、充電は13.1V~15.0

Vくらいの間にあるべきということです。

51skvmuervl

早速車で測ってみると、バッテリーモードでは11.81Vで赤色LEDが点灯します。

かなり弱っている状態でした。

Dsc_0738

エンジンを掛けると14.78Vですので、こちらはOKです。

Dsc_0739

数日間気を付けて運転した後に、もう一度計測しました。

バッテリーレベルは、12.02Vとかろうじて12.0Vを超え、黄色のレベルまで復活してました。

Dsc_0743

充電状態も14.84Vと多少高めになりました。

Dsc_0741

次の点検まで、バッテリーは交換しないで頑張ってみるつもりです。

以上

2015年3月17日 (火)

ジャンプスターター購入 3/16

先週の土曜日の早朝ゴルフに出掛けようとしたら、EVOQUEのバッテリーがあがってしまい、エンジンが掛からず大変な目に合いました。

アルファロメオの時にもバッテリー上がりは経験していたので、ジャンプスタートケーブルは持っていたのですが、ケーブルがひび割れていて危なく、しかもバッテリーを借りようとしたアクアはバッテリーがエンジンルームにはなく後席床下のため、とても大変でした。

そこで、ネットで検索していたら、充電したリチウムイオンバッテリーを接続してエンジンを掛けるタイプのジャンプスターターがあることを知り、注文しました。

Dsc_0703

購入したのはこちら、BESTEK ジャンプスターター バッテリーレスキュー 13600mAh マルチチャージャー 車用バッテリー充電器 です。

Amazonで8,780円でした。

Dsc_0704

Amazonのランキングではベストセラー1位で、購入者も多くレビューも概ね良いので、これに決めました。

箱を開けると布製のケースが出てきます。

Dsc_0706

ケースのジッパーを開けると、本体以外にケーブルや充電器などが一揃え入ってます。

Dsc_0707

こちらが本体です。

Dsc_0708

側面にコネクタ類が配置されています。

Dsc_0710

説明書はカラーで簡単なものが付属しています。

Dsc_0712

スマホの充電からランプなど様々な使い方ができるようです。

Dsc_0713

13.6Ahで、ピーク電流400Aも出力できるようです。

Dsc_0714

満充電します。結構まぶしい青色のLEDが光ります。

Dsc_0717

こちらがスマホなどの充電用ケーブルです。

Dsc_0718

よく見ると一つだけ少し大きめのUSBコネクタ(miniUSB)まで付属しています。

このminiUSBですが、GreenOnMini2の充電コネクタが唯一使用しています。

Dsc_0722

嵌めてみるとピッタリです。

Dsc_0721

まだ購入してから1年半くらいしか経っていないEVOQUEのバッテリー上がりはちょっとショックでした。エンジン始動時に時々バッテリー電圧低下の警告が一瞬表示されることもあったので、確かに弱っていたようです。

原因として考えられるのは、ドライブレコーダーの駐車中録画を使っていたことと、駐車中に電動テールゲートを頻繁に使っていたことくらいです。

早速駐車中録画はOFFし、電動テールゲートはできる限りエンジンON時に使うことにしました。

このジャンプスターター、使わなくて済めばいいのですが。

以上

2015年1月25日 (日)

EVOQUE 1万km 1/25

イヴォークの走行距離が1万kmになりました。

後1kmです。

Dsc_0532

ちょうどトリップメーターが10,000kmになりました。

Dsc_0541

約1年半で1万kmです。

今のところ大きなトラブルはありませんが、これからもトラブルが無いことを祈ります。

以上

2015年1月23日 (金)

レーダー探知機トラブル 1/20

イヴォークに取付けたレーダー探知機のトラブルです。

ユピテルのGWR93sdというもので、購入時のレビューはこちらです。

http://takkunpapa.air-nifty.com/blog/2013/09/831-99d4.html

エンジン始動後にこのような画面になってしまいました。

Dsc_0522

おそらくSDカードの接触不良でしょう。

SDカードを抜いて、端子部をシャープペンシルでこすって、挿し込みなおしたところ、無事復活しました。

Dsc_0524

COWONのドライブレコーダーも一時期SDカードの認識不良に悩まされた時期もありましたので、SDカードコネクタは車載機器向けには少々弱いのかもしれません。

以上

より以前の記事一覧